N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開口作業

F430ルーバーシルバーの下地を吹いて、次の工程に移ろうしていたF430ですが、ブレーキディスクを作ろうと思ってふと気がついたことがあります。このキット、エッチングパーツを使うために買ったんでした。で、ディスクのエッチングパーツをみると、あちこちに網目のエッチングが。よく説明書を見るとボディ各所にある網目のハーツでした。現状ではプラにエンボス加工で表現されている網目ですが、確かにこれは納得できません。となれば早速開口するわけですが...指が死にました。この作業は以前童夢 零でやったのと基本的には同じ作業。ひたすらケガキ用のスクレーパーで削ります。が、面倒になったので途中からデザインナイフでぶち開けたりしました。エンジン脇のスリットは全部で10箇所。他にもあちこちあるのですが、まずはこれを開けないと作業ができません。デカール張りの練習のつもりが、意外と難敵にあたった気分です。
スポンサーサイト

エンジン周り完成

NSX-Rリア周り前回に続いてエンジン周りですが、いろいろ組み込んで完成です。だけだとあまりにあっさりなのでもう少し書き込み。前回はサスのアッパーアームパーツにエンジンを取り付けただけでしたが、あの後マフラーパーツを取り付けます。このパーツ自体は黒下地にダークステンレスシルバー。ここに排気系統のパーツが付いてきます。排気系のパーツとマフラーをつないだらロワーアームパーツでエンジンを挟み込んで固定。この際、サスアームの間にサスを取り付けるのですが、手が3本くらい欲しくなる状況。諦めましょう。
でなんとか形にしたのがこの状態。なんとも細かいです。

2度めのサフ吹き

NSX下地ぶち壊したボディの作業を取り返すべく、早速下地吹きです。このNSX-R、色はイエローを予定しています。巷ではNSX-Rというとどうしても白が基本のようですが、スポーツカーの色というとやはり黄色が一番、という気がします。そういえば今日見たF355格好良かったな...。
しかし、黄色を吹く前にともかく下地チェック。黄色や赤はただでさえ抜けてくるので下地は重要です。ついでに、ミラー位置を決めるため、ミラーパーツに0.5mmの真鍮線を埋め込み、ボディ側にも穴を開けておきます。こうすることで塗装してもミラーの位置を正しく取り付けることができます。ミラーがドア側に固定されているクルマ全般に使える手ですね。ひと通り合わせてみて大きな違和感はなし。一部ささくれだって入る部分があったのでペーパーを当てておきます。一思案していることがあるので、それが終わったら塗装開始です。

赤ボディの銀下地

F430下地早速取り掛かったF430ですが、まずこの手のキットでしなければならないのは下地。特にFerrariのキットは赤いプラで整形されていることが多いので厄介です。この赤、Ferrariのイメージカラーだと思われていますが、Ferrariの色は本来黄色。赤はイタリアのナショナルカラーです。しかし、今回のF430 Challengeは赤いボディにブラジル国旗なので必然的に色は赤。下地の赤が抜けてこないようにシルバーで下地塗装です。ここのところお世話になっていて、大変気に入っているのがガイアカラーのサーフェサーエヴォシルバー。ともかくよく影響を消せて、しかも盛れる。今回はフロントバンパー脇のスリットを接着したのですが、パテで埋めて削った後、コキズ埋めに使用しました。
で、サーフェサーを吹いてみると結構細かい部分で成形ラインが入っていることが判明。昔のFujimiなら盛大にラインが入っていたので見えていたのですが、ここのところの優等生なFujimiキットでは判断が難しく、吹いてみないとわからないですね。そんなでまずは吹いてみてラインを見つけている次第。

エンジンマウント

エンジンマウントバラバラだったエンジンを組み合わせます。NSXはオールアルミということで、ともかく塗り分けがすべて金属色。前回のノーマルNSXでも同じことをしたのですが、まあ、塗り分けは面倒。それでも細々とやるとそれらしくなってくれるので手は抜けません。画像では下になってしまっているのですが、エンジンのヘッドはセミグロスブラックにダークステンレスシルバーで帯塗装。ガンメタルではどうも金属感が薄い気がします。これをリアサスのアッパーアームのパーツに接着。この後ロワーアームやらパイプやら...山ほどのパーツがついてきます。
前回のNSXと変更した点は固定用ナットの位置。前回のNSXでは、唯一といって良い場所だった、ミッション前方の空間に、さらに燃料タンク部分にナットを付けてみました。やはり1箇所ではちゃんと固定出来ません。なので2カ所目を検討したのですが、ほとんど場所なし。なんとか取り付けたのが燃料タンクという結果に。うまく固定出来ればよいのですが。

ボディの再塗装準備

塗装下地一度、スターブライトジュラルミンで塗装した童夢 零ですが、やはりどうにも色の感じが良くありません。問題点は2点、1.塗装のギラギラ感が強すぎる部分がある、2.ボディの傷が目立つ。そもそも分かってはいたのですが、はやりシルバー塗装の際の下地の傷は目立ちます。これを埋めなければ使い物になりません。また塗装のギラギラ感はブラシと塗料の問題で、相当に薄めたつもりですがまだ塗料自体が濃く、均一に吹けていないのが原因だと思われます。そこで一度塗装したものを#1,000>#1,500で削り、表面を均すことにします。もともとの塗料が小さな凸凹を埋めてくれることもあって、相当に表面が平滑な状態になります。さらに傷についてはサーフェーサーエヴォシルバーを盛ってキズ埋め。
塗装については思い切って現在の塗料を2倍、よって全体では6倍〜8倍くらいに薄めて使用します。いつものガイアカラーのメタリックマスターで本当にさらさらに。最近、ブラシが詰まり気味なのも問題ですが、ともかくこれで勝負です。

いきなりスタート

F430ボディ全く予定してなかったのですが、いきなりF430 CHALLENGEのスタートです。F430は過去に一度、F430 CHALLENGE EUROPIAN CHAMPIONというのを作っているのですが、キットとしては同じものになります。なぜ今、F430 CHALLENGEを作るのかというと、偏に初音ミクBMWのための習作です。今までも競技用車としていくつもレースカーは作ってきましたが、初音ミクBMWのデカールの大きさはトップクラス。相当に難しいことが予想されます。そこでデカール剛力軟化剤やマークセッターなどを用意したのですが、いかんせん今まで使ったことが無い。いきなり使って上手く使えるとも思えず、これらの使い方に慣れておくためにデカールのある車を、と探してみるとこのF430 CHALLENGEに行き当たった次第。意外と競技用車のストックが無かったということに改めて気がつきました。
さて、このF430 CHALLENGE、故アイルトン・セナの甥のブルーノ・セナが乗っていたもので、ボディがブラジルをイメージしたカラーになっているのが特徴。いくつか発売されたF430 CHALLENGEのキットの中でも人気のあったものと記憶しています。そのうちに作りたいなと思いながらキットだけは入手。そのまま寝かせてました。きっと内容自体はオーソドックスなFujimiのキット。特に変わったところはありません。以前F430 CHALLENGEを作ったときに使い忘れたエッチングも今回は忘れずに使用します。ともかく習作なので面倒な工作はせずに、ひたすらデカール命。ということで作業開始です。

ボディ新調

2つのボディいきなりですが、なぜかボディが2つあります。どちらもNSX-Rです。実は今まで作っていたボディの上にものが落ちてきまして、見事に割れました。接着してなんとか使用しようと試みたのですが、どうにも様子が良くありません。ちなみに古い方のボディが右側。後ろフェンダーのあたりでサーフェーサーはげている辺りが割れた部分です。ボディ側は良いのですが、エンジンフードがかかる部分とか、どうもモールドが埋まってしまっていたり、見た目よりも相当に被害はひどいです。結局修復は断念。TAMIYAのカスタマーに部品注文というハメになりました。
で、届いたのが左側。再販してからまだ日が浅いのですんなり届きました。NSX-Rは当初ボディの修正を相当行いましたが、あれは個体差かというとそうでもなく、結構ズレてます。またもやフロントバンパーの辺りを盛って、リアフェンダーの辺りを削って...という大作業を行ってボディを矯正します。今回は一度体験済みなので相当にコツは分かっていますが、それでも結構な作業量。面倒ですね。

シルバーのライン

シルバーのラインとりあえずボディを塗装した初音ミクBMWですが、デカールを貼ろうと検討していて気がついたことが。ボディに走るシルバーのラインですが、デカールはどう見てもグレー。あちこちの作例でも指摘されていますが再現性という意味ではイマイチな部分です。作業のことから考えるとデカールの方が楽は楽ですが、せっかく作るのにこれは...ということで塗り分けてみることにしました。他のサイトでも結構塗り分けているところもあります。
この手の塗り分けはラインがきっちりと出ることが重要なので、左右を揃えながらきっちりとマスキング。ただ、正確なラインの位置がよく分からないこともあって、なりに適当。その昔、ARTAのSKYLINEを作ったときは左右で位置が違う、実車とも位置が違う、なんてことをしましたけど、それほど問題はありませんでした。今回はボディのエッジを頼りに塗り分ければOKみたいなんでそこを目印にテープを貼って行きます。リアのトランクは後面シルバー。関係ない部分はしっかりとマスクして、クレオスのシルバーを絞って塗装。慌てると縞が出るのでゆっくりと塗装です。
画像は塗装が終わった状態。これからマスキングを剥がします。

足回り2回目

足回りNSX-Rですが、基本的な作業はこの前のNSXと変わりません。実際のNSX-RもノーマルNSXをベースに軽量化とサスペンションの見直しなどが主な変更点なので、模型の世界では変化が分かりにくく、一部がアミ+フォグ無しくらいしか違いがありません。ということで足周り関連は同一。塗り分けも同一。作業は同じくなります。これらのパーツも基本はガイアカラーのライトステンレスシルバー。塗り分けでダークステンレスシルバーという塗り分け。特に変更点はありません。イマイチつまらないところなのでとっととやってしまいたい感じ。

ブレーキを作る

ブレーキディスク前回の下地塗装に続き、ブレーキディスクを塗り分けてみました。初音ミクBMWですが、GTカーということもあり実車ではゴールドっぽいキャリパーが付いています。キットではカッパーとシルバーの混色を塗る様に指示がありますが、今回はガイアカラーのシャンパンゴールドを使ってみます。この色、もう品切れしているようですが発売時に速攻で買った色の一つです。車関連は意外とこの色を使うんですよね。今回はブレーキディスクをスターブライトシルバー、キャリパーとディスクの中心をシャンパンゴールドで塗り分け。幸い、キットはキャリパーとディスクが分かれているのでそれぞれに塗り分けられます。ディスクの中心はマスキングテープを切り抜いてマスク。完成するとある程度以上は見えない部分なので厳密に分ける必要は無いかと。
作ってみるとやはり金属色が強烈なものになります。これくらいキラキラした感じにしたかったので色的にはOK。ある程度は思い通りに出来ました。足回りもまともに見える部分はここくらい。これより内側は結構手抜きの雰囲気が漂います。

そろそろ作業を

シャシーボディをピンクに塗っただけで止まっていたVehiCROSSですが、どうも下回りの塗り分けがどうなるかでいろいろ考えて止まっていました。一部ボディカラーとか言われても、シャシー周りにピンクは...と自分でやりだしたことで首が絞まった状態。で、ここは考え直してそれらしく、結果的に黒でいいや、ってことで作業再開。ただ、下回りは他にも塗り分けがあるので面倒です。
黒く塗装した下回りですが、エンジンパーツは塗り分け。ここは重そうな金属色ということでガイアカラーのダークステンレスシルバーで塗装。ただ、細かい塗り分けは...大変だったので省略しました。まあ、あまり見えないところですし、雰囲気で。
VehiCROSS、進んでませんがぼちぼちやってます。

足回りを塗ろう

サスアームなどNSX-Rはボディの矯正が結構進み、それなりには見られる姿になってきました。が、思うところあって一旦ボディは中断。その間に足回りなどを進めます。すでにNSXを作っているので、NSX-Rも殆どやることは変わりません。さすがに模型に軽量化の影響は殆ど出ないので。総アルミボディだけに、各パーツアルミっぽい明るい金属色が多く、ガイアカラーのライトステンレスシルバーが活躍します。結構使いやすい色で重宝します。エンジンも下部の黒い部分を除いてライトステンレスシルバー。今回画像に入れていませんが、シャシー周りもライトステンレスシルバー。これから塗り分けですが、まずこの色なら問題ないと思っています。実車をじっくり観察したことはないですけどね。
足回りは共通ですが、室内は一部ノーマルNSXと違います。次回はその辺りに入れるかな?

足回りとかもやろう

ブレーキディスク遅々として進まぬ初音ミクBMWですが、やはりネックはデカール。あれは怖いですね。いろいろと算段を考え、イメトレし、行けるとなればやりますが、まだ精神的にも余裕が無い。別なところ行きます。
で、今回はブレーキディスク。このBMWのディスクは結構細かいパーツに分かれていて、ディスクと受けとブレーキキャリパーが別パーツです。大変助かります。そこでまずは下地の黒から。最近はガイアカラーのサーフェサーエヴォブラックが大変便利で重宝しています。使い様によってはセミグロスブラックとも感じが似ているので、隠蔽力の強いセミグロスブラックとしても使えます。またフラット系の色とも違い表面が荒れないのもありがたい。
これでとりあえずは下地を作っておいてシルバー系の塗装です。まあ、あまり見える部分ではないですが、きっちりとやっておかないと、それっぽさが無くなる部分でもあるのでちょっと注意です。ただ、このキットの場合、ここより内側は結構いい加減なんですけどね。

ボディを塗ってみたは良いが...

ボディ塗装後さて、ボディの塗装を始めようとしていた童夢ですが、こんな感じです。童夢 零というとシルバーのイメージが強い(というか、オリジナルはシルバーだし)のですが、単純にシルバーでは面白くありません。いわゆるプロトタイプ(世界にたった一台)ということで、もっと金属むき出しっぽい感じが欲しくてガイアカラーのスターブライトジュラルミンを吹いてみました。なんでジュラルミン?と思う人もイルカと思いますが、実は間違って買ってしまって、使い道無く余っている、というのが現状。やっぱりそんなに使いませんね。こいつをガイアカラーのメタルマスターで薄めて吹いてみたのですが、一度目は塗料がガサガサになって失敗。エアブラシの目も詰まり気味。やむなくボディの表面を一度削って、もう一度吹いて見ました。
当初よりも滑らかにはなったものの、まだルーフやリアはダメですね。もう一度削って、更に吹いてみようと思います。色の感じは予想通り。さて、上手く行くのやら...

ボディが見られる姿になった

Fitボディいきなりですが、相当に見られる姿になりました。ピラーを折ってからなかなか手出しの出来なかったFitのボディですが、いい加減クリアーを切り上げにして、次に進むことにしました。組み立ててしまえばピラーも裏から補強出来る、というメリットもあります。前に書いた窓周りはすでに塗装済みですので、まずはフロントガラス下のワイパーが付く部分から取り付けです。ここを取り付けてからガラス部分。Fitのガラスパーツは前と後ろ、2つに分かれていますが、前から付けるのが正解です。ちょうど中間部分にめし合わせがあって、前の方が外側に来る様になっています。後ろから付けると、隙間に前のパーツを入れなければならないので面倒です。と、まるでやったかの様に書けるのは...
さて、ガラスパーツが付くと、次はライト周りです。このFit、いちおう知り合いのFitを参考にしているのでライト周りは一般的な黒ではなく、ボディ同色です。すでにそのパーツは出来上がっています。で、まずはライトカバーを取り付け、次に裏側からライトパーツを取り付け、最後にメッキパーツです。ここのところメッキパーツは漂白剤で一度剥がしてからスターブライトシルバーを塗っていたのですが、今回はメッキを活かすことにしました。で、取り付けていたらライト前の塗装が一部欠けました。...タッチアップが必要です。トホホ
さらにミラーを取り付けると途端に車らしくなってきました。まだ中は全然作れてませんけれど。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。