N's Factory - CarModelStudio

web_logo

窓周り

リアウインドウまわりボディの方のクリアーはほぼ終わり。かなり車らしい姿になって来たF430ですが、ボディのクリアーが終わると、ウインドウまわりの黒を塗装します。車モデルの最大の魅力はボディのクリアーだと思うのですが、これを引き立たせるには窓周りの塗装がもっとも重要と思います。ここをきっちりと出せれば、かなりしっかりしたモデルになりますし、ここがガタガタだと、他が素晴らしくてもみすぼらしいものになりかねません。やり方としてはいつも通り。マスキングテープを一度貼って、弱めてから窓周りに貼付け。窓の凹みを利用してマスキングテープにくぼみを付けると、そこをデザインナイフで切断します。ナイフは新しい刃にします。で、何度も切らずに一回で、しかも切りすぎることなくマスキングテープのみを切断します。ゆっくりやれば、マスキングテープとプラスチック(もしくはクリアー)とは固さが違うので感触で分かります。で、塗り分け部分を切り抜いて、エアブラシで塗装。ちなみに大面積部分はラップで保護しています。塗装後は出来るだけ早くマスキングをはがします。はがすときは慎重に。でないとデカールごと持っていかれる可能性があるので。で、今回はこんな感じ。まあまあ上手く行きました。これで相当に車らしく、しまった感じになります。

脚廻り組み立て

脚廻り組み立てようやくパーツが揃ったので、F430の脚廻りの組み立てです。とはいえ、F430についてはTAMIYAと違い随分と脚廻りは簡単になっています。ブレーキディスクとその受け軸はいつものFUJIMIらしい出来上がり。今回は面倒なのと見えないだろう、ということで極力塗装は省いています。ブレーキディスクについても、裏側は塗装せず。ただし、ディスクと一体になる部分は成形色が赤だったのでさすがにまずいだろう、ということでセミグロスブラックで塗装。それ以外は手を加えていません。このパーツとディスクを接着するのですが、ブレーキディスクは右も左も同じ番号。ですが、どう見ても右と左があります。もう切り離してしまって、どっちがどっちか分からなくなっていましたが、実は受け側のパーツも左右で違う形状のため、ぴったりと合うのは正しい組み合わせだけです。できれば、別々の番号にしてくれた方が親切、ってものだと思いますが。
で、これらのパーツですが、車体側に取り付けるのは基本的にアームのパーツで挟むように取り付けます。ここでも正しい向き以外に取り付けると、上手くいきません。なんか、有り難いような、おせっかいのような...。で、これらのパーツはネジ止め。以前、TAMIYAのNSXでネジ止めは体験しましたが、正直プラモデルにネジ止めは止めてもらいたい。なにせ、力が余って割ってしまっては元も子もない。加減が分からないので、あまり好きではありません。まあ、壊さない程度に締めて完了。
画像にはありませんが、この後、シャシーに穴をあけて固定用のネジを接着します。今回は、前方が室内バスタブの影響でネジの位置が全く取れなかったので、後方のエンジン下の部分にネジを付けておきます。

V8エンジン

エンジンブロックここ最近のV8スモールFerrariは、その特徴としてミッドシップにマウントしたエンジンが、リアのガラスから見えるのが大きな特徴となっています。F360しかり、F430しかり。Ferrariに限らず、AudiのR8なんかもそうなので、世界的な傾向かも知れません。で、F430 Challengも当然そうなるのですが、このモデルのエンジンについては説明が全然出来ていません。そもそも塗装の塗り分けに間違いがあるし。キットでは赤く塗装する指定になっているエンジンヘッドですが、Challengeについてはグレー?(ブラック?)で、間違っても色付き塗装ではありません。一般型のF430は赤ですが。フレームの色も指定がないのですが、写真を見る限りシルバー。なんだか良く分からないし、当てにならないのでこの部分は取説を無視し、画像から判別。エンジンヘッドについては、ヘッドをメタリックグレー相当色、後ろ側に繋がる金具部分をシルバー、後方の機材部分をセミグロスブラックで塗装。もっと違う気もしますが、これはこれで良しとします。何せ良く分からないので。エンジンヘッドは多分ブラックが正解だと思います。フレームにつてはライトステンレスシルバー。ようやくこの色も使う部分が出てきました。他の部分はセミグロスブラック。自身のある人はパイピングなどするようですが、今回は単純にキット通り。色だけ考えます。これに室内後方の窓を取り付けて、エンジン周りは終了。

室内を作る

室内シートの出来上がったESCORTですが、そこからじわじわと作業を続け、何となく室内っぽくなってきました。ESCORTの場合、バズタブ式ではないので、楽なような、そうでないような...。本当はシートの後ろに大きな赤いタンクを付けるのですが、まだ塗装が終了していないので今回の更新では未取り付け。このタンク、先日購入したプレミアムレッドで塗装してみました。赤塗装なので、しっかりと下地はベースホワイトで塗装。その上からプレミアムレッドです。で、感想は「これ、ポストの赤っぽくね?」確かになんともいえない色です。一言でいうなら、やっぱり「赤」。といっても、ガイアのブライトレッドやクレオスのモンザレッドとも違う系統の色です。で、いろいろ考えたのですが、結果として思い浮かぶのはポストの色。でもいい色です。本当に「赤」という色。使える機会を考えて使ってゆこうかと。2本買ったのは正解かな?
後方に付いているBox形状のものはガイアカラーのダークステンレスシルバーで塗装。箱絵を見ていると、なにやら相当に黒っぽい感じなので、ついに使うときが来たか、といった感じ。

ようやくトンネルを抜けるか?

F430ボンネットここのところ、作業はしているが代わり映えのしないことを続けていました。どうも作り方の癖らしく、他の人の様に一発でクリアーが決まりません。クリアー>荒いペーパーから細かいペーパー>コンパウンドで終了、といかないので、ちまちまと磨いてはクリアー、磨いてはクリアー、とやってます。で、ようやくここまでたどり着きました。だいたい、いい感じに反射してくれているかな?という具合。超絶な光沢、なんてことはあり得ませんが、まあとりあえずゆがみも少なく、周りの景色を写し込んでくれています。大面積のデカールが心配でしたが、今のところは大丈夫みたいです。これが出来ればボディもそれらしく手を加えてゆけます。

地味な絵面

小物ばかり...やっていない訳ではないのですが、ここのところ更新が滞ってます。というのも、こんな作業をちまちまと。基本的には深夜モデラーなので、眠い時は寝る、時間がないときはやらない、とやっているとほとんど進みません。で、ようやく数を揃えてセミグロスブラックの吹き付け。これも下地になってみたり、室内の小さい部分に付くだけだったり、ともかく大勢に影響のない部分。絵も地味で、果たして更新する意味があるのやら。ただ、こうした部分で手を抜くと、後でがっかりすることも確か。今月はあまり進まないかも。

地味な絵と地味な作業

ボディ磨き途中F430は地味にクリアーを繰り返しながら、ボディを磨いています。といっても、あまり時間は取れていませんが。このボディを磨く作業、やっている方は楽しいのですが、日記的には何も書く事がありません。
で、ボディのクリアですが、やり始めてみるとボンネットに何やらキズが数カ所。さほど深いものではないのですが、そのままだと目立ちます。これを埋めるために、クリアを筆で盛る様にのせて乾燥させた後、 #1,000>#2,000で均して表面を整えます。段差はクリアを吹きながら、徐々に埋めて目立たなくしました。ぼちぼちとやっているので、まだまだ時間がかかりそう。

センタートンネル修正

センタートンネル修正室内を作り始めたESCORTですが、一つ気になることが。床の部分となるシャシーですが、裏側にセンターデフやら何やらを取り付けた跡がそのまま床面に出てくる状態です。ホゾになっているので、しかたがないかもしれないのですが、実車にはそれらしいものは見当たりません。多分、こんな風に穴は開いていないのではないかと思います。さっそく修正、ということでパテ盛りです。今回、ベースとなる部分の作成にはアルテコを使用しました。ここのところ使っていなかったので、おかしくなっていないか少し心配でしたが問題無し。硬化させて削ってみたのですが、やはり何か気に食わなかったのでTAMIIYAのホワイトパテで表面を修正してみました。まあ、こんな風ではないかな?

シートの作成

ESCORTシートESCORTの内装関連にもそろそろ手を入れて行きます。まずはシートから。過去にESCORTは作っているのですが、シートに関しては全く記憶無し。取扱説明書を見ると、シート自体はXF-8、つまりフラットブルーで塗装せよ、との指示。さて、前に作ったときは青だったっけ?と思いながらも青く塗ります。クレオスなどの青は藍色というのに近い色ですが、TAMIYAのフラットブルーはどちらかと言えば鮮やかな青。アクリルで塗装する気はありませんので使えそうな青を探してみると、ガイアカラーのウルトラブルーが使えそう、ということでシートはウルトラブルーで塗装することに決定。シートのうち、底面の一部とシートベルトの通る場所は黒指定ということで、先に黒を塗装して、マスキング。その上からウルトラブルーを吹いて、墨入れをして、シートベルトのデカールを貼った後につや消しクリアーでツヤを押さえます。で、出来上がるとこんな感じ。画像だと、デカールの辺りにツヤがありそうですが、実際はまあまあといったところ。今回の墨入れでは、拭き取りにガイアノーツのフィニッシュマスターを使ってみましたが、なかなか良い道具です。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる