N's Factory - CarModelStudio

web_logo

正直、もうやだこのキット

ライト周りのっけから絶望的なことを書いていますが、正直な気持ち。INTEGRA、頑張ってみてますがどうにも似てないキットですね。前にも書いた通り、フロントのライト周りはもはや実車とは似ても似つかぬもの。実車も褒められるほど立派な造形だとは思いませんが、このキットは論外で酷い。まあ、それでもなんとか作りますが、なんでこんな風になったんだろうか?
まず、ウインカー?と思しき箇所が2箇所あります。ハイビームとロービームの中間の三角形の部分にオレンジ色のランプがあることになってますが、キットでは一切オミット。かなりの絶望感が漂います。で、資料を探そうと思ったのですが、意外とこの部分がどうなっているか、という資料が見当たらず。面倒になったので、その部分を三角に塗装することとしました。実際は絶対に違うのでしょうけれど、よくわかりません。下地にスターブライトシルバーを塗装、その上にクリアーオレンジです。
一方、クリアーパーツの方もなかなかすごいことになっていて、エッジ部分に車幅灯とウインカーが付いています。これも塗装するわけですが、今度は順序が逆。クリアーオレンジの部分を残してマスキング、そこに先にクリアーオレンジを吹いて、一部マスキングをはがしてからスターブライトシルバー。これで表面から見れば、2色塗り分けのレンズ部分の完成です。
にしても、なんか全然似てない。ついでに実車ってどうなってんだろう?

ライト周り

ライト周りなんだかリアのランプ周りが上手くいったので、気を良くしてフロントのライトも塗装してみました。前に、筆で中だけ塗ってみたのですが、なんだかガタガタのギタギタで気に食わなかったので、がっちりマスキングして吹き付けです。INTEGRAのライトは奥まった部分にあるのですが、ある程度前方まで反射板があり、それをどうするかが大問題。左右でサイズが合わず、なんとも...となるのですが、気にせずにとにかく内側を無理矢理マスキングしてすませます。で、ここにスターブライトシルバー。らしくなればいい、ということでやってみると意外と上手く行きました。下から見上げることもありませんので、もっぱら上から吹いただけ。ライトの内側、上の方は塗れてません。それでもキラキラしたライト周りはそれらしくていいです。ただ、ウインカーとか車幅灯とか、めちゃくちゃ実車とかけ離れてます。なんでこんなになったんだろう?

リアランプ周り(ESCORT)

リアランプ周り同じような工程で作業をしていると、やることも同じだったりします。INTEGRAのリアランプ周り塗装と同じく、ESCORTもリアランプ周りを塗装しました。こっちはベースがただのブライトシルバーなので、あまりキラキラしていませんが、それなりには上手く塗り分けられたかと。これもINTEGRAと同じく流し込み接着剤で固定します。こういう部分の造形でもESCORTは古い車だということを実感します。まあ、それが時代なのでしょうけれども。
続いてリアウイングを取り付けるべく、作業中。ある意味、一番ESCORTらしいパーツです。

ライトのパーツ

リアランプ周り恐ろしいほど前回と代わり映えのしない絵ですが、INTEGRAのリアパーツを組み込んでみました。これと言って特に工夫らしい工夫もないのですが、このINTEGRAのパーツ、塗り分けが面倒です。ウインカー部分とバックランプ部分、一応は凸凹があって、どう塗り分ければ良いかは何となく分かるのですが、なにせパーツが小さいのでここにマスキングテープを貼るのが一苦労。面倒になったので、先にでかくマスキングテープを貼って、凸凹に合わせてデザインナイフで切り抜きました。よくみると左右でサイズが違ってます。このパーツを流し込み接着剤で固定です。流し込み接着剤を極力扱いてほとんど接着剤が無い状態にして、ちょっとだけ境目に当てる、これを繰り返して固定します。染み込むほど付けると折角塗装したクリアーレッドが酷いことになります。慎重に作業を進めて、今回はそこそこ成功。一部塗装が薄くなった部分はありますが。
このリアランプ周り、実車だとクリアーレッドの部分が細かな筋も無い、まっさらなパーツで出来ていたと記憶しています。その意味では綺麗な部分なのですが、作るのは難しい。ライトの内部をスターブライトシルバーで塗装しておいたのは結構意味があり、それらしく見えるものです。

リアランプの中身

INTEGRAリアランプ昨日に引き続きINTEGRAです。DC5型INTEGRAのライト周りは前も後ろも涙目。正直、模型も実車も好きではない涙目ですが、DC5型の特徴と言えば特徴でもあります。それが証拠に涙目を止めた後期型DC5型はもはや何の特徴もない車という印象しか残っていません。この涙目、後ろ側の塗り分けですが、塗り分けは面倒です。しかし、マスクしなければどうにもならないので頑張ります。やり方としてはいつもの通り、マスキングテープを多めにはって、デザインナイフで切り取り。あまり刃に力を入れすぎず、とはいえ一回でテープだけを仕留めるべく、絶妙な力加減が要求されます。ナイフの刃は新しいものに替えるのが吉。ケチって失敗しては、元も子もありません。マスキングテープはあまりたくさん貼りすぎず、細かく貼った方が良さそうです。で、上手く貼れたらガイアカラーのスターブライトシルバーを吹き付け。やはりメタルマスターとスターブライトシルバーの組み合わせはこういった部分で絶大な効果です。かなりキラキラしたライトの中身になります。あとは頑張ってリアランプのクリアーパーツを塗り分けることが必要です。

F430完成

F430完成細々した物が残っていたF430ですが、ミラーとエアジャッキのバルブを付けて完成です。一応、今回の挑戦だった赤ですが、思い通りの色にはなったかと。他のサイトではFerrariの赤、いわゆる若干朱色っぽい赤を使う例がよく見られます。しかし、今回挑戦したかったのは赤い赤、箱絵のような赤を出すことでした。なかなか写真では上手く表現できませんが、実物はより赤い色になっています。FUJIMIのキットも昔に比べて随分と良くなったのを感じられるだけの物になっていました。F430という車も360Modena同様、最初は好きでもなかったけれど、作っているうちに印象の変わった車になりました。できればもう一度Challengeを作ってみたい、と思うキットでした。

ウインドウマスク

ウインドウマスク久しぶりのINTEGRAです。ごく一部のキットを除いてウインドウマスクは付いていませんが、前に紹介しましたItalianHorses Home - Ferrari Model Cars in 1/24 Scaleの窓塗装の方法でウインドウマスクを作れば問題ありません。今回もこの方法を使ったのですが、マスキングテープはTAMIYAの40mm幅の物が一番良いようです。今回はTAMIYAの18mmのものと両方使ったのですが、18mmはなかなか切りにくく、デザインナイフで切れていない部分もありました。40mmだとなぞるだけで綺麗に切れる。ItalianHorses Homeでも40mmを使っていましたが、そういう理由もあったのかと。

CR-X完成

CR-XフロントCR-Xフロント忘れていたわけですが、CR-Xに最後の手を加えました。といっても単にナンバープレートを付けただけ。ナンバーをどうしようか迷っていたわけですが、結局CR-Xのロゴにしました。どうにもキット付属のナンバープレートは厚くて嫌なので、プラバンから切り出し。これを黒に塗って、過去に作ったCR-Xのあまりデカールからロゴをもらってきて、完成です。最後の最後で燃料切れ、放置になってしまいましたがとりあえずはこれで終了。なんとも懐かしい時代の思い出が蘇るようなキットでした。ただ、やはり元車の造形も、キットの造形も古いことは事実。まあ、それが良いのでしょうけれど。
完成したCR-Xはこちら

もう少しで出来上がり

はちまきデカール忙しかった10月も終わり、なんとかペースを戻したいのですが、なかなか思う様に行きません。そろそろF430とESCORT、どっちも片付けたいのですが。さて、またまたF430にちょっとだけ手を加えました。ボディの方はほとんど出来上がり。細々した物を取り付ける工程が残っているのですが、その中の一つが残りのデカール群。特にはちまきなどの、クリアーパーツに取り付けるタイプの物です。ボディなどクリアーでコートする部分のデカールは、当然ながらクリアーを吹く前に貼付けますが、クリアーパーツなどに付けるタイプの物は最後の最後。で、この場合問題になるのはデカールの余白です。透明ながらデカールの余白に何かあるのは気になる物ですが、今回はさほど目立たなかったのでそのまま。あまりにも余白が多ければ、デザインナイフで切るしかありません。ほかにもセミグロスブラックの部分に貼るデカールもこの際貼付け。あとは室内のミラーと後部のエアーバルブを付けるのみです。寒くなって来たので、なかなか作業が捗りません。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる