N's Factory - CarModelStudio

web_logo

ターンシグナルまわり

ターンシグナルまわり引き続きカウンタックです。他の車はクリアー吹き付けなど、地味な作業中。それ以上に仕事が忙しくて進んでません。で、カウンタックのライトまわりのうち、ライト下のターンシグナルですが、ここはカバーがしてあってカウンタックの表情を出す上では非常に重要な部分です。カウンタックを見たのは遥か昔。遠い記憶を辿りながら作業をしていますが、このカバーの中はシルバーで塗装するとのこと。そうだったかな?と思って考え直してみると、確かに黄色いカウンタックのこの部分はシルバーでした。それでライトと間違った記憶が...。ということで、早速マスキングしてシルバーの塗装。で、それと同時にターンシグナルをオレンジで塗り分け。カバーもスモークグレーを吹いて、カバーの縁をセミグロスブラックで塗装です。どうも、こういう細い部分を残して塗装するのは苦手です。失敗しそうな気がしながらマスキング、そして塗装すると...やはりなんか太くなってました。やむを得ず、これで接着。なんとも、ぎょろぎょろとした感じになって、悪人面になってしまいました。なんだかな...。ついでにターンシグナルも左右を間違ったのか、オレンジの部分がなんか少なめ...。やっちゃったんで、諦めます。

リアの窓

リアサイドの窓順調?なカウンタックです。いえ、既にかかっている時間が順調ではありませんが。今回はクリアーパーツをやっつけよう、ということで加工にかかりましたが、やはりそんなに簡単には進みません。で、その中でも比較的マシだったリアサイドのウインドウ?を取り付けました。まあ、このキットのいつものパターンで、バリはあちこち、パーツの合いもほとんと現物合わせ、で、さらにクリアーパーツはペーパーで均一にならします。#1500位から始めて#2000、コンパウンドで仕上げ。それにしてもこのクリアーパーツ、分厚い。他の部分が恐ろしいほど細かいパーツさえもプラスチックでやっているというのに、このクリアーパーツについては無神経なほどに分厚い。さらには表面が荒れ放題。取り付けには苦労しませんが、むしろ、なんというか、複雑な心境。
さらにここから、クリアーパーツを進めます。

カーボンボンネット

カーボンボンネットF430 Challengeもデカールが貼り終わってクリアー塗装。工程がESCORTと似ているので、日記も比較的同じ内容になりがちです。詳しくはESCORTを見ていただいた方が...。で、このキット最大の懸案だったカーボンボンネットですが、今のところ順調。最初に吹いたときは皺が寄っていましたが、クリアー塗装をした後#1,200で均したら、かなり良くなりました。まだまだ表面は荒いですが、これから順次クリアー塗装で磨く予定です。

デカール貼り終わりからクリアーへ

Mobil1デカールデカールを貼り終わったので、クリアーです。競技用車両のクリアー塗装は初めてではないので、一応いつもの手順を取ります。全体を水で洗って糊を落とした後、まずは荒めにクリアーで塗装。クリアー層を作るために吹く訳ではないので、それなりにかかっていれば良いです。デカールが変にしわになるのを防ぐため、いきなりクリアーをたっぷりとは吹きません。で、時間をじっくりとかけて乾燥させたら、またクリアー。数回繰り返して全体が馴染んで来たらクリアー本吹きです。こっちはじっくりと塗装。このころならばがっちりとクリアーを吹いても大丈夫なはずです。しかし、デカールが多い車はクリアーで隠すので、時間がかかります。

工程はあとちょっと

マフラー長いこと放置していたCR-Xですが、マフラーを取り付けました。実は、マフラーのパーツがどこかにいってしまい、探してました。よほど、アルミパイプから切り出して、それっぽく砲弾型にしようかと思いましたが、オリジナルを尊重してパーツの捜索です。で、よく見てみたら、まだ切り出していなくてランナーに...。余計なメッキがついているので、漂白剤にぶち込みメッキ落とし。で、いつもの通り黒下地>シルバー吹き付けで出来上がりです。今の世の中から考えるとショボい感じですが、この時代は2本出しが格好良かったわけで、時代の流れですね。
残るはナンバーのみ。だけど、ナンバー用のロゴは全部使っちゃったんだよなぁ...

エンジンフードのクリアー塗装

エンジンカバーここのところ連続しているカウンタックですが、ともかく失敗が多いのもこれ。以前、エンジンカバーでは大苦戦をし、結局カバー上部の接着部分は折れて継ぎ目が見えている状態であきらめてました。しかし、今回、他の部分に手をつけたのを機に、もう一度やり直してみることにしました。このエンジンカバーですが、すでにヒンジ部分は真鍮線に置き換え、ヒンジの先のアーム部分も真鍮線で補強、とガタガタにやってます。それにしても、補強無しでは歪む、割れる、折れる、どうにも進まないキットですが、今回は上部のパーツを瞬間接着剤で接着>裏側からも流し込み>ホワイトパテを擦り付けるように盛りつけ>#400からゆっくりと削る。力を入れれば歪んで割れてしまいます。しかし、逆側から力をかければ、同じように割れます。なので力を入れず、ゆっくりと。そこそこ頑張った結果が画像の通り。拡大では見られませんが、これならまあ良いところでしょう。

基礎的加工はまだ続く

カーボンボンネットリペアに次ぐリペアで、何がなんだか分からないINTEGRAですが、再びクリアー。今まで使っていたガイアのクリアーが切れたのでMr.COLORのスーパークリアーIIIを使っているわけですが、何となくスーパークリアーIIIの方が、塗膜が硬い気がします。磨いていても、なかなか磨けない。その代わり、しっかりと磨けるのでこっちの方が良いかな?今回はボンネット。なんだかガタガタしていて不満だったところですが、タミヤの#1500>コンパウンド3点セットで、それなりに満足できる感じになりました。
で、肝心の本体は、まだまだ全然先が見えません。

ひさびさのカウンタック

リアの部品久しぶりにカウンタックの更新です。前回はフロントタイヤのロットが折れた話で終わってましたが、あれは気にしないで行きましょう。どうするかは考えてません。で、そっちはともかく、ボディが終わらないことには全然進みませんので、なんとなくボディを進めます。考えてみれば、足掛け5年(!)というやる気のなさで全然進んでいないカウンタックですが、その間に技術の進歩は凄まじく、最初の頃にやった工作はやり直したい物ばかり。これも進まない要因の一つです。今回はともかく部品を付けよう、ということでカウンタックの特徴的なリアの部品群を取り付けました。工作としてはなんら難しいところのない物ですが、クリア>磨きの工程をしっかりと経て、それぞれ取り付け。やはり古いキットだけにバリをちゃんと取らないとダメですね。左右のパーツが全然違う形(!)だったりしますけど、気にしない、気にしない。
ランボルギーニマークが...で、勢いに乗って他のパーツにも手をつけていたら...げ、やった。クリアーをぶち抜いて、ランボルギーニマークが...。これは不味いです。どうしたものか...。またデカールを頼まないとダメかな。なにせ小さいところなので、自分で描くわけにもいかず、かといって目立つので付けないわけにもいきません。しかし、参ったなぁ。クリアーは吹いていたので安心していたのですが、まさか、というところです。それまでいい感じだったのに。

忘れてません

リペア&赤バッチType-Rの赤バッチ以降、手をつけていない
INTEGRAですが、多少前進。A-SPORTSの方は先日のリペア部分にクリアを吹き付け。多少厚くなりますが、吹いてはヤスリ>均してクリアーという工程を繰り返しながら、へこんだ部分をごまかしてみます。もう一台、TECHNOPRO-SPIRITSの方は赤バッチを貼って、クリアー。こっちも段差が目立たないようにクリアを厚吹き。上手く段差が消えてくれると良いのですが。

こっちもデカール終了

デカール終了ちょうど、工程的にF430と同じ道を辿っているので、ESCORTもデカール終了です。メタリックブルーの部分を今回はデカールではなく、塗装でやってみよう、という企画のもと始めたESCORTですが、ボディ側のデカールを貼ってみるとそれまでの違和感は大分薄れます。変なしわが寄っていない分、他のデカールも貼りやすい感じを受けるところもありました。1ヶ所だけ、デカールを左右貼り間違えたところがありますが、気にしない気にしない。何も見ずに当てられたら、相当のESCORTファンだと思います。
次の段階では、これにクリアー。比較的楽にいけるのか、今から楽しみで、心配です。

デカール終了です

デカール終了出張とかでちょっと気を抜くと、あっという間に7月も1/3が過ぎていました。深夜のサラリーマンモデラーはなかなか仕事が捗りません。ついでに作業工程がデカールでは、絵すら様になりません。で、ようやくデカール貼り終わりです。前半戦で苦労した大判デカールを終えてしまえば、さほど難しいものはないこのF430ですが、とにかく競技用車両ということでデカールが多い。貼ったかどうかを確認する作業の方が手間でした。箱絵とは一部イメージの違うデカールもありますが、細かいことは気にしない。やはりボディカラーに使ったマルーンが効いているのか、全体的にパキっとした印象に仕上がったように思います。
ここから十分に乾燥させて、クリアーに入りたいな、と。その前にそろそろボディ以外にも手をつけたいところです。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる