N's Factory - CarModelStudio

web_logo

完成

完成残り作業のドアミラーを付けて、La Ferrari完成です。さすがはTAMIYAのキット、問題になるような箇所はほとんどなく、このスタイリング。ドアやらリアカウルやらのうねるような造形も見事です。カーモデルにしては珍しくちょっとパテも使いましたが、それなりにラインは出せたのではないかと思います。にしても、塗装のムラが下手くその証明ですね。今後の課題です。デビュー時からLa Ferrariは好きな車でしたので、ここの所手を出していなかった最新TAMIYAのキットを堪能しました。まあ、TAMIYAの新製品自体が出ていないというのもありますが、値段のせいもあってなかなか手が出ませんね。取り敢えずは出来よりも、出来上がったことで満足です。

ボディ仕上がり

ボディ仕上がりリアのバンパーをはめ込んだら、あとはリアのカウルを付けてほぼ形が出来上がります。リアのカウルはエンジン上部のフードを付けて、左右にエッチングのメッシュを入れます。このメッシュ、下が抜けていませんが時間もないのでそのまま。なんとなく雰囲気でOKという、この時期特有の言い訳が出ます。あとはタイヤを付けると一気に車らしい形に。なかなかきれいな形をしています。が、ボディパーツが分割されているので、パーツによって濃淡の差が...。気にして作業をしていたのですが、やっぱりダメだったか。もうどうしようもありません。テンション下がりますが、取り敢えずは完成させましょう。残された作業はドアミラーです。

リアバンパー組み込み

リアバンパー組み込みさて、リアバンパーの加工も終わったので、ボディと接合します。前回の説明でマフラー周りのメッシュは取り付けていませんでしたが、これも同じように取り付け。ただ、このメッシュはボディ側のマフラーと干渉するので取り付け時にはちょっと注意が必要です。力づくで作業をするとメッシュがはずれたりするので、慎重に作業をしたいのですが、リアバンパーの取り付け自体は結構力技。おっかなびっくり、しかし最後には無理やりはめ込みます。一度入ってしまえばすんなり位置はあってくれますが、逆に外したりしないほうが無難です。テールランプはキットのまま。ありがたいことに最近のTAMIYAはクリアーレッドで整形されたパーツを入れてくれるので、塗装する手間がありません。もっとも、これでいいのか?と思わなくもないですが。リアの可動式フィン?は収納/展開状態どちらかで再現。アラが目立つのが嫌なので収納状態で作成します。思ったよりも苦労はありませんが、その分、自分の作りが雑なところが結構見えます。

ホイール塗装

ホイール塗装下地をサーフェイサーエヴォブラックで塗装したホイールですが、いつも通りのブライトシルバーで塗装。最近は面倒なのと効果を考えて表側からだけの塗装にしています。内側は影になるはずだし、面倒だし、ということで下地塗装のまま。あまり見えない部分だから問題なし?もしかしたら問題ありかもしれませんが、気にならないのでいいか。もっと気にするところが沢山あるよなぁ、と思う次第。ホイールキャップも別途塗装。ここに跳ね馬マークが入ります。ホイールもクリアーコートをする人としない人がいますが、今回はパス。時間がないのが最大の要因。毎回1年も時間がありながら、何故か最後はこうなるのです。

ドア取り付け

ドア取り付けフロントのボンネットが出来上がったので、ようやくドアが取り付けられます。このキット、例のドア開けスタイルが再現できる様になっているのですが、そのための構成が非常に複雑。ドアのパーツをはめ込んでから、蓋をする様にボンネットを取り付けます。が、その前にドアがなかなかはまりません。ドア上部のパーツが入ってくれません。コの字型になっているパーツをはめるのですが、サイズ的にギリギリで、これはキツい。ついでに力づくだと折れてしまいそうです。とはいえもう補強も難しい。なんとかだましだまし入れましたが、これは無理でしょ。一応、さすがTAMIYAだけあって、パーツはぴったりでした。
| 次のページ

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる