N's Factory - CarModelStudio

web_logo

最終的な作業

ウインカーとフォグランプもうすっかり終わったかと思っていたNSXですが、まだ終わってません。すっかりフォグランプのことを忘れて作っていたので、この奥まった部分の塗り分けをどうするか考えていませんでした。立体的な造形なのでクリアパーツの裏側にシルバーを吹くのももったいないし、綺麗に塗り分けられるかどうか...ま、悩んでも仕方ない部分ですけどね。で、面倒になって放置していた次第。
もう一つはフェンダー部分のウインカー。ボディと一体で整形されているのでシルバー下塗り>クリアーオレンジという手しか無いかと思っていたのですが、ジェルクリアを手に入れたのでクリアーパーツが成形可能。とすれば作らない手はない、ということでNSX-R用に作ったパーツの中でマシそうなものを取り付けてみました。ただ、そのために元のパーツを削るのですが、これがなかなか怖い。クリアーの磨きまで終わっているパーツにヤスリを入れるのは正直気が進みません。周囲を厳重にマスクして、ゆっくりと削ります。幸いボディには傷を付けずにすみましたが、やってしまったら大変だろうなぁ。ボディパーツ自体は成型色の赤なので、削った部分にはサーフェサーエヴォブラックを塗装。
フォグランプ部分も結局は厳重にマスクして、内側をスターブライトシルバーで塗装。ハンドピースは絞り込んで細かく吹きます。端から端まで吹かなくても、見えなくなりそうなのでそれなりに。むしろマスクを失敗してボディに塗料が散るほうが怖いです。こちらも幸い他の部分に被害なし。
で、出来上がったのがこんな具合。小さな作業ですが、これが無いと困る部分です。
後はナンバーだけですが、更新はこれで終わり。ナンバーを付けてgarageにアップ予定です。

リトラクタブルライト

ライト今日はコネタで。初期型NSXはリトラクタブルライト、いわゆるスーパーカーライトがついています。ライトが収められた姿は空力的にもスマートで、いかにも速そう(イメージだけで実際にはあまり貢献していない)なのですが、それだけにライトを開けた姿の間抜けさと言ったら...あまり好きではありません。大体、閉じている姿を基本に作られた車だけに、ライトを開けたら変な姿になるに決まってます。個人的にライトを開けた姿でOKなのは、Lancia STRATO'Sか165 CELICA(ただしWRCコンペモデルに限る)くらいなもので、大概はアウト。NSXなんて、よりにもよって丸目2灯という、格好良いモデルを見たことのない構成です。ま、開けた姿は案の定。うーん、無しですね。とはいえ、折角リトラクタブルの軸を付け直してまで作ったパーツですから開けられるようにはしてみたい、ということでライトを付けました。この部分のパーツはなぜか透明パーツ一発で付けるようになっています。ライトの下部には一部ボディ同色部分があるのですが、これも透明パーツを塗装する形。しかしパーツに肉厚があるので塗装しても変な見え方になると思うのですが、開けない部分だから気にしない、ということにします。パーツ自体は裏側からスモークグレーを軽く、そしてスターブライトシルバーを吹いて仕上げ。透明パーツに直接塗装です。取説ではライトパーツの側をシルバーに塗装することになっていますが、雰囲気違いそうで、写真などで見る限りはこっちのほうがそれらしいと思います。で、仕上がったのは画像のとおりなんですが...汚い。やっぱ、やらなくても良い作業だったみたい。まあ、開けないと決めている部分なのでこれで良しとします。一応、閉じてからも開けられますが、あまりやりたくはないですね。

ウインカーを付けると一気に車に見えるよね

ウインカー取り付け前回の予告通りクリアーパーツです。フロントのウインカーとリアのブレーキランプあたりのパーツだけなんですけどね。最近の作り方は、クリアーパーツは裏側からスターブライトシルバーを吹き付け、そのまま接着というパターンです。確かにこの方法の方が塗装は楽で、仕上がりも綺麗。今回もこの方法です。まずクリアーパーツにスモークグレーを薄く入れます。クリアーパーツの平滑さを利用したいので塗装はあくまで裏側から。スモークグレーを吹いたら次はスターブライトシルバー。これでわずかに色のはいった、シルバーに塗られたクリアーパーツの出来上がり。これを極力扱いた流し込み接着剤で接着します。リアのブレーキランプのコンビネンションですが、これも基本的には同じやり方。スターブライトシルバーを吹く前に、クリアーレッドとクリアーオレンジを塗り分けておくことが必要です。ただ、NSXの場合、フロントにフォグがあるのですが、これは奥行きがあるのでちょっとやり方を検討中。
画像は部屋に夕日が射していたのでその光を使って撮影。ボディ、なかなか良い感じかな?

ウインドウパーツの取り付け

ウインドウ取り付け一気に進んだ様に見えますが、単にウインドウを取り付けただけです。ボディが磨き上がればようやくウインドウパーツの取り付けが出来ます。まず、ウインドウの取り付けに先立って窓周りにセミグロスブラックを。具体的にはAピラーとルーフの前端および側面の凸モールド、そしてドア上部の凸モールドです。取説だとここはただのブラック、つまりツヤありにせよ、との指定ですが、どうもそれらしくない。そこでの独自解釈です。これに合わせてリアウインドウとボディの取り合い部分もセミグロスブラック。やはり半ツヤの黒を綺麗に入れておくのが、模型がそれらしく見えるコツだと思うのでここはこれで良しと。NSXの場合、ワイパーは先に付けておいた方が作業が圧倒的に楽なので、これもセミグロスブラックで塗装して取り付け。ウインドウの極率に合う様に軽く曲げておくと取り付けが楽です。が、やりすぎると折れます。お気をつけを。
これで窓周りが出来ましたので、一気にシャシーと組み合わせます。車らしくなりましたね。リアのウイング部分も取り付け。次はクリアーパーツをやっつければ完成が見えてきます。

ようやく磨き上がり

NSXボディ長いこと掛かっていたNSXのボディの磨きですが、これで終了。ようやく次ぎに進めます。ボディ全体は基本的にTAMIYAの3点セット+HASEGAWAのコーティングポリマー仕上げ。このあと窓周りとリアのトランク上部のダクト?、リアバンパー下部を塗り分けます。ひたすらマスキングで不要部分を覆い、黒い部分はガイアカラーのサーフェサーエヴォブラック。同時に透明パーツの窓枠も塗りますが、セミグロスブラックではイマイチ隠蔽力が弱い。そこでサーフェサーを吹いて埋めてしまおう、という考えでのサーフェサーエヴォブラックによる塗装です。吹いた感じは良い具合のツヤの消え具合。下地材ですがこのままの仕上げでも悪くない感じ。マスキングテープを取ってみると非常に満足の行く塗料の乗りで、結局そのまま採用しました。
ともかく、ここまで出来たので、残り作業は意外と少ないはずと思いたいんですけどね。寒さのせいで作業は遅れ気味。
| 次のページ

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる