N's Factory - CarModelStudio

web_logo

タイヤ加工

タイヤロゴマスクタイヤロゴタイヤ取り付けリア周りをやっつけ中ですが、ちょうどエッチングパーツにあったPOTENZAとBRIDGESTONのロゴを吹き付けてみました。過去にはスライドシールでタイヤに貼り付けるものだったのですが、現実には吹き付けてロゴを入れていたので、見栄えはよいのですが嘘っぽい。このエッチングパーツのマスキングのお陰で本物っぽい雰囲気が出来るようになりました。使い方は簡単で、単にタイヤに取り付け、周囲をマスキングテープで塞いで、つや消しのホワイトを吹き付けるだけ。やってみるとあっさりとロゴができあがります。調子に乗って4本を吹いていたら、塗料の濃度が緩かったのか、にじみました。雰囲気、読めるのですがあまり格好良くないです。まあ、それでもホイールと組み合わせてみると良い感じ。タイヤが付くと一気にそれらしくなります。

NSX本体はリアサイドに付いているグリルを取り付けます。グリルのメッシュはエッチングパーツで置き換え。ちまたの作例では、この部分に出来る取り付けラインを埋めるのが定番の作業となっていますが、今回はそのまま取り付け。何となくゆがんだ部品ですがまあそれなりには取り付けられます。多少削ってやった方がすんなりはまります。これと先ほどのタイヤを取り付けてみると、車として何となく雰囲気が出てきました。あとはリアのブレーキランプ周り、そして小さなパーツが多数。だいぶ完成が近づいてきた感じです。

フロント廻り加工

フロントアップマクレーショックでここのところ、模型に手が付きません。F-1,GT,WRCなど全てのドライバーの中でもっとも好きだったドライバーだけに、 WRCを見るきっかけになったドライバーだけに、本当に一時代が終わったという印象です。彼のドライブスタイルは確かに時代遅れなのかもしれませんが、今のドライバーにない何か、見る者を熱くさせる何かがあったように思います。いつかまたSUBARUでWRCを走ってくれると思っていました。もう永久にそんな機会がないのが残念です。

ようやくそんなショックから立ち直ってNSXです。ほとんどのパーツが作り終わっているので、あとは小さな作業が山盛り。ここからが一番苦手です。まずは集中的にフロント周りを。フロントのグリルにはエッチングパーツで網を置き換えです。エッチングパーツにはプライマーを塗ったくってセミグロスブラックで塗装。プライマーを塗ったくり過ぎて一部編み目が埋まってしまいました。もう一度針で開口したのですが、なんとなく網目が綺麗でない状態。見えないからいいか?それとカナードです。取り付けのポイントは凸の部分が2箇所あって、位置を出すのは難しくありません。ただ、この形で固定するのが難しい。うまく位置を合わせて押さえたら、流し込み接着剤で固定します。まだHマークは取り付けていませんが、次は後ろ周りをやっつけます。

室内組み立て

シートベルト室内組み立て仮合わせ前回に引き続き、室内の組み立てです。塗装を終えたシートにシートベルトを組み合わせます。今回はエッチングパーツを奢ってみたので、当然ながらシートベルトの金具はエッチング製。modeler's製なんかも過去には使ってますので要領は大体分かってますが、TAMIYA純正はこれまたちょっと違った感じ。ビニールと思しきベルト部分を細く切って使用します。瞬着でもなんかくっつかない感じで、かなり苦戦。どうも工作が汚くなります。ついでに前回発覚したシートのサイドに穴を開けておく、という問題も結局そのまま、ベルトを切ってしまいました。どうせ見えないから...。で、なんとなくテンションが下がったまま工作終了。正直、直接は見せられないほどに汚い作業。なんだかなぁ...。そんなシートをバスタブに押し込み、後ろからベルトを固定。ここも見えない部分で、かなり作業はしづらいです。他にも機器類を取り付け、一応は見られる形に。

なんだかんだで結構時間がかかっているNSXですが、そろそろ部品もそろってきました。一応で、仮組みをしてみると形にはなってきました。窓パーツとリア周りさえ完成すれば出来上がり?っぽくなりそうです。リアウイングはたっぷりとクリアを拭いたので、乾燥を待って磨き処理。まあ、それなりにはなりそうな感じ。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる