N's Factory - CarModelStudio

web_logo

ルーフの色

ルーフ塗装前回でボディの塗装はほぼ終了しましたが、ルーフの色が残ったままでした。NSXのルーフは初期が黒、後に選択でボディ同色、Bピラーは黒でボディ同色が選べるようになりました。結構ボディ同色が人気だったようですが、やはりNSXには当初のコンセプト通りの黒が似合うと思います。このおかげでガラスと一体となって戦闘機のキャノピーみたいに見えるわけですから、やはりルーフは黒で。
そこでよく分からなかったのが塗り分け。ルーフ部分は黒い塗装で塗られているはずですので、グロスの黒になるはずです。しかしガラス周りは押さえのゴム関連が来るはずですのでセミグロスの黒。説明書を読むとほとんどグロスの黒にしろ、となっていますがこれはおかしい。現物があるわけではないので確認のしようがありませんが、いろいろと資料を確認し、前述のボディ同色のNSXを参考に塗り分けることにしました。グロスの黒となる部分はAピラー、ルーフ、Bピラーで、セミグロスはドアのガラス前端とドアノブあたり。正解かどうかは不明ですが、それらしく締まった感じになるとは思います。
塗装の際はいつものパターンで、大まかにラップでマスク。細かい部分はマスキングテープでエッジを出して塗り分け。塗料は残り少ないModeler'sのリアルブラック。ちょっと離して吹いたらあまりつやのない状況になってしまいました。

ボディカラー

NSXボディカラーさて、やると決めたらガツガツ行きましょう!ということで青い色のNSXです。ひたすら吹きまくりました。青です。いや、ホントこの色はのりませんね。ひたすら、ひたすら、ひたすら吹いてやっとこの状態。ただ、薄い色なので下手にハンドピースを近づけてしまうとあっという間にムラになります。距離をおいて、ゆっくりと色を吹き続けるとそれなりに色が付いてくれます。ただ結局、色を均一にしようとした結果、これだけ吹いちゃいました。まあ、濃いわ濃いわ。狙いの色も一応こんな感じなので良しですが、相当に濃い色になってます。合わせてライト、ミラー、ウイングも塗装済み。ここからクリアーで大丈夫かな?まだルーフは吹いていませんが、ここはNSX初期型のブラックで。ボディ同色が好きな人もいますが、私は黒い方が好きですね。

初のSUV

ViheCROSSボディ何を思ったか、ViheCROSSを作り始めちゃいました。HME以降、なにか変なものが作りたい、という思いがあって、選択したのがこれ。既にTAMIYAでは絶版なのですが、置いといてもさほど価値が上がる様な車とも思えません。そこで思い切り遊んで作ってしまおうと。このViheCROSS、まあこの姿で市販された際にはともかく大変話題になりました。これに比べたらハリアーだろうと、ムラーノだろうと敵ではありません。こんな奇異な姿をした車は今後ともそうそう出るものではないでしょう。そう言う意味では大変貴重な車でもあります。どうみても一番似合う場所は月面。ISUZUではなくNASAと描かれている方が相応しそうです。そんなViheCROSSですが、きっとの方をつらつらと見てみるといくつかの整形ラインを発見。特に前後バンパーに大きなヒケというかラインというか、ともかく段差が出来ています。これにセラミックブレードの刃をたてて削り落とします。多少掘りすぎたので、場所によってはパテで修正しました。で、ガイアカラーのサーフェサーエヴォを吹いた状態がこれ。まあ、悪くない感じですね。

ボディの再塗装

NSX新色さて、ボディカラーでミスったNSXですが、オレンジやめました。唐突ですけど。もともとこのNSXは青メタ、モンテカルロブルーにするつもりでした。が、いろいろと考えたときにオレンジの方が見栄えがするか?など検討の結果、オレンジを選択しました。結果として上手く行かなかったのですが、そうであれば元々のプランの復帰です。モンテカルロブルーですが、そのままの色というわけではなく、シルバー下地にクレオスの青。もともとクレオスの青は透明がかっていて下地がよく透けます。そのため、シルバー下地のボディが生きてくる、という状況です。ガイアカラーのサーフェサーエヴォシルバーで作ったボディに青をじっくりと塗装。出来るだけムラにならないように気をつけたのですが、現段階でボンネットに若干のムラが出ています。これはじっくりと時間をかけて塗装したいと思っています。
NSXシャシー一方シャシー周りですが、こちらはブレーキディスクも付けてほぼ完成状態。ここにはありませんが、ホイールも塗り終わっていますので、後はボディ待ちの状況です。ここまでシャシーが先攻して出来上がるのも、自分の作り方としては珍しいというか、なかなかない状況です。ともかくボディはかかりそうですから、シャシーは忘れないように、置いておくことにします。

ドイツ車を作ろう、いや作らなきゃ

BMWボディ今年発売になったSuperGTのGT300、初音ミクBMWは、ランボルギーニのアヴェンタドールとともに前から気になっていたアイテムでした。ただ、値段が結構するので遠巻きに眺めていた次第。今年のHMEでは素晴らしい完成品も出品されていて、なおのこと足が遠のく状態だったのですが、いつもお世話になっているホビーショップノブさんのところから「来年はドイツ車やるんで、参加ね」といわれ、まあ、やるならば、ということで初音ミクBMWでの参戦を決めてしまいました。このBMW、確かに格好良いんですけど、見るからにデカールで死にそうです。上手くできると良いのですが...

ということで、実は既に始めてしまっています。といってもボディワークをほんの少し。全体をつらつらと眺めて、整形ラインを削り落とします。それほど目立つものはないのですが、リアフェンダー辺りにラインが見えます。ほかは筋彫りを深くし、フロントボンネットのエアスクープを取り付け。見る限りでは結構上手く作ってあるな、という印象です。トランクの筋彫りを掘り直す際、ちょっとはみ出てボンネットを傷つけてしまいましたが、これもパテで埋めてことなきを得ました。

本格的な工作はまだしていませんが、全体を眺めつつ、塗装の前の作業をします。

ボディの矯正

リアウイングボディカラーを削り落としたNSXですが、眺めているうちにいろいろと問題を発見しました。ボディと一体になるリアウイングですが、よく見ると2ヶ所にヒケがあります。僅かですがこの段階で見えるということは、クリアーをかけた段階では絶対に見える状態になるはずです。ここまで来たら、どうせ削るのですからやってしまえ、ということでパテを盛って修正。ごく薄いヒケですのでタミヤパテで十分。両側に薄く塗って一昼夜乾燥。しっかり硬化したのを確認してから#400>#1,000といういつものコースで均します。もともと僅かなヒケですから、それほど盛大にはならず、薄いパテの膜みたいになりました。これでヒケは埋められたはず。ここから全体にシルバーを吹いて下地状態のボディは出来上がりのはずです。

シャシー周り

エンジン下回り
フロント周りボディが止まっているNSXですが、一気に足回りを組み上げてしまいました。いつもこのあたりは時間がかかるところですが、一気に吹いてしまえばそれほどかかるものでもなく...。NSXの場合、オールアルミということで下回りはすべてアルミ色指定。下地調整にサーフェイサーエヴォブラックを吹いた後、今回はガイアカラーのライトステンレスシルバーで一気に吹きます。足回りのアームなども一緒。指定色でクロームシルバーになっている部分はダークステンレスシルバーで。このあたりはひたすらマスキングです。ガイアカラーのこの2色は使い分けると金属の重さの雰囲気が出せるので大変重宝。金属光沢がとても強いので場合によっては使い方を気をつけねばなりませんが、大変メリハリのつく色です。他に一部をセミグロスブラックで塗装。細かい部分なのでマスキングテープは細切れにし、ひたすら貼りまくり。マスキングで2日、吹付けは数十分。出来上がりは十分に満足の行く感じ。あとはブレーキディスクをつければほぼ足回りは終了です。

こっちを先に

NSX室内ボディカラーの失敗で暗礁に乗り上げつつあるNSXです。フォローはしているのですが、これと言った解決案もなく迷走中。よってボディは置いておいて、室内を作ってしまいます。特に工夫もなく、一面の黒。この時期のHONDAの内装は、なんでか知りませんが全部黒。工夫も何もありません。よってすべて黒にしますが、一応シート裏にはパテを盛ったりしたので下地調整のためにガイアカラーのサーフェサーエヴォブラックで一旦塗装。そのままでも良いかと思えるくらいに良い感じでしたが、まあサーフェサーの地の色というのもなんでしたので、そこからセミグロスブラックを塗装。結果的にこんな感じですが、サーフェサーの時と何が違うのか分からん...。ざっくりとこんな感じです。セミグロスブラックは色が透けてきやすい感じがしますので、サーフェサーエヴォブラックは一応効果があったのかと思っています。とはいえ、なんの色気も味気もないんですよね、これ。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる