N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々完成

ESCORTフロントESCORTリアここのところ珍しく完成続きですが、ESCORTもようやくやっつけました。前回のライトポッドでほとんど出来上がりでしたが、下面に取り付けるパネルの色が、手持ちの色ではどうにも、という状況で止まっていました。で、ようやく色を購入して塗装、完成です。取説にはTS-46ライトサンドで塗装しろ、となっていましたが、このライトサンドという色が何を示すのか良くわかりません。ケブラー地のものでもなく、何の色なのか不明ですが、分からないので同じ色で。ただ、ライトサンドなる色はクレオスには無いので売り場で似た色を探すと、どうもタンが近いかな?もっとも、蓋の色なので違うかもしれませんが、まあ、見えないところなので良し。こいつを吹いて完成です。
と、まあ最後はちょっぴりの作業でしたがこれでESCORTは完成。その昔、遥か昔よりは随分とマシにできたものです。今回の製作の最大のポイントはこの塗り分け。INTEGRAでは大面積デカールに苦労させられましたが、ESCORTはあえてデカールを使わず、マスキングによる塗装で作ってみました。これだけ凸凹があるとデカールではさすがに皺になります。その点を考えてもマスキングによる塗装は検討の価値があるのでは?という結果になりました。実はESCORT、まだ在庫が数台存在します。カラーバリエーションが豊富な車だけに、また別の塗装で作る機会もあるかと思います。もう少し、マシに作れるようになりたいものです。
スポンサーサイト

クリアー層形成中

クリアー吹き付けDinoは画像的にはさほど変化なし。梅雨のじめじめした時期が続いていましたが、そこは食器乾燥機で強制乾燥です。貼り忘れていたデカールも貼ってさらにクリアー。取説と箱絵で比べると、なんだかデカールの位置が間違っているみたいですが気にしない。大した問題ではありません。今回はガイアのEx.クリアーを使っていますが、雰囲気はかなり良い感じです。これですんなりと磨ければ良いんですけど。まだもう少しクリアーにはかかりそうです。

全身整形

ボディ修正中TAMIYAのRX-7ですが、最新のキットではないだけにあの鬼の様な精密さはありません。キットを触ってゆくと、整形のためのパーツ割りの線以外にも、エッジが反り返っている部分が見られます。例えばフロントフェンダーの上部、ボンネットとの境の部分やトランクの溝、ドアの溝などです。これをそのままにしていると、最終的に磨きの段階で角が出やすいことになります。別段、急ぎのキットでもないので、この辺りを時間をかけてじっくりと均します。削っていって気がつくのは、このキット、意外と凸凹があり、均一ではないということ。リトラクタブルライトのまわりもかなりくぼんだりしています。均すというよりは削る、という感覚でボディを#400のペーパーでゴリゴリ。リアバンパー下部には相当なパーツ割りの線があるので、リューターを使って均します。気がつけばほぼ全体を削るはめになってました。

タミヤの鉄板キット

RX-7 R1 ボディようやく、過去の不良債権(?)キットをある程度処理しましたので、新しいキットに手を付けようと思います。ここのところ作成しているものは、ある本命キット作成のためのリハビリのような感じでやってます。昔の方が上手かった、なんていうのはスラムダンクのミッチーみたいですが、それにしてもどうしても上手く作りたいキットだけに練習は重要です。
で、今回はTAMIYAの良作キット、RX-7です。良作というのはスタイルが良い、という意味ではなく、何回も作ってリハビリには向いている、という意味です。正直なところこのFD型RX-7は、何台作ったんだろう?というほど作り込んだキット。それだけに現在の腕を確認するのにはちょうど良いキットでもあります。ものはオークションで落札したR1。本当はMAZDAではなくefiniの方が良いのですが、こっちはエンジン付きということでそれはそれ。些細な違いは気にしない。これを何のひねりもなく製作です。何回も作った、なんて言ってますが最後に作ったのはこのwebを作る前。ということはもう10年以上前、ってことです。

いよいよ、終了。

Techno Pro Spirit Integra Type-RTechno Pro Spirit Integra Type-R長かった(長過ぎた?)INTEGTAもついに終了です。前回予告通り、サイドのウインカー、リアウイング、マフラーを取り付けて完成となりました。側だけなんで、下回りとかは触れること無しです。当初より、このTechno Pro Spiritを作りたかったのですが、これがこんなに難問になろうとは。INTEGRA自体が地雷であることは重々承知していたのですが、なによりこのデカールがこれほど割れやすく、手に負えないものだとは思いもしませんでした。結果、デカールで苦しむこと苦しむこと。
それでも出来上がってみると、まあ悪いものではないかと。解釈が変だったり、どうするか分からなかったり、釈然としない部分もありますが、これはこれでOK。まずは完成したことを喜びたいと思います。
これで積年の問題だった2台を片付けて、随分とすっきりしてきました。

ライトポッド完成

ライトポッド似たような絵が続きますが、ライトポッド完成です。メインの4灯は前回取り付けましたが、今度はサイドの2灯。これも塗り分けには苦労します。特にメインの4灯のものとは違って縁に余白が少ない。これを上手くマスキングするのはなかなか難しいものです。今回も円きりカッターで20mm幅のマスキングテープに直径10mmの穴をあけ、それを貼付けてマスキング。あまり押し付けるのではなく、なんとか被る程度にしておくのがずれないコツかも。それにブラシを絞り込んでゆっくりと吹きます。これでマスキングテープが若干浮いていても、それほど回り込まないでなんとかなるかな?というところ。効果のほどは不明です。
マスキングテープを取ってみると、なんとか満足のゆく程度。これにライトの中身を取り付けてサイドの2灯ができあがり。本体に取り付けてみた姿が画像の通り、です。
あとは下回りのパネルなんですが...塗料がない。

ライト2台目

ライトカバーINTEGRAの2台目もライトの塗り分けまで進みました。これも前と同じ工程なので特に変わったことは無し。前はこれで良いのかどうか分からなかったライトハウジング内のウインカーですが、どうもこの塗り分けで良いみたいです。というか、どれもちゃんとは分からないのでこれで良いかと。一気に車らしい姿になりました。ここまでくると、あとはほとんどやることがありません。リアのウイングとマフラーくらい?次回くらいには完成した姿をお見せできるかと。これで2台のINTEGEAも終わりが見えてきました。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。