N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドル部分組み立て

ハンドル部分組み立て塗り分け塗装をしたハンドルをステアリングコラムとくっつけます。画像では見にくいですが、パドルシフトも付いています。小さいパーツですが良い感じ。レバー類を折らないように慎重に扱わないといけません。それなりに細かい所は出来ている感じ。頑張ってパーティングラインを消したかいがあったかな。それにしても、実車のはお高いんでしょうね?っていう雰囲気。
スポンサーサイト

間違いだらけ

間違いだらけ前回スミ入れを完了したエンジンカバーですが、思いっきり間違えました。メルセデスマークのところは全部シルバー。黒い色は入っていません。なんか思い込みでした。幸いエナメル塗料だったので溶剤で拭き取ってなんとか事なきを得ます。そして実はもう一箇所、こっちのほうが大問題の間違い。
ラジエーターのパーツ、本当はシャシーの下側から入れて上のパーツを付ける、そうしないとパーツが通らないものだったのですが、シャシーに取り付ける前に接着してしまいました。で、パーツが通らない。当然といえば当然ですが、ちょっと困った。仕方ないので接着したところに刃を入れて無理やりバラします。で、シャシーに取り付けてから改めて接着。幸い綺麗に剥がれてくれたのでなんとかなりましたが、危なくくっつかないところでした。確かにここは取り付け方がよく分からなかった部分。ちゃんと確認が必要です。

エンジンカバーとハンドル

エンジンカバーとハンドル先日のシルバーが溶ける事故のおかげでエンジンカバーは塗り直し。ついでにハンドルの下の部分も塗ってしまいました。で、今度は失敗しないようにクレオスのシルバーを使用。同じシルバーでもこっちは大丈夫でしょう。前と同じようにマスキングをして、シルバーを吹き付け。その後、スミ入れ塗料でスミを刺しておきます。ハンドルは真ん中にエナメルのフラットブラックを塗って穴の雰囲気。本当は開口すべきなのですが、こっちは塗装で済ませます。同じようにエンジンカバーのメルセデスマークにもフラットブラック。乾燥させてから余計な部分を溶剤で拭き取って出来上がり。今度は溶け出さずにすみました。

マフラー塗り分け

マフラー塗り分けちまちまとマフラーを塗り分け。それほど手間なことはないのですが、いつも通り黒下地にガイアカラーのブライトシルバーで塗装。ところどころTAMIYAのウェザリングマスターで焼き色をつけて見ました。うん、それらしい。本当にこういう色か分かりませんが、ちょっと雰囲気出ればよし。

やっぱり溶ける

やっぱり溶ける下地塗りしたパーツの一つ、エンジンカバーですが、セミグロスブラックを塗った後に、マスキングしてガイアカラーのブライトシルバーで塗り分け。悪くない感じです。スリット部分にスミ入れをして、拭き取ってみたのですが、やはり溶けました。前はフィニッシュマスターが溶剤でも吸ったのかと思いましたが、どうも違う。で、調べてみるとガイアのブライトシルバーはエナメル溶剤に溶けるみたいです。いくつか事例があったので、ちょっとこのやり方はよろしくない。雰囲気いいだけに惜しいなぁ、という感想。もう一度やり直しです。
| 次のページ

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。