N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ、終了。

Techno Pro Spirit Integra Type-RTechno Pro Spirit Integra Type-R長かった(長過ぎた?)INTEGTAもついに終了です。前回予告通り、サイドのウインカー、リアウイング、マフラーを取り付けて完成となりました。側だけなんで、下回りとかは触れること無しです。当初より、このTechno Pro Spiritを作りたかったのですが、これがこんなに難問になろうとは。INTEGRA自体が地雷であることは重々承知していたのですが、なによりこのデカールがこれほど割れやすく、手に負えないものだとは思いもしませんでした。結果、デカールで苦しむこと苦しむこと。
それでも出来上がってみると、まあ悪いものではないかと。解釈が変だったり、どうするか分からなかったり、釈然としない部分もありますが、これはこれでOK。まずは完成したことを喜びたいと思います。
これで積年の問題だった2台を片付けて、随分とすっきりしてきました。
スポンサーサイト

ライト2台目

ライトカバーINTEGRAの2台目もライトの塗り分けまで進みました。これも前と同じ工程なので特に変わったことは無し。前はこれで良いのかどうか分からなかったライトハウジング内のウインカーですが、どうもこの塗り分けで良いみたいです。というか、どれもちゃんとは分からないのでこれで良いかと。一気に車らしい姿になりました。ここまでくると、あとはほとんどやることがありません。リアのウイングとマフラーくらい?次回くらいには完成した姿をお見せできるかと。これで2台のINTEGEAも終わりが見えてきました。

ランプ内部塗装

リアランプ内部相変わらず、同じ作業の繰り返しのINTEGRAです。ランプ内部の塗装ですが、AUTO ADVANCE INTEGRAの時はフロントのランプに間違ってガイアのブライトシルバーを使ってしまいました。今回はちゃんとスターブライトシルバーです。最近はシルバーにも種類が随分と増えて、使う場所によって使い分けができるようになってきました。特にありがたいのは、やはりこのスターブライトシルバー。メッキ部分に塗装するなら本当にやりやすい塗料です。過去にはメッキ部分というとメタルックが定番でしたが、広い部分に使うには意外と難しいこと、また使い方が悪いのか思ったほどのキラキラ感がでないので使うのを止めました。その次に使ったのはクレオスのSUPER METALLIC。これは良い塗料でしたが、上から塗装がしにくい、場合によっては剥がれる、という事故があってこれも今は使用していません。ガイアカラーのスターブライトシルバーは、クレオスには敵いませんが、それでも結構な感じに仕上がることは仕上がります。特にINTEGRAのような、ライトのクリアーパーツにカットが入っていないタイプでは、下地のシルバーが直接見えますので、こうしたキラキラ感のある塗料が必要になります。
フロント、リアともマスキングテープでガチガチにマスクして吹き付け。多少塗り分けラインが曲がっても、どうせパーツで見えなくなるので気にしない、という感じでともかく吹き付けます。マスキングを取ってみたら...やっぱり曲がってました。

窓周り塗装

窓廻り黒塗装結局のところ、同じINTEGRAなわけなので、結果的にやることも同じくなります。再び窓廻りの塗装を頑張るわけで、唯一違うのはこのINTEGRAの方がデカールの面積が大きい、ということ。それだけにマスキングは慎重になります。最低限の範囲をマスキングテープで覆い、カッターで必要部分のみ切り出します。他の部分は極力調理用のラップでくるんでおしまい。100円ショップのラップは、おそらく一番安いマスキング用の材料ではないかと思います。今回は綺麗に剥がれてくれました。
と、ここで気がついたのですが、INTEGRAの天井部、ドアの上の部分の溝は、正しくは黒く塗装されるのが正解。前のINTEGRAの時は間違ってました。直せるかなぁ...

2台目のINTEGRA

テクノプロスビリットインテグラAUTO ADVANCE INTEGRAは出来上がりましたが、もう一台、本来こっちを作りたかったTECHNO PRO SPIRIT INTEGRAの方が残っています。こっちは本当にデカールに苦しめられた一台。ようやくクリアーがしっかりとのって、研ぎだしができる様になりました。現実にはどうか分かりませんが、カーボンボンネットもテカテカにしてみました。まあ、車モデラーはなんだろうと結局こういう仕上げが好きなので、これで良いかと。同じことをもう一度繰り返すことになるのですが、上手く行くかどうかはかなり疑問。まあ、飽きずに頑張ってみましょう。
| 次のページ

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。