N's Factory - CarModelStudio

web_logo

エッチングパーツ

エッチングパーツ懸案、というか迷っていたのですが、やはり作るならちゃんと作ろう、ということでエッチングパーツを買ってみました。最も考えたのはボンネットピン。やはりデカールとエッチングパーツでは出来上がりの雰囲気が違いすぎます。で、その関連もあってボディの塗装は手をつけず、というのがこの1ヶ月の作業でした。最近のTAMIYAはこんな感じでモデルと一緒にエッチングパーツも出してくれるのですが、なにせ値段が...。へたすりゃもう一台買える値段。精密パーツがあるのは嬉しいのですが、ちょっと...です。プラモデルが大人のおもちゃと化した現在、これでいいのかもしれませんが、だんだん敷居が高くなるなぁ。ノーマルで作っても問題ないのかもしれませんが、上には上があるとわかるとちょっとね。

さて、そのエッチングパーツですが、通販で買おうかと思っていたら馴染みの模型屋のガラスケースの奥で発見。店主自体が半ば忘れていたような(あるの覚えていたのかな?)状況で購入です。主要なパーツはボンネットピン、シートベルト、牽引フック、ブレーキディスク、メッシュ、そしてタイヤロゴ。このエッチングのおいしい所はやはりタイヤロゴでしょう。今まで転写シールで何とかしていたロゴを、スプレーで吹ける。本物っぽくなるのは歓迎です。で、肝心のボンネットピンですが、Modeler'sのものよりは控えめな雰囲気。組み合わせて作るのが面倒な人用に、一体型のボンネットピンもあるのですがこれはいけません。何のためにエッチングパーツを買ったのか分からないような、立体感のないパーツですので却下です。せっかく買ったからにはちゃんと生かして、綺麗に作りたいものです。で、本体はとりあえずボンネットの白い部分のみ塗装。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる