N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトの加工

ライトのヒンジここのところ小さなネタばかりですが、またもや小さなネタ。カウンタックのライトですが、キットでは固定式(閉じたまま)と開閉可能の2タイプで作れるようになっています。が、カウンタックを作るのにライトがスーパーカーライト(いわゆるリトラクタブルライトですが)でない、というのは納得できることではありません。当然のことながら、ボディに開口してライトパーツを取り付けます。ただ、問題なのはこのカウンタックのキットは全てのことをプラスチックでやろう、という志を持っているところ。このライトパーツの稼動部分の軸になる箇所もプラスチックです。作業中にすでに一部折れてしまいました。これをそのまま組み込めば、恐ろしい状態になること請け合いです。ということで、得意の金属置き換え。今回は0.3mmの真鍮線と、0.8mの真鍮パイプを組み合わせました。もともと軸だったプラスチックのパーツは切断し、0.8mmのパイプをパーツの内側の長さに切って、0.3mmを軸にして組み込みます。プラスチックのパーツにはピンバイスで穴あけ加工。これで極細の稼動部分が出来上がりです。
ここのところ小ネタばかりなのは、つまり外が寒くて窓を開ける気がしないからなんですけど、そろそろガツッと行きたいかな、と。で、今日加工したライト、肝心のライト部分が干渉しそうな予感なんですけれど、どうなんでしょう?またもや仮組みを繰り返さないと良く分かりません。
スポンサーサイト

シートベルト

シートベルト昨日に引き続き小ネタを。どうしても大物のボディを組み立てる気になれず、いまだ小さいものをセコセコと作ってます。で、今日はシートベルトなどを。他のモデルではシートベルトをつけるために別売りのパーツなどで作るわけですが、カウンタックにはこれらのパーツもちゃんとプラスチックで入っています。...って、こんな小さなパーツを入れてどうする気なのか。作りますけど、もう、何だかなぁ。とにかくカウンタックはなんでもかんでもすべてプラスチックで作ろう、という意地さえ感じるほどのでき。で、がんばってパーツを切り出したあと、ヤスって塗装。ベルト部分はさすがにModeler'sのパーツから持ってきました。これを取り付けてそれらしく。細かい部分ですが、それらしく見えてくれると良いのだけれど。

エンジン廻り加工

エンジン廻り今年は久しぶりにHMEに参加、ということで8月以降はHME出品作品の方に全力を注ぎ込んでいました。カウンタックについては、もうどれだけかかっても良いや、ということでのんびり後回し。HMEも終わって一息ついたのでエンジン廻りを作ります。エンジン廻りはすでに何度も登場していて、大方けりはついているのですが、パイピングやらタンクやら、諸々コマイ物が残っています。あとは後半部分のマフラー部分がごっそりと残っている状態。というわけでエンジンをぐるりと回っているパイプを作ります。仮組みしてみたら、なぜか上の方のパイプが長い。このままではどう頑張ってもエンジンルームに入りません。良く分からないので長い部分を削り取り、またもや真鍮線で補強。もはや骨折時の支えといわんばかりに、真鍮線だらけです。これを入れて遮蔽用の板を取り付け。この板にさらにサイレンサー付の板を取り付けます。後は小さなタンクやらパイプやらを付けてエンジンは出来上がり。正直、ここまで手の込んだエンジンは作ったことがありませんが、なんだかパーツの長さがばらばら、というかそのままではちゃんと作れない恐るべきエンジンです。
続けて室内もちまちまと手を加えます。シートの横にあるシートベルトの金具も、カウンタックはしっかりとパーツで入っています。支柱が折れそうでしたが、動く場所でもないのでそのまま。シフトゲートとサイドブレーキのレバーも取り付けます。ここにシートを付けてほぼ出来上がり。ただし厄介なのは、背後の部分に窓が付くということ。一部ボディーと同じ色で塗り分ける必要が出てきます。どうにも構成の難しいモデルです。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。