N's Factory - CarModelStudio

web_logo

久々にちょっとだけ

久々にちょっとだけ長いこと放置していたHKS SKYLINEですが、忘れたわけではありません。単に姿を見ると憂鬱になっていただけです。デカール的にあちこち爆弾だらけのキットですが、一応クリアーを吹いて再開の準備。窓枠のブラックを吹きたいのですが、なにせデカールが弱い。剥がれた部分はリペアしてますが、凸凹なのでクリアを盛って平滑にするのが大変です。いつになったら完成するのやら…。

ホイール

ホイールボディの方は崩壊状態のHKSですが、なんだかそっちばっかりだと気が滅入るので他の部分を進めます。ホイールはGr.AのSKYLINEが履いていた標準的なタイプのものだと思うのですが、それでもなんだか色々塗り分けがあります。リムはメッキっぽいシルバー、スポークはつや消しの白で、リムの端も同色。ハブの部分はセミグロスブラックです。ということで、まずは下地でガイアのサーフェーサーエヴォブラック。これを全体に吹いてからスポークの艶消し白を。ガイアのプレミアムホワイトを吹いてからつや消しクリアーでつやを整えます。次にホイール部分をマスキングしますが、マスキングテープを縁切りカッターで丸く切り抜き。これが意外と使えます。丸を綺麗に切り抜くのは意外と難しい。丸くマスキングする際、リムの内側までマスキングするように寸法を調整します。そしてマスクしたらスターブライトシルバーでリム部を塗装。一応、リムの端が白くなっているのでもう一度サーフェーサーは吹きます。最後にハブをセミグロスブラックで塗りますが、これはエナメルを筆塗り。はみ出した部分を拭き取って綺麗にすると出来上がり。丸を綺麗に丸く塗るのが面倒、しかし綺麗に塗らないと目立つ、ということでちょっと手間を掛けてみました。

リペア

リペアえーと、とりあえずリペアをします。HKSについてはデカール段階からリペアの嵐だったので、今更という感じです。幸い、持って行かれた部分の塗り分けはそれほど複雑なものではないので出来なくはありません。まあ、明らかに質は下がりますが。HKSについては赤:Mr.COLORシャインレッド、緑:ガイアカラーエメラルドグリーン1+ビリジアングリーン1で近似色になるのは見当がついています。これを筆塗りでそれらしく。完全に直すのは不可能ですので似ていれば良し、ということで筆塗り。ただ、筆塗りめちゃくちゃ下手なんです。ついでに塗料の濃度がおかしくなっているのが多く、それなりに粘度を調整して塗りますが、あまり綺麗にいきません。塗った感じはこういう具合。クリアーの層が割れたので明らかに段差があります。それ以前に塗り分けのラインが酷いことになってます。ヘタを通り越して止めろのレベル。絶望的。なーんかな、でテンションは下がりまくってます。まだほかにも窓枠あるってのに、どうすんだこれ。

ぎやぁーーーー!

ぎやぁーーーー!もってかれたーーー!
注意していたのですが...やられました。HKSのデカール、非常に食いつきが悪いので危険だな、とは思っていたのですが、やはりやられました。窓枠の塗装をやってマスクを剥がした際にこのザマです。マスキング自体の粘着力を弱めたり、いろいろと対策はとっていたのですがダメでした。ただでさえテンション下がり気味のHKSが、更にやる気なし状態。リペアするか...とはいえ、リペアで2次被害が発生しないとも限らない危険な状況。これ、ホント嫌だわ。どーすっかな。

ここまで頑張った

ここまで頑張ったクリアーが泥沼化しているHKS SKYLINEです。ホントどうにもならない感じになってきてますが、力づくで前進します。クリアーですが、いい加減ベースのクリアーから仕上げのクリアーに行きます。単に希釈濃度を変えているだけですが、6倍に希釈したクリアーをたっぷり吹いてセルフレベリングさせます。これをTAMIYAのコンパウンドの青>白と磨いてここまで持ってきました。写り込んでいるライトですが、ガタガタ。もうね、ここからなんとかなる気もしないし、いろいろ切れてきてるし...デカールでケチが付くとなんともならんですね、うーん。それでもなんとか映り込むくらいにはなったのでこれで前進。それほどの出来にはならないな、これ。
| 次のページ

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる