N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の作業

室内昨日と似た絵面ですが、RX-7の方も室内組み立て。かなり前にシートは出来上がっていたのですが、ダッシュボードの塗り分けが面倒で放置してました。単にセンターコンソールとメーターパネル周りをセミグロスブラックで塗装するだけなんですけど。マスキングしてブラック吹き付け。で、マスキングを剥がしたら...持ってかれました。濃いグレー部分が無くなりました。仕方ないので筆で塗ります。この時期寒いのでなかなか窓が開けられない。ということは塗装が出来ない。ま、この時期やむを得ません。
さて、今年も残すところ後わずか。今年の模型作りは今日で終了。また来年お会いしましょう。
スポンサーサイト

シート取り付け

室内ボディの方はクリアー塗装を行なっているIMPREZAです。ボディは意外とガサガサ。4倍希釈のクリアーをタップリと吹いていますがまだまだ満足行く塗装までは遠そうです。さて、そんなで室内の方もぼちぼち進めます。デカールが貼り上がったシートは一度つや消しクリアーを吹いてデカールを落ち着かせます。ま、デカールで貼っているだけでもうそ臭い感じですが、少しでも違和感を抑えるための抵抗です。なぜかわかりませんが、このIMPREZAのシートのカーボンデカールは傷みやすいので触らないようにして取り付け。それ以上は気にしないことにします。そこからロールバーの組み立て。といってもダッシュボードができていないのでサイドのロールバーを取り付けてタイヤハウスのあたりで組み合わせたのみ。次はダッシュボードを付けて天井部分のロールバーを組み上げることが必要です。

ボディを塗装する

ボディ塗装いまさら、かついきなり、ですがFit作ります。といっても突然作り始めたのではなく、もう7年(!)も前にちょっとだけ手を付けたキットがあるのです。なぜこんなことになったか、というと、実は友人の車を作るつもりでした。ただ、この車、無限のエアロやパーツが付いていて、単純にFitを作れば良い、というものでもありませんでした。それをどう作るか考えるのは楽しかったのですが、結論として「自分のスキルでは無理」ということになりました。で、ここまで放置。しかしこのデッドストックをいつまでもそのままにしておけない、と思い立ち、出来ない改造より出来る素組みということでそのまま作ることにしました。いつの間にか世間ではFitも2代目になり、ハイブリッドになり、シャトルまで出る始末。このFit、作る意味あるのか?という気もしますが、まあ作ります。
で、先日サーフェイサーエボ シルバーのサンプルで出した様に下地を整えて、メタリックブルーの塗装です。これ、缶スプレーのマイカブルーをそのまま吹きました。スプレー使うのは久しぶり。範囲を忘れていたので手も近くにあった塗料も青色になりました。まあ、色自体は良い色。これを塗装の下地にさらに塗装予定です。

窓枠塗装

窓枠ボディのクリアーを仕上げてから何となくサボっていたRX-7です。そろそろ失敗していた左フェンダーも綺麗になったので窓周りのブラック塗装に移ります。このころの日本車はこれでもか、というくらいにピラーが細い。視認性向上のため、またスタイルのために細いものが多い様なのですが、このRX-7の場合、CピラーがないのでBピラーは極太?。対するAピラーもそこそこ太めではあります。ここの窓周りの黒ですが、ドア部分は極端に細いです。マスキングテープを張り込んで、爪楊枝で狭い部分にも密着させてからデザインカッターで切り抜き。黒くなる部分はいろいろあるのですが、今日は窓のみということで他の部分は無視します。ここで昔々のModeler'sの半ツヤブラックが登場。塗料箱の隅にわずかに残っていました。使い切りを目指します。で、塗装するとこんな感じ。色自体は悪くありません。匂いさえ何とかなれば...。

外装ほぼ完了

ウインカーレンズ長いこと放置していたRX-7 R1です。ほとんど出来上がっていたのですが、なんだか手に付かずそのままになってました。前の更新が10月なんで2ヶ月も置き去り。あれからの変化は、まずフォグランプを付けました。キット付属のクリアーパーツですが、これをまず裏からガイアカラーのスターブライトブラスで塗装。何となく金色っぽい反射をして欲しかったもので...。次に裏側をマスクしてセミグロスブラックで全体を塗装し、#2,000のペーパーでレンズ部分の塗装を落としてみました。あまりにも曲面かつ小面積だったのでマスキングできず。しかし、あまり良い表現にはなりませんでした。もう少しレンズっぽくなる予定だったんだけれど...。次にウインカーレンズです。これも裏側からスターブライトシルバーを塗装。表面側にはスモークグレーを薄く吹いて質感を出してから接着。流し込み接着剤を扱きに扱いて、極わずかな分で接着します。同様に後ろ側のマーカーも接着。これでRX-7 R1の外装はほぼ出来上がりです。あとはエンジンルーム内。今のところスカスカですが、これもぼちぼち進めようかと。あ、ナンバープレート忘れてる。

外装デカール完了

IMPREZAデカール貼り上がりあれこれ悩むことが多かったIMPREZAの外装デカール、いよいよ貼り終わりです。最後まで懸案だったゼッケンもルーフ部分に貼ってカタルーニャ仕様の出来上がり。ミュージアムコレクション製とおうちdeデカールの合わせ技、なんとか形になりました。'98カタルーニャ仕様って作っている人いるのかな?McRaeファンだと本当は避けるラリーかもしれないです。なにせ全く調子が上がらないままリタイアなんで。でも、555ロゴでターマック仕様のラリーってあまりないんですよね。だからこれはこれで良し。模型の方は見ての通り、555ロゴが素晴しい反面、自作でカールはなんとかそれらしく見える程度。それでも見えるのだからガイアノーツのおうちdeデカールには感謝です。ボディカラーの青も様々なサイトで見る色よりもかなり青く、違うと言われれば反論の余地なし。ただ自分の中のイメージではこれだけ青いんですよね。あくまで模型の世界のできごと、ってことで大目に見てもらえれば、です。
ようやくこれでクリアーに入れるかな?というところ。ぼちぼち進めます。

シート完了

IMPREZAシートあれこれと悩むことアリで止まっていたIMPREZAですが、多少の道具と多少のアイデアで進むことにします。シートはいつもの通りのTAMIYAクオリティ。ただ一箇所だけ気になるのは、バケットシートのサイドにあるはずの穴。5点式のシートベルトデカールを貼るときにいつも気になっていた部分です。本来、当然穴が開いていて然るべき部分ですが、単なる窪みで処理されています。ベルト自体デカールで、それほどクオリティが高いわけではありませんが、気になるので小加工。ピンバイスで穴を開け、デザインナイフで削ってみました。それなりには穴が空いたのですが、周りがガタガタ。とはいえ小径過ぎてペーパーを当てられず困っていたところ、ありがたいことにガイアノーツより「スーパースティック砥石」なるものが発売されています。早速購入して使ってみました。早く言えば棒ヤスリの極細版。0.9mmの細いヤスリが#400,#800,#1,200の3本セットになっていて、それで細かいところが削れる、という代物。使ってみた感想は「ありがたいが、出来れば丸だったら良かったのに」。確かに細かいところを削るにはもってこいですが、こういう部分を削るときはカドがない方がありがたい。でもあるだけマシ、ということでかなり綺麗に削れました。で、あとはデカールで処理。背面のカーボンデカールですが、TAMIYAにしては珍しくイマイチ合いませんでした。剥がれやすいし、塗装にした方が良かったかな?

サーフェイサーエヴォ シルバー

サーフェイサーエヴォ シルバー久しぶりにマテリアル系を買い物。今回はサーフェサーでも注目していた一品、ガイアノーツのサーフェイサーエヴォ シルバーを使ってみました。車関連だと、イメージカラーなのかボディの成形を赤いプラスチックでやってくれることが良くあるのですが、この赤いプラスチックは厄介で、結構な確率で浮かんできます。この下地色のうきを押さえるにはシルバーで塗装するのが効果アリですが、シルバーで塗装して、下地を吹いて、カラーを吹いて、と塗装が何重にもなるのもイヤなもの、ということでこのシルバーのサフの出番です。シルバーの塗装と何が違うか、というとズバリ塗料の厚さ。このサーフェイサーエヴォ シルバーはかなりしっかりした塗膜になります。サーフェサーなので当然小キズも消してくれますし、隠蔽効果も相当に良い感じです。少し深めのキズには筆塗りで盛って、乾燥後に#1,200程度のペーパーを当てておけば完全にキズも消せます。その上からサフを吹けば跡も残らず。これなら赤いプラスチックでも問題なく行けそうです。ということで、今回は製作が止まりっぱなしのFitに吹いてみました。元の色は赤だったのですが、ごらんの通り完璧に赤を押さえています。これならやる気も少しは出るかな?そのうちに、サフ以外にも今回導入したツールの話をそのうちにします。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。