N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室内完成

DBS室内なんか寒くて、ちっとも進みませんね。窓を開けるのが苦痛というか、なんというか。さて、ようやくDBSの室内を完成させました。ほんのちょっとだけ、ドアのノブの部分を塗り分けるのが残っていたのですが、マスキングして塗り分け。先にセミグロスブラックを吹いて、マスキングしてジャーマングレー。どちらが先か、よく迷う塗り分けですが、私は基本的に凸部分を後から吹きます。
今回は先日購入したヤング88用のジョイントバルブを試す意味も含めて、ヤング88で吹いてみました。が、さすがに10年以上使っていなかったエアブラシだけあって、最初は詰まってました。洗うこと数回、ようやくふけるようになったと思ったら、暴発。というか、出てこないので盛大にメモリを開いていたら急に塗料が出て来ました。実質的な被害は無かったのですが、精神的被害は甚大。まあ、使えることは良くわかりました。
で、塗装が終わって全ての部品が揃いました。組み立てはドアの内張りに相当する部分を左右に立てて、マスキングテープで位置決め。トランクの上部ボードはドア内張りの後方に延長した部分と絡みますので、一応位置決めしたパーツとの関係を見ながら、最終的な位置を決めます。これで上手く行く、という位置を決めたら流し込み接着剤で接着。このまま放っておきましょう。急ぐとなんでも失敗します。まあ、私の場合はのんびりし過ぎですが。
DBS、一向にボディの方が進んでいませんが、まあ寒いのでぼちぼちと。
スポンサーサイト

オリンポス ヤング88

ピースコンジョイントバルブ S型連日の寒さ、結構効きますね。こうも寒いと窓をあける気すら起きません。こちらの地方ではあっという間に部屋の気温がマイナスになりかねません。
さて、そんなで模型の方は進んでいませんが、最近購入した工具のことなどを。現在、エアブラシはクレオスのものとタミヤのものの2本を使っているのですが、先日古いダンボールを漁っていると昔々のエアブラシを見つけてしまいました。オリンポスのヤング88。知っている人は知っている、往年の名(?)エアブラシです。きっと一番最初に手にしたのはこれ、という人も多いのではないでしょうか?自分自身、持っていたことをすっかり忘れていました。
ただ、ヤング88を使わなくなった理由は簡単。ヤング88はエアー缶で使うタイプのエアブラシだったので、吹き続けると圧力が下がり吹けなくなるのです。それでも塗装が出来ればしめたもの、その後の清掃はどうするんだ?止む無くエアー缶を相当数購入していました。ともかくお金がかかりすぎる装備で、そのうちに使わなくなった...んじゃなかったかな?いま発掘してみると、500mlのエアー缶が付いています。記憶では確か最後のエアー缶だったはず。せっかくの道具なので使いたいけれど、今でもエアー缶なんて買っていられません。それに、コンプレッサがある今、なぜエアー缶を買わねばならないのか。さらに調べてみると、オリンポスは既に倒産していたということが判明。これ以上どうにもならないことが分かりました。

とすると、うちのヤング88を生かすためにはなんとかコンプレッサにつなぐジョイントが必要になります。調べてみると、ありました。
ピースコンジョイントバルブ S型
ありがたい事に、まだオリンポスの製品を販売し続けているところもあるのですね。もしかしたら、私と同じようにヤング88の生かし方を考えている方がいらっしゃるかもしれませんので、リンクしておきます。それにしても嬉しいものですね。こうして古い道具でも使えるようになるということは大変ありがたいものです。
さて、これでヤング88も使えるようになりましたが、何を吹くかは全く決まっておらず、3本のエアブラシをどう使い分けるかは今後の課題です。

DBS続き

DBSバスタブ先日の続きのDBSです。この前はダッシュボード部分を作りましたが、今回はその周辺。まず懸案だったハンドルの作成です。というか、塗装が面倒だったパドル部分を塗ってくっつけた、というだけですが、今回はタッチトロニックタイプ2というタイプのシフトにしましたので、ハンドルにはパドルがつきます。このパドル、チタンシルバーに塗れとのことなのでいつものようにシャンパンゴールドを吹いて取り付け。たったこれだけですが、意外と面倒くさい。ダッシュボード周りだと、それ以外にペダル類にエッチングパーツを取り付け。サイズはぴったりなので加工はなし。センターコンソールからセンタートンネルにかけての部分も取説通りに塗装>接着のコースですが、後方の仕切り部分のシルバーにはガイアカラーのスターブライトシルバーを使用。とりあえず、ちょっとだけキラキラにしました。そして、後方のシートにはエッチングパーツ。単なる板状のパーツです。なんのための、何のパーツ?よく分かりませんが、きっちりと貼り付ける場所があり、ぴったりのエッチングがあるのでこれで良いかと。あとはバスタブ側面を貼りつければ良いのですが、ドアに取り付けるパーツの塗装が天候のため思うようにゆきません。いつになるやら。

年明け一発目の作業

DBSダッシュボード今年も明けました。今年も、1台でも多く完成させたい、と願うのですが、そもそも完成するのがあるのかどうか...。さて、帰省から戻りましたがあまりの寒さに窓を開けられず、まともに換気が出来ません。冬場は乾燥していてある意味模型に適した季節なのですが、さすがにこの寒さは...。なので、あまり色に関係しない作業をぼちぼちと。
最初に目を付けたのがDBSのインテリアです。インテリア自体は年前に吹いていたのですが、その後の作業をちまちまと。基本的にはジャーマングレーで塗装し、センターコンソールの部分はガイアカラーのアルティメットブラックで。ボディカラーがアルティメットホワイトですが、今回はガイアのアルティメットカラーシリーズで締めてみました。使った感じ、アルティメットホワイトほど感銘は受けませんでしたが、まあ、いわゆる黒ですね。もう少しツヤが出て欲しかったのですが、中だから良いか。
で、このセンターコンソールと両脇にエアーアウトレットがあるわけで、これらはがっちりとマスキングしてシルバー。さらに乾いてからエナメルの黒で墨入れの要領で流し込み>拭き取りを行います。この辺りは昔からあるテクニックですね。ガイアの拭き取り棒(なんて名前だったかな?)がとても使いやすく、ありがたい道具です。
それが終わるとちまちまと筆でシルバーを入れたり、デカールを貼ったり、細かな作業で雰囲気を盛り上げます。と、まあ、ここまで。ペダル類にエッチングを貼ろうと思ったら、瞬着がダメになってました。まあ、なんとも...
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。