N's Factory - CarModelStudio

web_logo

一応の完成

RX-7前回でほとんど終わりを見たRX-7ですが、細かいものを取り付けて行きます。ワイパー、ミラーが残っていますが、これを塗装して取り付け。ミラーもボディサイドのモールと一緒で、塗装したという設定でボディ同色。本来前期型はウレタンのセミグロスブラック塗装。イメージなので許して欲しいところ。サンルーフは取り付けをミスって脚が折れてしまったので、らしく塗装してはめ込み。一応開きますが、開けない、ということにします。まあ、動かして遊ぶ趣味もありませんから。あとはフロントバンパー下部、左右にエアロ系のパーツ?が付きます。これも場所に接着するだけですが、意外とくっつく面が少ないのか、安定していません。
RX-7(FC) & RX-7(FD)一応完成したということで、新旧RX-7を並べてみました。やっぱりFCは古いのが良く分かりますが、どちらも素晴しい日本のスポーツカーです。最近はスポーツカー市場の低迷が続いていますが、まずはこういう車が格好良い、ということを定着させないと、夢も希望も無い気がします。

懸案のグリル

フロントグリルさて、そろそろ終わりの見えて来たRX-7ですが、面倒だと後回しにしていたフロントのラジエーターグリルを塗装します。ものとしては大した量ではないのですが、とにかく塗り分けが面倒で後回しです。単に縦のピラーをセミグロスブラックで塗装するだけですが、ともかく一つ一つ、テープを巻くようにして横のルーバーをマスキング。他にもここら一面をマスキングしてセミグロスブラック。画像はなんだか荒れていますが、そこそこ塗り分けは上手く出来た感じ。とはいえ一部ガタガタなんですが。これが出来るとほとんどRX-7も終わり。あとは細かいものを付けて完成です。

ウインカーの塗装

ウインカーRX-7ですが、ボディの方の細かな塗装に移ります。今回はフロントのウインカー関連。バンパーの前と横にあるウインカーです。その前に、このRX-7ですが、前期型なので本当はボディを巡るモールドは本来黒になるはずです。が、イメージでは全体が赤ということで後から塗装した感じでボディ同色。一応、こういう個体も存在する様です。本当は後期型にすれば良かったのですが、手に入ったのが前期型。その辺りは気にしないということで、ドアミラーもボディ同色。大目に見てください。
ウインカーですが、ボディと一体型なのでクリアーな感じが全くありません。FD型RX-7では型取りして透明なパーツに置き換えましたが、このRX-7は塗装で頑張ります。まず下地にガイアカラーのスターブライトシルバーを。そしてクリアーで1層作ってからクリアーオレンジ。その上から軽くスモークグレー。と4層重ねてみました。本当はクリアーで厚さを稼ぐと良かったのですが、すでにボディのクリアーを吹きすぎていて、あまり重ねられず、なんとも中途半端な表現になってしまいました。前段階でちょっと反省すべきかも。あとはバンパー下部の塗り分けが出来ればボディは仕上がりです。

エンジンルーム

RX-7エンジンどうでも良いと思っていたエンジンルームですが、細々としたものを取り付けてみました。結果的にボンネットを可動させる仕組みがないので、こうした物を作っても見えなくなっちゃうんですよね。なので塗り分けは大分手抜き。パーツは一応取り付けましたが、フェンダー横にある箱上の物は塗っていないし、他にも多数。それらしい雰囲気さえ出ていればいいかと。

フロント周り

RX-7フロント昨日に引き続き足回りです。今度はフロント。これも同じく半ツヤブラック一色で吹きまくりですが、このモデルはエンジンがある。そしてフロントのエンジンルームがあるので、色を変えなければなりません。マスキングテープをこまめに貼付けながらエンジンルームとシャシー下面を分けて塗装。塗り上がってみると案外あっさりした塗り分けですが、立体物を上手くマスキングするのは結構キツいです。もの自体はこの時期のTAMIYAの標準的な出来上がり。今とは比べ物になりませんがまあ組みやすい物だってことです。
| 次のページ

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる