N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整形作業

シートシートを削るなんだか最近のFUJIMIの模型は形を作るまで随分と時間が掛かります。Type-R用のレカロシートなんかは一体整形のパーツなんですが、絶望的なほど深いパーティングラインが入っています。ラインというより溝ですね。画像の左側は整形後、右側は切り出したのみの状態ですが、もう笑うしかない、といった感じです。唯一の慰めはプラが柔らかいので削りやすい、といったことでしょうか?ハッ、もしかして削ることを前提で柔らかいプラスチック?

それにしても、ペーパーだけでは時間が掛かりすぎるので、大まかなところはカッターの刃を立てて削ってしまいます。それにしても随分と削りました。金型がズレてるんじゃないの?というくらいの溝ですから、そんな簡単に整形できません。でエラく苦労しながら4脚分を削って、よく見たらAUTO ADVANCEの方は専用のシートが別パーツで付いてましたorz。
スポンサーサイト

シートをなんとか

シートの裏側考え事をしているうちに1ヶ月も経ってしまいました。未だに結論はでていません。で、外見はともかく、中身は作ってしまおうと。さしてパーツは多くないのですしTAMIYAの模型ですからそんなに問題はないのですが、ちょっとしたところで手を加えておいたほうがいいところがあります。シートの裏側なんかは手を入れておくべきところ。湯口の丸い後などはパテで埋めておきます。盛って削って、溶きパテで確認。最後は#1,000で均してお終い。TAMIYAのキットは楽で良いです。

気泡...

バンパーパテ盛りシートバンパー整形パテを盛ってかなり時間が経ちました。経ちすぎ、という話もありますがこれならまず固まっているでしょう。ようやく削り出しです。#400のペーパーでガリガリと削ります。パテは懲りずにタミヤのチューブパテ。今回はホンの微量だけ盛ったのであまり悪さはしないかと。さすがにこれだけ置いたので完全に乾いています。前のようにボロボロにもなりません。タミヤパテ、削り易いことは削り易いので簡単に必要分を削れてしまいます。で、削ってみたらまたもや気泡orz。結局、タミヤパテは駄目だ、ということを確認したのみ。やむを得ないので瞬着を盛って削ります。どうにも上手く行かないもので。そのうちに光硬化パテを試してみようか、と思うものの近くに売っていないんだよなぁ。

バンパーなんかは切り出して整形してますが、パテ盛りに懲りたのでランナーごと切ってかなり多めに削ってます。まずはボディパーツを早めに作って、内装はほとんど手抜きという工程で。あんまり時間を掛けてじっくりとというモデルでもなさそうなので。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。