N's Factory - CarModelStudio

web_logo

室内組み立て

シート裏カーボン塗装コクピットボディの方は一通り済んだので、室内の方にも手を付けます。取説ではシートはつや消しの黒と半つやの黒で塗り分けることになってますが、やってみるとあまりぱっとしません。まあ、ここはウソでも良いからそれっぽくしよう、ということでシートの裏面はそれっぽく、カーボン塗り分けをしてみました。久しぶりにやるのでどうにも感触がわからなかったのですが、とりあえず背面をガンメタで塗装。上からストキングで覆ってシルバーをさらりと吹きつけ。この段階でバランスが悪いと模様に荒さが出ます。で、それなりに満足の行く模様が出たらクリアーイエローをたっぷりと吹いて終了。まあ、実際にはほとんど見えないところなので、あんまり意味のある塗装ではありませんが、自己満足なのでいいんです。って、こんなことをやってから気がついたんですけど、エッチングパーツを使う場合、シートベルト用の穴を開けておく必要があると...何をいまさら。ここまでやってから、穴などあけられますか。ってんで、仕方がないからそのまま作ることにします。で、ちまちまとボタンを塗り分けたステアリングをつけ、シートをはめ込んでみると、それっぽく室内が出来上がります。

ボディ完了

研ぎだし完了いろいろと紆余曲折ありましたが、なんとかボディの研きが完了しました。一応、つやは出たのですが、最後の最後ではAピラーを折ってしまいました。瞬着で付けたのですが、一部白くなってます。これからまた塗装が必要、ということでNSX系はいつもこうです。ボディはあがったので、あとはシャシーと室内。 SUPERGTのNSXは、実はボディをのぞけばほとんど作る所はなし。山は越えたのか?

ボディの磨き込み

ボディ前回も止まってましたが、またスランプで止まってました。というか、今後どこからどう作ろうか、と思っているうちにこれだけ時間が。どこをどう作るか、悩ましい所です。で、その間に何度も挑戦していたエンジンフードを作ってみました。エンジンフードについては、とにかくこの隙間が研きにくい、という問題が。何回やっても角が出てしまうという問題に苦しめられ、とにかくクリアーをたっぷり目、で、#2000からゆっくりと削ってTAMIYA3点セットのコンパウンドで研いてみると、何とかなったかな?と。これでボディはほとんど終了。大幅に遅れているシャシーをなんとかすれば、進むのかな?というところ。ただ、何から手を付けたら良いのやら...
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる