N's Factory - CarModelStudio

web_logo

一応の完成

RX-7完成なんだかんだで随分と放置していましたが、RX-7完成です。課題だったエンジンルームも作ったのですが、エンジンフードを開けることも無いのでそこそこの作り。どうもぴりっとしない感じですが、まあ形にはなりましたので。もともとは輸出仕様のR1だったものをデカールだけでRX-7にしてしまい、リアのランプは割れるわ、ものは届かないわで、かなり何もしていなかった時間の多いモデルでもありました。現在進行中のFC型と並べてみるのが楽しみな一台。とくに何をしたわけでもありませんが、やはりこの頃のTAMIYAは出来も良く、それなりに工作もあるので良い感じのモデルになりました。この後のTAMIYAは超絶過ぎて、手を入れるところの無いモデルのオンパレード。
FD型はefiniのCMがあまりに鮮烈だったことを思い出す1台。そしてこのスタイリング、日本車史上最も美しい車と言っても過言ではないと思います。

外装ほぼ完了

ウインカーレンズ長いこと放置していたRX-7 R1です。ほとんど出来上がっていたのですが、なんだか手に付かずそのままになってました。前の更新が10月なんで2ヶ月も置き去り。あれからの変化は、まずフォグランプを付けました。キット付属のクリアーパーツですが、これをまず裏からガイアカラーのスターブライトブラスで塗装。何となく金色っぽい反射をして欲しかったもので...。次に裏側をマスクしてセミグロスブラックで全体を塗装し、#2,000のペーパーでレンズ部分の塗装を落としてみました。あまりにも曲面かつ小面積だったのでマスキングできず。しかし、あまり良い表現にはなりませんでした。もう少しレンズっぽくなる予定だったんだけれど...。次にウインカーレンズです。これも裏側からスターブライトシルバーを塗装。表面側にはスモークグレーを薄く吹いて質感を出してから接着。流し込み接着剤を扱きに扱いて、極わずかな分で接着します。同様に後ろ側のマーカーも接着。これでRX-7 R1の外装はほぼ出来上がりです。あとはエンジンルーム内。今のところスカスカですが、これもぼちぼち進めようかと。あ、ナンバープレート忘れてる。

細々したものの取り付け

RX-7外観あれだけ止まっていたRX-7ですが、リアのランプが付くと一気に作業が進んだような気になります。まあ、要はやる気の問題ってことなんでしょうけれど。いつもならば最後にテンションを多いに下げて行う作業をやってしまいます。
室内で問題だったアクセルペダルをセミグロスブラックで仕上げて取り付け。これはその存在さえ忘れていました。単純に取り付ければ終わりです。その上にダッシュボードのパーツを取り付け。これも塗装は終わっています。ここで室内のバスタブが仕上がった訳で、あとはルームミラーが出来れば取り付け可能です。シャシーに接着しておきます。
次に外観ではドアミラーが忘れやすいのですが、これも付けてしまいます。ミラー自体はガイアカラーのスターブライトシルバーを吹いて終わり。それをドアミラーのパーツに取り付けて、ドアへとミラーパーツを取り付けます。既に真鍮線をミラーに埋め込んでドアの位置と合わせておきましたから、ほぼ正しい位置に取り付けられるはずです。向きを確認して取り付け。
さて、このキットはエンジン付きなのですが、ボンネットを閉めると見えません。とはいえ、手抜き作業は嫌なのでこれからエンジンパーツをやらないとは言えない。エンジンルーム内も徐々に作ってゆきます。

復活!

RX-7リアコンビ廻り久しぶりに復活のRX-7です。リアの透明パーツを割ってしまってから早4ヶ月。他に出来ることもあったのですがイマイチ気乗りせず、結局パーツが来るまで放置でした。届いたからには早速リベンジ。前は下手に磨いたばかりに折ってしまったので、今回は力を下手に入れないように、慎重に作業を進めます。裏側からマスキングをして、まずはセミグロスブラックの部分から。これをある程度しっかりと吹いて、次にスモークグレーで全体を暗くします。自分の中のイメージではFD型のRX-7のリアランプは普通真っ黒で、ブレーキを踏んだ時のみ光る、という感じです。そのためスモークで全体を暗く押さえておきます。次にクリアーレッド、そしてクリアーオレンジを吹いて出来上がり。やっていることは単純ですが、色味を考えないと酷いことになってしまうので注意が必要です。塗り上がったランプを早速ボディに接着し、そこからコンパウンドと綿棒で表面を磨いて出来上がり。最初からこうすれば問題なかったんですけどね。リアのランプが出来ると、ついでにリアウイングも接着します。TAMIYAのモデルは最初期型なので、この変な形のリアウイングです。これってすぐに消えたんだっけ?あまり印象に残っていないウイングです。

TAMIYAからの荷物

リアランプのパーツをへし折って止まっていたRX-7ですが、今日TAMIYAからパーツが届きました。随分掛かりましたがようやく再開できそうです。
| 次のページ

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる