N's Factory - CarModelStudio

web_logo

室内周り

Fit室内なかなか手を動かしていなかったFitの室内です。小さいものを塗り分けて側面のパネルを取り付けました。これで一気に室内らしく。ダッシュボードも塗り分けてメーターのデカール貼り付け。このFit、気がついたら10年くらい平気で経っていたのでデカールが結構傷んでました。掴もうとしたらボロボロ。なんとかかき集めて所定の位置に。そう、忘れていたんですけど、このキットも相当寝かせていました。もう完成させないと不良債権です。実車だって2代目になって、そろそろ新しいのが出る話も。未だ初代を完成させていないとなると、なんだそれ、ということになりかねない。ちょっと焦ってます。

ボディの塗り分け

零塗り分けようやく童夢 零のボディを塗り分けました。いわゆるガンメタで塗り分けられている部分ですが、どうしたものかと考えながら、ずっ〜と放置してました。なんとなく気乗りしなかった、というのが実情。色自体はガイアカラーのスターブライトアイアン。単純にガンメタルを使わなかったのはボディがスターブライトジュラルミンだったから。それに負けない色、ということで同じメタル系の色を使ってみました。仕上がりは予想通りの良い感じ。いかにも試作車っぽい雰囲気にしたいのでこれはこれでアリ、という色合いになりました。なんだか宇宙船みたい。それにしても見れば見るほどありえない格好をした車です。よくこんなの作ったな、という感じ。

難所の続き

側面ミクデカール(2)前回に引き続き、難所デカールです。前回とは反対側ですが、多少反省して上手くゆく方法を考えました。とはいえそれほどできることがあるわけでもなく。まずデカールの余白は極力切り落としましょう。デカールの中にある不要部分も切り抜きます。と、作業をしている時に手が滑って一部切り離してしまいました。まあ後からくっつけます。デカール自体は軟化剤攻撃で硬化するまでに充分時間が取れることは分かりましたから、焦らずに貼り付けます。むしろ位置をしっかり合わせないと、少しずれただけで相当に影響があります。つうことで、リベンジ。デカールの余白を極力切り抜いておくと、曲面に貼るときに歪みが少なくてすみます。思ったよりも今回は楽に貼れてくれました。まあ、リアフェンダーの部分はそれでも軟化剤に浸すくらいの感じで塗りこみましたが、その効果もあってちゃんと追従。フロントフェンダーに入ってゆく部分は放置していましたが、リアフェンダーの処理の後、これも軟化剤でちゃんと貼れました。画像では抜けていますがフィンの下部分もデカールは貼ってあります。こんな感じで大物デカール3箇所はなんとか貼れた感じ。失敗しなくてよかった、というのが感想。間違いなく今までで最高難度のデカールでした。さて、ここからが数の勝負。ともかくデカールの量が半端無く多いので毎日ちまちまとデカール貼って行きます。

最大の難所

側面ミクデカール昨日に引き続き、ミクデカールです。いよいよ最大の難所、側面デカールです。この側面のデカール、一枚ものです。いやホント大変でした。そもそも大変なことは予想が付いていたのですが、これほど骨が折れるとは。
事前の準備としてデカールの余白は取っておきます。しかし、この時点で内側の余白まで切り取ったほうが良いことには気が付いていませんでした。で、デカールを載せたのですが、まず問題はリアフェンダー部分。当然ながらそのままでは全く追従しませんから、ひたすら強力軟化剤を浸し、徐々にデカールを伸ばしながら馴染ませます。あまり急ぐとデカールが割れるので無理はいけません。ひたすら軟化させながら伸ばすと一応それなりにボディ形状に追従します。が、ある程度追従するようになるとデカールにシワが寄るようになりました。やり方が悪いのか、こういうものなのか...ともかくシワを伸ばすようにしますが、そうすると今度配置がズレます。伸ばしつつ、位置を合わせつつ、ということを繰り返し、なんとか良い位置に。こうしている間にも他の部分が乾いてきますから、軟化剤をつけてそれらしい位置に位置合わせ。
このデカールのもう一つの問題はフロントフェンダー後方。ミクの髪の部分を一部切らなければなりません。位置は現物合わせ。ちゃんと合わないと切れません。しかも位置合わせをしてデカールを切ろうとすると、デカールが突っ張って位置が動きます。ナンテコッタイ...これも軟化剤に浸しつつデザインナイフで切り離し。一部ズレました。1時間ほどデカールと格闘してようやく出来上がったのがこの状態。よく見ると一部デカールが割れてます。ズレている部分も多数。それでも相当に骨が折れました。で、切り抜くのに苦労したのがドア下部にあるインテーク。ここも最初から余白を切り抜いておいたほうが良いかも。一応貼れましたが、逆側が残っていると思うとウンザリ。まだ気は抜けません。

いよいよ本題

ボンネットミクデカール初音ミクBMWのデカールもベースとなる青とピンクの模様を貼り終えて、いよいよ本題のミクデカールです。ミクデカールはボンネットと両サイドのドア部分、合計3箇所ですがこれが大変。まずサイズが大きい上にボディが結構ウネってます。ついでにこのBMWのデカール、めちゃくちゃ硬い。そしてカッターを入れても簡単には切れません。非常に作業がしにくいです。とはいえこの工程を終えない限り絶対にBMWは完成しないので、覚悟を決めて作業です。3箇所の中でもまだ比較的楽そうなボンネットから。ボンネットで問題なのは右側の髪の部分。ボンネットのダクト部分にここだけ回り込みます。よってここは切込みを入れて、髪の部分だけダクトの中に。ダクト側面が空いてしまうのですが、ここは後で補修用のデカールで補修します。それ以外の部分はともかく強力軟化剤を塗布しまくり、位置を合わせてデカールを軟化させる作業の繰り返し。焦らずにデカールを伸ばしてゆけばなんとか凸凹に追従してくれますが、ともかく骨が折れる作業です。ただ、デカールの硬さが幸いしてか、軟化剤を使ってもデカールがドロドロになることはなく、一応作業はできます。個体差はあると思いますので十分に注意して作業をしたほうが良いです。この記事を読んで失敗しても責任はとれないですね。まあそのくらい面倒で大変な作業でした。
しかし、この後の作業はもっと大変そうなんですよね。

デカール完了

F430デカール貼り上がりようやくF430のデカールが貼り上がりました。細かい部分では相当失敗していますが、まあ一応は見られる程度のものにはなったかと。レタッチが必要な部分も多々ありますが、まずは一段落。久しぶりに作った競技用車両ですが、やはりデカールが貼られてゆくとそれらしくなってくるのは楽しいですね。今回は新しいデカール貼りの道具としてマークセッターやデカール剛力軟化剤を用いましたが、それらもだいぶ使い方はわかりました。
さて、これから表面の余剰なのりを洗ってからクリアーに入ります。

デカール開始

初音ミクデカール開始F430のデカールもだいぶ出来上がり、いよいよ本命の初音ミクBMWにデカールを貼ります。一応は練習したので、マークセッターも、デカール軟化剤も使い方は覚えたつもりです。このBMW、予想以上に凸凹が激しく、ディテールも半端じゃありません。デカール関連の剤のすべてを使って貼り付けます。まずはボンネットの模様からですが、取説とは違ってすでにシルバーのラインは塗ってあります。そこで、それに合わせて貼り付けて余剰部分を切り抜きます。もともとデカール自体が大きく作ってあるので、そういう風に作ることを見越しています。ただ、この初音ミクBMWのデカール、相当に硬いです。なかなか切れません。またデカールが硬いので剛力軟化剤を塗るのではなく、集中的に浸すような感じになっています。
まだ現状こんな形になっています。一枚一枚のデカールの位置を決めるのに相当時間がかかります。一日にそうそうたくさんは貼れません。

室内作成

Fit室内久々のFitです。忘れたわけではありません。ボディをひたすらやっていましたので、たまには気分を変えて室内を作成します。まず椅子ですが、一応グレーで塗り分け。ガイアカラーのニュートラルグレーです。明るいほうがII、暗いほうがV。これは元ネタの問題ですが、なんとも色気のない色です。Fitくらい軽快な車なら、実車ではもっと明るい組み合わせがあった方が良いと思えます。でもHONDAってそういうところがダメなんですよね。このシートですが、ボディと組み合わせる前に床のカーペットを貼らなければなりません。なんでかこのキット、カーペットがついてくるんです。それものり付き(シール)になっている。その切り抜きは取説に型が書いてあって、印刷して使うとか。なんかすごいなと思いつつ、一応正確に切り抜いて貼り付けました。そんな状態がこれ。一応様にはなってます。

型取りと透明パーツの作成

透明パーツ制作久々にNSX-Rです。なんとなく作業が止まっていたのはフロントフェンダーに付いているウインカーのせいです。大したものではないのですが、やはり本来透明なパーツがシルバーに塗られるのは抵抗がある、ということで過去にRX-7ではサイドのウインカーを透明なパーツにしました。あの時に使ったのは2液性のエポキシ接着剤という強引な方法でしたが、今回はガイアノーツから発売されているジェルクリアを使ってみました。このジェルクリア、塗ってから付属のライトで40秒照射すると固まるという大変な優れもの。使ってみたいとは思っていましたが、なにぶん値段が...。とはいえこれだけ作業性がよく、透明パーツが作れるならそう悪いものではありません。
まず、いつものパターンで、100円ショップで買ったおゆまる(今回使ったのは前回の片割れ)を、文字通りお湯の中に入れます。結構熱いお湯が必要です。鍋で沸騰させたお湯をガラスのコップに入れたら...割れました。そういえばこのコップ、ヒビが入っていたのを忘れていました。あれれ...。仕方ないので陶器のカップにお湯を入れて、おゆまるを浸します。柔らかくなったら、しっかりとフェンダー部分に押し付けます。熱いですが我慢しましょう。しっかり押し付けたら冷めるまで待ちます。冷めないうちにはがすと型が崩れますので我慢です。
冷めるまで放置して、冷めたら剥がします。ほんの小さな凹みですが、そこにジェルクリアを突くように流し込み、ライト照射。40秒も経つと透明なウインカーパーツの出来上がりです。このジェルクリア、結構使えます。
にしてもこの作業、毎回火傷しそうになりながらやってますが、なかなかつらい作業です。出来上がった時にらしく見えることを期待してます。

デカール途中経過

F430デカール紆余曲折はありましたが、デカールは現在こんな感じ。ブラジル国旗の部分は貼り終わり、もろもろのデカールをちまちまと貼っています。今回、白い部分はデカールをあえて残しましたが、やはり塗装と色が合いません。とはいえ白い部分の塗り分け位置に万全の自信はなかったので最終的にはデカールでラインを出そうと思ったんですが、あまり上手い方法とは言えないようです。また、このデカールは結構位置が決まりません。どうも元々合わないみたい、というか多少ズレることを前提に作っている様な印象です。ブラジル国旗も一部修正が必要です。こんな緑は作れるだろうか...どうレタッチするか、今から悩みの種。ただ、デカールを貼ってゆくと、この車は結構明るい雰囲気で良いです。やっぱり競技用車両ならこのくらい派手にして欲しいという気もしないでもない。
まだまだ細かな作業は続きます。

デカール貼り始め

デカール貼り始めちょっとした間違いはありましたが、いよいよF430のデカールを貼ります。あくまで初音ミクの練習ですが、ともかく問題は大面積のデカールを綺麗に貼ることが最大の問題です。このF430の場合ブラジル国旗が大きいので、ここを上手く貼るために今回はクレオスのマークセッターとGSRのデカール剛力軟化剤を使います。一応下地に抜け防止のため白で塗装しているのですが、上手く位置が合うとも思えません。ま、タッチアップは必須ということで。
デカールは基本的に縁の部分を切り取ります。透明な部分がヒラヒラしているのはやりにくいのでカットです。ボディ側にマークセッターを塗布しておいて、デカールを載せて位置合わせ>余分な水分を拭き取りながら浮いている部分を押さえる>軟化剤でフィット、という感じで貼り付けます。面積が大きいので空気抜きに針でつついて細かく穴あけをしておきますが、これで良いのか分からんです。細かくシワが寄る部分は切れ込みを入れておいて重ねる、溝の部分は貼ってからデザインナイフでカットして再度位置合わせ。
で、大物デカールを貼ったのがこの状態。はやり一部ズレが出て白い部分が残ってます。ま、完全に合わせるのは無理だと思ってました。

塗り分け

塗り分け前回のピンクサフで気づいた方は気づいていたと思うのですが、大変なことに気が付いていませんでした。よく考えたらこのF430、塗り分けがあるんでした。迂闊にもピンクサフ>レッドと吹いてから、塗り分けがあることに気が付きました。デカール見てたら白い部分はデカールがあるんで、全部デカールで行けるもんだと思ってました。<馬鹿?
気がついたので慌ててマスキングしましたが、その前に吹いた赤はガイアカラーの跳ね馬セットの2番、modan road car用のレッド。朱色っぽい良い色です。そんな話も吹き飛ぶくらい焦りましたが、まずは塗装した部分を仕切ってマスキングです。デカールからラインを写し取りTAMIYAの40mmマスキングで線を書きます。ボディで位置を合わせながらマスキングテープをカット。ボディ側を傷めない用にしながらマスキングテープをカットします。といっても結構ずれるんですよね。白のラインを先に作りましたが、デカールの抜け防止の意味もあります。その後で更にマスキングして黒。左ドアのデカールが間違っていて、本来黒になる部分が白いデカールで作られています。幸い、そのラインを下敷きにマスキングテープをカットしたので助かりましたが、これから作る人はお気をつけあれ。黒のライン、左側の後方の位置が違うような気がしているのですが、デカールから割り出すとこの位置。どうも気に喰わないのですが、最終的にはデカールでラインは調整です。
すべての塗装を終えたらマスキングをはがして乾燥ブースにぶち込んで乾燥。デカール張りの練習用なので塗装に時間をかけていられないのです。

ピンクサフ

ピンクサフこのF430はあくまでデカールの練習のためのモデルで、本命は初音ミクです。なのでボディの塗装にそうそう時間はかけられません。ということで早速ピンクサフを吹きます。これはガイアノーツが出していたピンクサーフェサー。MODELER'Sのものと違って完全にピンクです。全体に吹いてみた感想は、今のクラウンのピンクにそっくり、という感じです。このピンクサーフェサーもガイアカラーだけあって隠蔽力は抜群に良いです。また平滑度合いも結構良い感じ。下地としては理想的なものの一つではないかと思います。今までまともにこういう色を使ったことがないですが、これなら赤塗装も楽かも。使えそうな色です。
さて、ボディカラーですが赤は決まっているものの、何色を使うか検討中。前に買ったフェラーリ用カラーの中からチョイスするのが正しいか、と思ってますが。

エッチングパーツ

エッチングパーツ前回はサフを吹いたF430ですが、一方でエッチングパーツ用の加工も薦めます。エンジン脇のスリットは全て開口しましたが、他にフロントバンパーやリアバンパーにもメッシュになる部分が存在します。これらも元々はプラ成型でメッシュっぽい加工がしてありますが、エッチングパーツを使うとなると全て邪魔、スクレイパーでじわじわとなぞりながら開口します。この開口作業、リアの小さいパーツはキツいものがありますね。すこし形が歪んでしまい、ボディにはめるのはちょっと苦労しそう。エッチングパーツにはプライマーを予め吹いておきます。これを瞬着で接着。雰囲気は悪くありません。あとは塗装してボディと合わせればOKです。

下地塗装

F430下地開口部をこじ開けたF430のボディですが、早速下地のサフを吹きます。赤いプラの下地としてシルバーを塗装しましたが、改めてボディは赤にするため、今度はピンクサフです。随分前に買ったModeler'sのピンクサーフェサーがまだ少し残っていたので吹いてみました。が...これってほとんど白じゃないですか?よく見るとちょっとピンクがかっているのですが、ほとんど白。触った感触は非常に平滑で、その点は良いのですが肝心の色が...これではあまり役に立つとは思えません。年数が経って色が抜けた?わけもないでしょう。
ってことで、実はガイアカラーのマルチパーパスサーフェーサーピンクがあるので、今度はそっちを塗ってみます。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる