N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアウイングとハチマキ

リアウイング
ハチマキここのところ集中的に過去の作業途中だったキットをやっつけにかかっています。新しいキットに取りかかりたい反面、これ以上過去の遺産を残しておくわけにはいきません。なんとしてでもここで問題を解消しておこうという心構えです。さて、INTEGRAも片割れが放置されっぱなしですが、オートアドバンスは完成に近づいてきました。今日はリアウイングとハチマキの取り付け。このオートアドバンスのINTEGRAが何のレースに出ていたのかは良くわからないのですが、とりあえずゼッケンもついていて競技用車であることは間違いなさそうです。なので(?)フロントガラス上部には、今は亡きHONDA VERNOのハチマキ。リアウイングはデカール貼りまくりのノーマル形状のリアウイングがつきます。まあ、これだけでかければ若干の空力効果も期待できるのでしょうか?まあ、DC5型の特徴ともいえるでかいウイングです。これが付くとあとはワイパーとドアミラーくらいで出来上がりでしょうか?もっとも、タッチアップした部分がかなりあるので、もう一度クリアーを吹いて磨く部分がかなりありそうな展開ではありますが。それでも、それなりに形になってきたのでちょっと安心か。いまだ、このオートアドバンスの完成作例を見たことがないので、何はともあれ完成させたいかと。
スポンサーサイト

ウインドウ取り付け

ウインドウ取り付けなんとなく気乗りがしないまま、またもや時間だけが過ぎていたINTEGRAですが、ようやく前進。ボディ側の塗装を失敗していた部分を補正して、ウインドウをボディに取り付けました。これでボディ、室内、シャシーが一体に出来ます。このINTEGRA、よくみたらワイパーの取り付け位置に孔が開いていません。自分で開けなきゃならんの?
まあ、今更そのくらいで驚いたりはしませんが、随分自分でやるところがあるなぁ、と思うことしばし。まあ、それでも車らしい形になったのでOK。早く終わらせたい...

ウインカー

ウインカー先日のリアウイングに引き続き、細かい作業を。今回はフロントフェンダー部分に付くウインカーです。細かな透明パーツですが、取り付け用の孔が開いています。ここにパーツを取り付けて終わりです。すんなり付くかと思ってましたが...付きました。珍しい。なにせこのキットは、ありとあらゆるところで苦しめられているので、ついつい悲観主義に落ちがちです。付いた姿はお世辞にもそれらしいとは言えませんが、まあ、ともかくちょっとずつは完成に近づいているわけで、まあもうちょっと頑張ろうかと。

リアウイング

リアウイングカウンタックもようやく形になってきました。これからは細々した付属品を付けて行くことになります。その最初がリアウイング。カウンタックというと、どちらかというとリアはスッキリとした印象なのですが、この形で200km/hオーバーで走り回るとすると、リアウイングは必須でしょう(あくまで想像)。決してリフト量の少ない形状ではないので、やむを得ないことかと思います。このカウンタック5000Sには、こうした巨大なウイングがつきます。どれだけ効果があったかは分かりませんが、大きさは立派なものです。3パーツからなるウイングですが、取り付けは凹状になったリアセクションの出っ張ったところに支柱が付く形。支柱部分が傾かない様にだけ注意しながら取り付けて完了です。目立つパーツですが、取り付けてよかったのか悪かったのか...イメージが変わります。

完成が先か、崩壊が先か

サイドミラーとワイパーようやく、カウンタックのミラーがつきました。ボディは大体出来上がっているので、こうした小さなものが次々に出来上がれば完成も近いかと。ワイパーはエッチングに置き換えるのが定番の作業ですが、ここではキット付属のものを。これ以上手間はかけられません、というかかけたくありません。で、この作業中についにドアのヒンジが折れました。別に開け閉めして遊んでいたわけではありませんが、単にはめ込んでいるだけなのでぶらぶらとしているところで、ドアミラーを付ける作業中に動いてボッキリ。懸念していた様にプラスチックにひびが入っていました。ヒンジ自体は補強していたのですが、補強した端の部分から。あっちを補強すればこっちが、こっちを補強すればあっちが、といった具合にカウンタックのキット自体がすでに脆くなっているのかぼろぼろです。はたして、完成するのが先か、崩壊するのが先か。

シート取り付け

シート取り付け赤内装をどうしようか、ようやく進めたINTEGRAですが、ちまちまと室内を作ります。シフトノブとサイドレバーは先端部分にシルバーを筆塗り。ハンドルには赤のHONDAマーク。テクノプロスピリッツのINTEGRAには赤いHONDAマークが入っていませんので、スペアで取っておいたオートアドバンスのものを貼ります。というか、本来どうするものなんでしょう?記号は書いてあるけれど、そもそもものがない、という状況です。いやはや、いやはや。で、ここにようやく赤いバケットシートが登場します。塗装したのは随分と前のような気がしますが、ここにきてようやく取り付け。これでINTEGRA TYPE-Rらしい雰囲気になりました。

マフラーの取り付け

マフラーカウンタックをじわじわと進めます。だんだん形になってきたカウンタックですが、今回はマフラーの取り付け。マフラーのパーツが入っていたはずなんですが...これまたどっかに行ってしまいました。まあ、最初からキットのパーツは付ける気がしませんでしたので、無くなっても気にしません。最初からマフラーのパーツはアルミパイプで置き換え予定。アルミパイプですが、外径2.6mmのものを7mm程度に切って長さをそろえます。小口をやすってそれなりに整形。あまりきらきらするのもどうかと思いましたが、影になって見にくい場所なので汚さずにそのまま取り付け。接着は瞬着を使って取り付けます。アルミパイプはもともとプラのパーツを取り付けるための突起に接着。サイズもちょうどいい感じです。アルミパイプでマフラーを作ると、何となくそれらしくなるので、結構多用します。もう少し肉薄ならもっと良いのでしょうけれど。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。