N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デカール途中経過

F430デカール途中経過徐々にデカールを貼り進めます。大判のデカールを貼った後は、サイズの大きいものから小さいものへ、位置を見ながらの作業となります。作業をしてみた感想として、ゼッケンのデカールがちょっと曲者かと。特にフロントタイヤ後ろのゼッケンは一部タイヤハウスの中に巻き込まれます。単にデカールを貼っただけでは綺麗に巻き込まれてくれないので、ゼッケンのデカールを貼った後、はみ出た部分については細かく切れ込みを入れて巻いています。まあ、競技用車両を作る人はたいがいこの辺りのことは分かっていると思いますので、ここでいちいち書くことではないですが、とりあえず参考まで。このF430、それほどデカールの点数が多い訳ではないですが、まだちょっと貼り終わるまでに時間がかかりそうです。
スポンサーサイト

デカール貼ってます

ESCORTデカール青い塗り分けも終わり、いよいよデカールです。このESCORT、オークションで手に入れたのですが、そもそも元のキットが発売されたのは10年(!)以上も昔のこと。デカールだっていい具合に劣化してます。とはいえ、他にデカールもなく、ついて来たデカールを使うしか方法がありません。もちろん、オークションで出展してくださった方に文句もありません(というより、オークションに出していただいて、有り難かったというべきか)。デカールを見ると、さすがに年数がたっているだけあって、特に白い部分が変色しています。が、まあ、気にしないで行くことにします。このESCORT、一番目立つのはMobilのデカールで、ボンネット中央部にでかでかと貼られています。Mobilのデカールは、他の車でもたいがいこの位置に付けられます。考え見れば、Porsche911 GT1 Evoもそうでした。まあ、それで様になるのですから良いのですが。ドライバーはDelecourとBiasionの2人でしたが、今回はDelecour仕様で。やはりESCORTというとDelecourの車なんですよ。この当時、タイトルに一番近いところにいたドライバーとマシン。そのどちらも取ることが出来ませんでしたけど。このころのFordの車は、まだスポンサーもたくさんあり、調子の良かった様子がうかがえます。ここを頂点に、どんどんダメになって行くんですけどね。
デカール自体は過去に(もう10年も前に)貼ったことがあるので、これもいつか通った道ですが特にESCORTは覚えているんですね。当時の出来は、今考えると悲惨そのもの。でも、懐かしい思い出です。

リカバリ

リカバリデカールを持っていかれて、やる気を失っていたINTEGRAですが、ゾンビのごとく蘇ります。大分心の傷も癒えたので、再びコバルトブルーで塗装。正直なところ、似ている色とも言いがたいのですが、何となくそれっぽくなるので青い部分は全てこれで補修です。ラインの上下にマスキングテープを慎重にはって、エアブラシで絞りながら塗装。はがれた場所以外も色を合わせるために結構広範囲に吹き付けます。で、問題は吹き終わってから。ボディに貼ったマスキングテープは慎重に、慎重にはがします。ここで持っていかれれば、リカバリをしている意味がありません。今回は幸いなことに被害を出さずにすみました。これからまたサクサクといけるでしょうか?

デカール開始

デカール開始塗装もサクサクと進んだので、F430は早速デカールを貼り始めます。CLKもそうですが、競技用車両は基本大きなデカールから。F430の場合、ボンネットのカーボン調デカールから、ということになりますが、今回は気になっていたShellのマークからです。よく見るとShellマーク、一応白い縁取りがあるにはありました。が、あまりに細いのと透けそうなのでやっぱり何かしらの手を打たないとダメっぽい気がします。で、白下地にマスキングしたところに載せてみると、ほとんどぎりぎり。一応それらしく縁取りが残った、という感じでしょうか。もう少し白いところを多めにとっても良かった気もします。まあ、あまり白縁取りが太すぎても格好悪いのでしょうけれど。ここが載ればあとはいつもの手順。貼り忘れを起こさないように、ひたすらデカールと格闘の日々が続きます。

ボディの塗り分け

塗り分け完了ちょっと止まっていたESCORTですが、いよいよ塗り分けが終わりました。なかなか苦戦しましたが、とりあえずはモノになりそうです。デカールと違ってサイズが一様にはなりませんが、左右を同時に見ることもないので多少のずれは気にならない(気にしない)こととしてラインがそれなりに繋がっていれば良しとしました。一番の懸案はリアのウイングからCピラーに繋がるライン。こればかりはさすがにずれると問題なので、ウイング塗装後に組み合わせてマスキングの位置を合わせます。その後、塗装してラインを合わせました。わざわざデカールが入っているものを塗装するのもなんですが、これで少なくともデカールの切れ目だとか、マスキングで持っていかれるのだけは防げそうです。

ボンネット塗装

ボンネット塗装ボディカラーの赤と白を塗り分けると、残るはボンネットの黒塗装です。そもそもボンネットはデカールに入っている大型のカーボン調のもので貼ってしまえば完了ですが、さすがに透けると怖いこととデカールのサイズが足りない場合に困るので、下地の色として黒で塗っておきます。まあ、転ばぬ先の杖ですね。ボンネットのデカールは過去にINTEGRAでやられているので慎重に、ですがやらない訳にもいかない。できるだけ慎重に作業をします。塗装自体はそれほど問題なく完了。ボンネット部分はマスキングテープで、あまり関係のないところはラップを貼ってガードです。ラップは100円ショップで購入。これでかなりの範囲を覆えるのでコストパフォーマンス的にはかなり良いものです。

塗装完了

塗装完了ここのところ作業を進めているF430ですが、赤塗装を3回重ねて良い色になってきました。塗り重ねてみるとマルーンの選択は○でした。かなり期待していた通りの色になりました。しっかりとした濃い赤のおかげで下回りの白も映えます。懸案だったShellマークのマスキングも一応、それっぽく残りました。まだShellマークを合わせていないので、これで良いのかどうかは分かりませんが。ボンネットの黒い部分は未塗装。これからまたマスキングをして塗装予定。とりあえず、今のところは上手くいってます。

ボディカラー

ボディカラー(レッド)Shellのデカールを貼ったF430ですが、早速ボディカラーの塗装です。Ferrariというと、その印象から「赤」というイメージは非常に強く、鮮やかな赤が想像されがちです。Ferrariを好きな人なら大体走っていると思いますが、一口にFerrariの赤と言っても時代時代で相当に違う赤で、特に近年は朱色っぽい赤が主流になっているかと思います。が、今回のF430 CHALLENGE EUROPIAN CHAMPIONの箱絵に描かれたF430は、その赤がどうも朱色っぽくない、赤々しい赤(という表現があるのか?)で、これが下回りの白をより映えさせています。私の中のイメージもこの真っ赤ともいうべき赤で、Ferrariらしい赤ではないですが今回はこの真っ赤にしてみるべくボディカラーを選択しました。本来ならFerrariには使わないクレオスのマルーンを使用します。数々ある赤の中でも、相当に黒っぽい赤ですが、イメージとしてはこんな感じ。これを斑にならないよう、距離をとりながら、エアブラシを緩くしてゆっくりと吹き付けます。とにかくエアブラシは止めない。以前、この色では斑を作ってえらい目に遭ったことがあるので、できるだけゆっくりと吹いてゆきます。で、現在のところこんな感じ。ボンネットの部分はどうせカーボンなんで、あとから黒を吹きます。もともとの塗料よりは若干鮮やかさがありますが、赤としては予想していた通り深い色になりつつあります。まだ塗装は足りないのでこれからさらに吹き付けです。

Shellマーク

Shellマークボディの下地、ホワイト部分の塗装が終わったF430ですが、懸案が一つ。車体横のShellマークですが、デカールには白い縁取りがはいりません。箱絵を見ると赤いボディカラーのところにしっかりと白い縁取りのShellマークがはいっている訳で、白の縁取りが無いと様になりません。どこかから白縁取りのShellマークを探してくるのも手でしょうが、あいにく我が家にはそうしたデカールもありません。で、どうしたものかと思っていましたらLinkを張らせていただいているカツゲンさんのビギナーズモデルネットで同じ問題に取り組んでいらっしゃいました。下地をホワイトで塗装し、そこにマスキング>ボディカラー(赤)塗装>Shellデカール貼り、という工程で作業をすると、確かに段差も解消されそうです。良いことは真似しよう!ということで早速真似します。デカールはスキャナでスキャンし、取り込んだ画像を下地にCADを使ってなぞります。Shellの上部の円弧は一応、正円に近い形だったので円を利用。なぞるのは比較的簡単です。なぞったラインを一回り大きくし、これをマスキングテープに印刷してマスキングシートを作ります。さて、これで行けるはずですがどんなものでしょう?
で、人様からもらってばかりでは悪いので、Shellマークを印刷したシートのデータを置いときます。そんなに使う人もいないでしょうけれど、良かったら使ってください。もちろん、自己責任で、ですけれど。
F430ヨーロッパチャンピオン Shellマーク マスキング用シートデータ(pdf)

塗り分けてみた

マスキング終了大体のコツが分かれば、なんとか作業も進むもので、下書き用にコピーしたデカールを型紙に、どんどんなぞっては切り出して、貼ってゆきます。鏡状態で完成部分を想像しながら貼ってゆくのですが、たまに間違います。それでも一応、貼付け完了。凸凹した部分もあるので、完全に綺麗に塗り分けはできないと思いますが、それは後ほどタッチアップ。とにかくノウハウを得ることが重要です。唯一、リアウイングから繋がる部分はリアウイングを取り付けながら塗装する予定。見込みで作ってラインが繋がらない、というのが一番嫌なパターンです。
塗り分けで、塗装してみたらこんな感じ。思ったよりも上手くいきました。使ったのはTS-50マイカブルーのスプレー抜き塗料。思ったよりも青かったのでしくじったか?と思いましたが、まあこのくらいの青さも良いかと思い直しているところ。すっきりした青さになりました。デカールの青よりは明らかに鮮やかなのでデカールとの混合使用は避けるべきですね。かなりの箇所でタッチアップが必要なようですが、とりあえずは上手くいきました。

こんな感じか?

塗り分けマスキング昨日のマスキングですが、ようやく分かって来たかな?というところで貼付け作業開始です。まだ頭の中はこんがらがることもありますが、たぶんこれで合っているはず。貼ってみると意外と間抜けな感じ。所々にあるスリット状のマスクも、こんなちゃちな感じで良いのか?と思いながら貼ってますが、多分良いのではないかと。まあ、塗装後は多分補修は必至。まずはやってみたかったのだから仕方がない。ということで頑張ってみます。

塗り分け

デカール?最初に描いた通り、今回のESCORTの目標は、あの青い塗り分けを塗装で行うということ。どうしてもデカールによる貼付けではしわが寄ります。また貼り方にもよるのでしょうけれど、余る/足りない部分が発生し、どうしても理想的な状況にはなりません。もちろん、超絶に巧い人ならばやってのけるのでしょうけれど私には無理。ということで、なんとしても塗装で今回は作り上げたい、と。で、考え方としてはデカールの余白部分を作ってマスキング、なのですがどうも良く分からない。考えてみるとデカールはいくつかの部分に分割されているもの。ということはこの組み合わせが分からないと、どの余白とどの余白がくっつくか分からないわけで、意外と難しいパズルです。で、考えていただけでは分からないので、デカールをスキャンして、マスキングテープに印刷してみました。それを切り抜いて、ただいま勉強中。

折れやがった...

ステアリングロッド久々のカウンタックですが、全くと言っていいほど進んでいません。ちょこちょこといじってはそれでおしまい、というか進める気にならないので放置してます。が、先日事件発生。まあ、再三にわたって指摘している通り、このカウンタックのモデル、異常に折れます。プラの材質が弱いにも関わらず、すべてのことをプラでやっているため負荷が掛かるのかボキボキとあちこちが折れ、その度に真鍮線やら何やらで補強です。が、ついに前輪を結ぶ軸が折れました。しかも赤で囲った2カ所。こいつはすでに組み立て上がっている部品の中を通っていたものなので、つないだところで通せません。どうしたものか...というか、もういい加減何とかならんもんかいな。

Type-Rであるということ

Type-Rデカールを持ってかれて、ふたたびすっかりやる気のなくなったINTEGRAですが、よく考えてみればもう一度デカールを頼めば良いんでないの?ということでデカールを発注しました(本当はそんな単純な問題ではないのだけれど...)。で、FujimiのINTEGRAには、もう一つデカールを頼む理由があります。それはテクノプロスピリットの方には、Type-RのHONDAマーク、いわゆる赤バッチがついていないのです。もちろん箱絵にはしっかりと描かれているのですが、デカールにはいっさいそれらしい姿がありません。赤バッチのないType-Rなど、なんと、様にならないことか...。ということで、様々な事情からデカールを購入。にしても、最初から入れてくれれば何の問題もないことなのですが。

改めてボディカラー

ESCORTボディカラー昨日は失敗してしまったESORTのボディカラーですが、改めて白を吹きます。昨日発見したMr.COLORのスーパーホワイトIVは、なにやらネバネバに固まっていて、とても使えそうにない状況だったのですが、昨晩より溶剤を突っ込んで一晩寝かせたら、それなりに使えるような感じになっていました。といっても、筆で塗れるような感じではなく、あくまで色付きのもの、というのが正しい雰囲気ですが。で、これをエアブラシ用の溶剤で溶きまくり、なんとかエアブラシで吹けるくらいのものにします。で、これを使ってESCORTのボディを塗装。こんな塗料なんでどうなるかと心配でしたが、なんとか吹けるものです。色は...さてどうなんだか。一応、白くはなりましたが、こんなものかな、という感じ。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。