N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シートの塗り分け

シートの塗り分けRX-7のシート、一応2色で塗り分けることになっている。サイドは黒、センター部分は濃いグレー。画像で見てもあまり色の違いが分からないのでそれらしく塗り分ける。塗り分け部分のくぼみが大きいのでマスキングゾルでマスクをしてみる。センター部分はガイアカラーのドゥンゲルグラウ(ジャーマングレー)。もともとは戦車用の色だと思うけれど、何かと重宝。今回も違いが目立たない程度に塗り分けられた。で、よく見るとシートサイドのくぼみを埋めた部分が破れてきている。ここもRX-7 RZの屋根と同じくTAMIYAのポリパテ。ここに来てなんかポリパテが信用できなくなってきた。目立たないので放置してしまおうか。
スポンサーサイト

クリアー塗装

クリアー塗装RX-7は何事もなくクリアー塗装。あまり気にしていないのでかえって問題ないのか。そろそろデカールを貼ってしまわないと忘れてしまいそうだ。パテの影響か、若干不陸が出ているところもあったり。TAMIYAのポリパテ、ちょっと問題ありかな。

ボディ順調

ボディ順調大きな問題なくRX-7はクリアー。特に書くこともなく進行中。こういう時に限ってなんかあったりするんだよな、という予感。好事魔多し、というし。

ボディ塗装

ボディ塗装SLに続いてRX-7もボディ塗装しました。このRX-7は赤と決めていたのですが、赤と言ってもいろいろあって、どれが良いか思案投げ首。写真と見比べながら、今回はクレオスのモンザレッドを選択。日本車の赤って朱色っぽいのが多い気がするのですが。流石にシャインレッドは朱色すぎるのでこの辺が妥当かと。赤塗装はいつも斑にしてしまうのでそのあたりを注意しながらじっくり塗装します。案外と悪くない。無論、1回で完全に塗装できるわけはなく、何回か吹きますが今のところイメージ通りかな。他にリアウイング、ドアミラーパーツも塗装。色の違いが出なければ良いのだけれど。

燃料タンク取り付け

燃料タンク取り付け積層した燃料タンクは結局こういう風に取り付け。TAMIYAの前期型RX-7を見ていたら、この部分は帯みたいなものがついている部分ということで面倒な凸凹は付けずにプラ板を張付けてお終い。手抜きと言えば手抜き。3社のRX-7、それぞれに解釈が違って、それに合わせて表現も違う。面白いと言えば面白いが、結局どれが正解かは良く分からない。燃料タンクについては目立つ部分でもないからいいか、ということでこんな表現。合わせるなら反対側にある細い溝も帯をつけるべきなんだろうけれど、面倒なのでそのまま。まあ、ないよりマシでしょ、という程度の工作なのでこれで。
| 次のページ

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。