N's Factory - CarModelStudio

web_logo

クリアーがけ

クリアーがけボディカラーのブラックを吹き終えて次はクリアーです。というか、結構時間が空いているうちに何回か塗装してました。ボディカラーのブラックを吹いた感じでどうもクリアーののりが悪そうだな、という気がしたので3倍希釈のクリアーを吹いてみます。思ったよりはのってくれたので#1500のペーパーを軽く当ててみたのですが、一部ホコリが付いていたのを発見。ペーパーで削り落としたのですが一緒に塗装も削ってしまい、ちょっとカドが…。もう一度塗装してクリアー。今回は4倍希釈で通常通り。思ったよりは良さげな感じ。これからデカール貼ります。浮かないようにしないと。

なんか剥げた

なんか剥げた下地塗装でまとめて作ったエンジンブロックにシルバーの塗装をしました。ここのところライトステンレスシルバーとダークステンレスシルバーばかりを使っていたのですが、今回は普通にブライトシルバーで塗装。下地を残しつつ、ザラッとした感じに吹いてからTAMIYAのスミ入れ塗料でウォッシング。で乾かしてから拭き取ったのですが、なぜかシルバーが剥げました。あれ?なんで?
拭き取りを中止して、シルバーを吹き直します。吹き直すのは塗料の順序から言うとあまり良くないのかもしれませんが、やむを得ません。あまりエンジンにこだわりないし、シルバーを吹いて止めにしようか。

ブレーキディスク

ブレーキディスク下地黒塗装したパーツの一つ、ブレーキディスクを作ります。SL65のブレーキディスクですが、なんか猛烈はハリボテ感があります。よく言うとディスクとサスペンションに分かれていてしっかり塗装できるのですが、ブレーキキャリパーのパーツがなんか表面だけの作り。どうせ見えなくなるのでそんなに気にしませんが。ディスクはドリルドロータータイプの穴が空いた表現がしてあるものの、穴自体は空いていないもの。前はピンバイスで一つ一つ開口してましたが、あまり効果がないし、面倒くさいので今回はこのまま。ディスクはガイアカラーのスターブライトシルバーで塗装しましたが、実際こんなにテカテカなんだろうか?という雰囲気。キャリパーは赤くしようかとも思ったのですが、金属管が欲しくてガイアカラーのシャンパンゴールド。こういう時に役立つ色です。

細かなパーツ類

細かなパーツ類ボディ以外、なんにも手を付けていないSL65ですが、そろそろ他のものも。TAMIYA以外のものは大体足回りパーツと室内パーツについては手が込んでいないというか、ちょっとやるとすぐ完成する感じのものが多い気がします。SL65は一応エンジンパーツが付いていますが、それほど手が込んでいるとは言い難い。なので足回りパーツとか、なにやら一式切り出してそれなりに形を直したらすべてサーフェイサーで黒に塗装。シルバーにするものも、セミグロスブラックにするものも、どうせ下地は全部黒。それほど手の込んだ作業はしません。

早速ボディを塗装

早速ボディを塗装気が付いてみると、ここ1年、完成品がありません。まあ、作っていないのだから当たり前なのですが、完成は愚か、ボディを塗装しているやつもほとんどない。昨年は体調を崩したこともあって一時期模型作りが止まっていましたが、そうなるとボディを塗装するのが億劫になってくるんです。というかボディカラーを決めるのが難儀になって、あれこれ考えると、さて何色のしようかと。このSLに関しては前回の記事でブラックにする、と宣言したのですがそれまでに考えた色が赤(ワインレッドっぽい色、キャンディ塗装が出来ないので却下)、緑(メタリックみたいな明るい緑、赤と同じ理由で却下)、水色(ベンツっぽくない色、あまり楽しくなさそうなので却下)、シルバー(明るい感じのシルバー、定番すぎて却下)と様々考えて、結局ものすごくオーソドックスなブラックに。頭なかで二転三転してますが、ボディカラーまでは行きました。
ブラックですが、モデラーズのリアルブラックが残っているのでそれを。いい色なんですが、もう手に入らないとなるとちょっと持て余し気味。これで全部使い切るかなぁ、という感じです。前に作った348みたいな感じになると良いのですが。今回は全体をざっとブラックに。雰囲気は悪くありません。
| 次のページ

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる