N's Factory - CarModelStudio

web_logo

相当出来上がって来た

NSXボディNSX-Rを始めて、ほっとかれていると思われがちなNSXですが、徐々に進んでいます。ともかく磨く時間が長いので記事になりにくく、ともすれば時間が経ちすぎるのが難点。現状、こんな感じです。クリアー自体は大分良い雰囲気。細部はまだ荒い部分があるので、これを何とかすればボディは出来上がりでしょう。なんだか画像ではホコリがついてしまってますが、現物はそんなこともなくいい感じ。今回は折れやすいAピラーも無事で、最後まで行けそうか?慎重に作業を進めるにこしたことはありません。

ボディの処理

フェンダー部分拡大路線に入って、急に更新の止まったこのブログです。なにせ、急に仕事が忙しくなり、模型どころではない始末。人生上手く行かないものです。久しぶりに合間を見ながら模型作製。難題と化しそうな童夢ですが、一応、凹モールドを掘り直し、目立つヒケを埋めてサフを吹いてみました。表面処理の粗を探そう、という意図ですが、吹いてみるとすごいものを発見。フロントフェンダー上部にすごいうねった跡があります。画像だとあまり写っていませんが、はっきり分かるほどすごい凸凹です。こんなものを残しておけば後で問題になるのは必須。早速ペーパーで削り落しです。ボディが白い状態では気がつきませんでしたが、危うく命拾い。何だってこんなことになったんでしょうね?他にも小さな凸凹は結構あります。あと整形ラインも意外と落とせていない。時間が取れないことも相まって、まだ時間がかかりそうです。

修正

NSX-R修正前回記事で指摘したバンパーのズレですが、パテを盛って修正することにしました。久しぶりにTAMIYAの光硬化タイプのパテを使います。このパテ、どうも相性が悪く何度も盛った位置からズレるということをしでかしてくれたので使わなくなっていたのですが、時間を短縮したくて使用してみます。パテをそれなりに薄く付けると蛍光管に近づけて硬化開始。不思議な格好ですが、これが一番早く固まります。2、3度パテの様子を見ながら、カチカチになったら溶剤で表面を拭き取ります。これでパテ盛りは完了。ここからズレてくれなければ良いのですが。今回はヤスリスティックを使いながら慎重に作業を進めます。幸い、パテが崩れることもなくバンパー部分のズレを修正しました。まだまだボディの修正は続きそうです。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる