N's Factory - CarModelStudio

web_logo

ボディ塗装

ボディ塗装SLに続いてRX-7もボディ塗装しました。このRX-7は赤と決めていたのですが、赤と言ってもいろいろあって、どれが良いか思案投げ首。写真と見比べながら、今回はクレオスのモンザレッドを選択。日本車の赤って朱色っぽいのが多い気がするのですが。流石にシャインレッドは朱色すぎるのでこの辺が妥当かと。赤塗装はいつも斑にしてしまうのでそのあたりを注意しながらじっくり塗装します。案外と悪くない。無論、1回で完全に塗装できるわけはなく、何回か吹きますが今のところイメージ通りかな。他にリアウイング、ドアミラーパーツも塗装。色の違いが出なければ良いのだけれど。

燃料タンク取り付け

燃料タンク取り付け積層した燃料タンクは結局こういう風に取り付け。TAMIYAの前期型RX-7を見ていたら、この部分は帯みたいなものがついている部分ということで面倒な凸凹は付けずにプラ板を張付けてお終い。手抜きと言えば手抜き。3社のRX-7、それぞれに解釈が違って、それに合わせて表現も違う。面白いと言えば面白いが、結局どれが正解かは良く分からない。燃料タンクについては目立つ部分でもないからいいか、ということでこんな表現。合わせるなら反対側にある細い溝も帯をつけるべきなんだろうけれど、面倒なのでそのまま。まあ、ないよりマシでしょ、という程度の工作なのでこれで。

燃料タンク出来上がり

燃料タンク出来上がり前回、中途半端に積層したタンクは結局こんな形に。思ったよりも重ねずにここまで到達。隙間はTAMIYAの光合成パテで埋めて整形。最近、光合成パテ多用してます。接合部埋めには使えないけれど、大きめの穴を埋めるには結構いいかも。ヒケない、下地を犯さないというのは意外と便利なことに気が付きました。
タンク自体の造形は下手くそなので若干ずれがあり、目立つかも。なんとかならんかなぁ…。

燃料タンク

燃料タンクRX-7のシャシー面、本当はボディ同色なのでピンクサフを吹こうと思ったのですが、裏面を見たら燃料タンクが一部欠けています。なにかパーツが付くのかと思ったらそれらしきパーツもなく、説明書にはしれっと欠けていない状態の絵が描いてあります。危うく騙されるところでしたが、なんだコレ?ということでネットで調べてみると、どうやらFC型とシャシーは共通みたいで、そのFC型のデュアルマフラーに対応した切り欠きだとか。てか、FC型とシャシー共用なの?知らんかった。FC型とFD型だと、下面全然違うと思うんだけど…良いのか、いや良くないだろ。
ともかく、裏面を見る限りFD型としては問題無い感じなので塗り分けはやるとして、この切り欠けたタンクを作ります。といっても良く理解らないので、とりあえずプラ板を積層して削り出します。手元にあったのは1.2mm厚のプラ板なのでこれでいいや。マスキングテープである程度の形を写し取り、それをプラ板に貼って切り出します。どうせ全然形は合ってないのでそこからヤスリを使って削り出しちょっとずつ形を合わせて、良くなったらそれを使って次の板を切り出し。ただ、凹んでいる部分はどうしようか…一応TAMIYAのRX-7を横において、参考にしながら進めます。

勢いでインパネ加工

勢いでインパネ加工4月から職場の環境が変わって、すごく忙しくて模型を触っている時間が全然取れません。これじゃ間に合わないなぁ...どうにもならない。あまりまとまった時間がないので色を吹く気になれないんですよ。なのでチマチマとした工作くらいかなぁ…。で、勢い余ってインパネに穴空けちゃいました。なんか行ける気がしたので。単純にピンバイスで穴を空けて、丸棒ヤスリとかで広げてこんな形に。裏から透明プラ板を当てて、そこにメーターのデカール貼ります。電飾はしないです。完成したら見えるのかな?意味あるのかな?まあ、見えなくても良いけど。
| 次のページ

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる