N's Factory - CarModelStudio

web_logo

下回り塗装

CR-X下回り塗装随分と時間が開いてしまいました。一度出張が入ると、なかなか時間が確保できませんね。さて、今回はCR-Xの下回り。予告通りのシャンパンゴールドです。前にTAMIYAのスプレーから色抜きしたものをストックしてあるので、それを使います。基本的にはシルバーに見えるのですが、若干金色がかった感じのする色です。イメージとしてはこのくらいの色だった気がするのですが、何度ネットで探しても、この色にはお目にかかれません。やはり気のせい?
塗装自体はマスキング>吹きつけ>レタッチ、という単純なことなのですが、塗り分け位置がよく分からず、ちょっと苦戦。ネットやらなにやら資料をひっくり返して位置を調べました。たぶん、これでいいはず。さほど問題もなく作業は終了。光の当たり具合によってはワインレッドの部分にムラがありそうな感じですが、直すかどうかはちょっと考えることにします。

エッチングパーツ取り付け

エッチングパーツ取り付けもうほとんど完成のCLK-GTRですが、細かな作業がほんの少し。Mercedesの特徴であるスリーポインテッドスターはエッチングパーツに入っていたものを利用します。ホンの小さなパーツですが、これが結構効果あり。なんとなくヌルい出来のモデルを引き締めます。牽引用のフックも同じくエッチングパーツから。こちらはプライマーを吹いた後でシャインレッドを吹いて取り付け。前後両方ともですが、後方は間違ってボディ側に付けそうになりました。ただしくはシャシー側。ただ、取り付けをしっかりさせないと、リアカウルを外す際に一緒にもぎ取る恐れがあります。今回はカレラGTに引き続き、ワイパーも利用。前回よりは勝手が分かっているのでちょっとはマシな加工になります。これもプライマーを吹いてからセミグロスブラック。こんな感じで細かい部分に手を入れると、随分見られるようになりました。後一箇所、手を加えれば完成です。

ボディカラーを吹いてみる

ボディカラー(ワインレッド)早速あまり考えずにボディカラーです。CR-Xはそのほとんどが黒または白のボディカラーで、ワインレッドはほとんど見かけません(というか、CR-X自体あまり見かけません)。やむなくネットで調べてみたのですが、どうもワインレッド+ゴールドのカラーは存在しないようで、ワインレッドの場合、下回りはガンメタルのような色になるみたいです。...どこかで見た記憶があるんだけどなぁ。ま、そんな記憶があるのだから、記憶の通り作ります。まずはワインレッドですが、単純にクレオスのクランベリーレッド。若干濃い気もしますが、まあよし。シルバーを混ぜてみるのもいいかと思います。ただ、赤系の色は吹き方を間違うと色ムラが出ます。慎重に吹くべきでしょう。気をつけたのですが、若干ムラになりました。今のところ、作業はこれだけ。もう少し吹き込んで、次に移ります。

ドア部分の処理継続

ドア内側パネルの処理なかなか進まないカウンタックですが、思い出したように更新。前回むりやり取り付けたドアですが、内側のボディとの接合部分が段差になりました。ドアを開けなければ見えない(あけると見える)部分なのでそのままほおって置こうかとも思いましたが、せっかくここまで時間をかけているモデルです。出来る限りのことはやってみよう、ということでパテを盛って埋めてみました。ここではTAMIYAの光硬化パテ。特に意味はありませんが、ちょっと段差も深かったのでTAMIYAのラッカーパテよりいいだろう、ということでの選択。ヘラで出来るだけ平らに擦り付けて放置します。光硬化パテのいいところは、すぐに固まるので作業効率がいい、ということらしいのですが、強制的に光を当てて固めると、どうもパテのみが固まって他の部分との親和性がよくない気がします。削っているとパテの部分のみ剥がれることがよくあるので、基本的には太陽光による硬化を行ないます。パテが飴色になったら大体いい感じ。今回は場所が狭かったこともあり、通常のペーパーでは上手く削れなかったので、リューターを購入して削ってみました。リューター初体験です。病み付きです。こんな簡単にガリガリといけるものとは知りませんでした。これなら作業が早い。ある程度均したら、あとはヘラにペーパーを貼り付けて削ります。しかし、上手く平らにするために2度ほどパテを盛りなおしました。ペーパーは#320>#500という順序で平らにしただけ。これから#1000あたりできれいにします。思ったよりは上手くいったかな?

ほとんど完成

ミラー取り付け6月は出張だ、なんだと忙しくしていたら、あっという間に10日以上経ってしまいました。いやはやいやはや。そんなんで、ほとんど何も進んでませんが、CLK-GTRは後ちょっとで完成です。本体としては目立つところでミラーを付けてみました。このミラー、Mercedesは赤と黄色でドライバーを見分けたりしますが、このCLK-GTRは赤ミラーです。いろいろと考えた結果、若干朱色っぽいシャインレッドを使うのが、一番それらしいだろうということでシャインレッドです。他の赤は赤すぎる感じがして、最初はガイアカラーのブライトレッドを使ってみたのですが、結局シャインレッドに落ち着きました。これにクリアーをコートして塗装は完成。取り付けは非常に細いところに取り付けるので、瞬着としました。ドアのヒンジを参考にしながら位置を決め、あとは問題となるところはないです。
それと、ドアのノブを取り付けたのですが、どうもデカールがずれていたようで下になるCLKの文字とは位置が合いませんでした。最悪なのは向かって右側で、デカールを逆さに貼った可能性あり。よく分かりませんが、とにかく合っていないことだけは確かです。作るときにはちゃんと確認しましょう(確認したつもりだったのですが...)
これで主要パーツは全て取り付け終わり。一部のエッチングパーツを残すのみです。次回あたりは完成しそうですが、時間が取れる日はいつになるのかな?
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる