N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折れやがった...

ゼッケンデカールボディもほとんど手を加えるところがなくなり、クリアーもかなり乗ってきました。#1,200>>#1,500>>#2,000という工程でボディのクリアーを均し、かなり平滑な面になってきたところでコンパウンドです。つやもいい具合になってきた、と思ったところで心配事が。後から接着したフェンダーの部分にヒビが...。どうもこうした部分の接着が私は苦手のようです。まずいなぁ、と思いつつ、クリアーで補修などをしていたのですが、ついに折れました。orz

やってしまいました。もうどうにもなりません。さすがにこれだけデカールが近いと塗装を削ることもできません。塗りなおしもかなり難しいです。とりあえず瞬着で着けましたが言い訳できないほどの溝が...もう、これはこれで作るしかないでしょう。かなり落胆です。
スポンサーサイト

ちょっとしたミスと補正

一部塗装ここのところ、フェンダーの作成に時間をつぎ込んでいる具合ですが、この後付フェンダーに気になっている部分がひとつありました。というのも、フェンダー下部に黒い塗り分けが存在するのですが、デカールで貼るように指示が出ています。ほかの部分の黒い塗り分けは塗装で行ったのですが、一体で作られたデカールがあるのでこの部分のみでカールを貼ってみました。結果...割れました。仕方がないのでクリアーを吹いた後に塗装です。塗装自体は簡単なのですが、ほかの部分に影響が出ないように、ボディ本体はラップで2重に巻いて、隙間をテープで目張り。塗装面積自体はほとんどないのですが、養生は厳重です。で、ほんのちょっとだけ吹いて塗装終了。結果的には最初から吹いたほうが早かったんじゃないの?ということになりました。

デカール貼り続きの続き

デカール貼り終わりフェンダーの塗装も終わったので、いよいよ本格的なデカール貼りです。フェンダーの塗装後、ボディは乾燥機にぶち込んで強制乾燥させます。梅雨時 (といってもここはそれほど梅雨はありませんが)にはかなり有効な方法です。雨が降っていても何とかなる、ということでここのところすべて乾燥機による強制乾燥。あ、もちろん模型用ではなく食器乾燥機です。

デカール貼りに先立ち、ボディ側面に養生のために貼っておいたマスキングを剥がしてみると、表面がガタガタに荒れていました。完全な失敗です。が、そう言っていても仕方がないので、もう一度#1500で表面を均します。あんまりやると多分クリアー層をぶち抜きそうなので、ある程度均したらまたクリアーを吹きます。なんだか意味のない行為をしたような気がしてなりませんが、ま、そういうこともある、ということで。肝心のデカール貼りはいつもの通り。特に変わったことはありません。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。