N's Factory - CarModelStudio

web_logo

エンジンルームをちゃちゃっと

F430エンジンルームF430、エンジンルームの方も行きます。このF430 Challengeのエンジンルームですが、いわゆるガワだけ。フルディテールのキットの場合、作る楽しさはあるのですが出来上がってみるとほとんど手を入れたところが見えないんですよね。なのでこういうある種の割りきった作りというのも悪くありません。あるのはホント、見える部分だけ。で、キットではエンジンのヘッド部分を赤で、という指定なのですが、F430 Challengeの実写画像を見ると赤いヘッドの画像が見当たらない。ノーマルのF430は赤ヘッドなのですが、Challengeになるとなぜか金属色ばかり。うーん、分からん。模型なのでその辺りは好みで、というのもアリなんでしょうが、だとするとむしろ機械っぽく金属色で仕上げてみました。これが正解かは全くわかりませんが、それこそ模型の世界。こんなもんです。ヘッド部分はメタリックグレーっぽいわけの分からん混色。フレームはアルミをイメージしてライトステンレスシルバー。エンジン後方のガンメタっぽい部分はガンメタと黒の混色。で、仕上がりはこんな具合。

そろそろこっちも仕上がり

初音ミクBMWボディ今季の大本命、初音ミクBMWですが、そろそろクリアーも良い具合。なかなかに大変な車ですが、一応磨きの工程も満足の行く感じになって来ました。ただ、怖いのはこの後の窓まわり処理など。やはりこれだけデカールを貼ったボディにマスキングをするのは結構怖いですね。細心の注意が必要です。
ボディばかりが進んで他の部分が止まっていますが、いよいよ作業を急ピッチで進めないとならないです。

そろそろ良い具合かな

F430ボディいきなりクリアーの工程が相当進んでいますが、ボディのクリアーもほぼ終わり。競技用車両だけあってデカールの段差を埋めるのは一苦労です。結構厚めにクリアーを吹いて、#1,500のペーパーでクリアーを削るような感じで処理。これを数回繰り返して平滑な面を作ります。場所によっては目立たないんで、段差があってもよしとするところもありますが、基本一応は平滑に。特にボンネットとルーフは目立ちます。で、それらの処理も大体終了。そろそろ次の段階に入らないと、これは終わらないです。

まだまだボディの途中

NSX-RボディNSX-R室内各車とも磨きの工程に入ってすっかり書き込むことも無し。ついでに仕事で出張があったので全然進んでいません。もうHMEまで2ヶ月を切ったというのに、間に合うのかこれ。で、NSX-Rの近況ですがこんな感じ。ボディはいいとこ磨けてきましたが、もう一歩ツヤがほしい。もう少し頑張ります。室内は前に比べるとダッシュボードが付いてもうシャシーと組み合わせられるような状況。そんなに残り工程は多くないと思うのですが、如何せん手が遅い。あ、あとブレーキディスクがまだ出来てませんね。そういえばエッチングパーツは何があるのか確認しないと。

長いことかかって完成

Fit完成突然ですが、ようやくFit完成です。ほとんど手を付けていなかったとはいえ、気がついたら何年かかっていたんでしょう、この模型。途中、いろいろあって模型を作っていない時期もあったとはいえ、なんでこの模型にこんなに時間がかかったのか。特に大きな変更はありません。単に友人の車を作ろうということだったんですが、まだこの車あるのかなぁ...。ともかく2世代型落ちにならなかっただけよかった。そのうちに友人に連絡して、渡すことにします。

足回り

初音ミクBMWフロントブレーキディスクボディの方はクリアーをひたすら吹いている初音ミクBMWです。乾燥させているタイミングで足回りを作ります。既にブレーキディスクはできているので、これを下回りに組み込むのですが、フロントだけはロッドで繋ぐ必要があります。とは言え、まともにサスも何もないのでTAMIYAなんかと比べて作る気もイマイチな感じ。ま、出来上がったら見えなくなる部分なのでどうでもよいといえばどうでも良いのですが。で、とりあえずロッドをつけてみると...ディスクが外れました。どうもロッドのフックになっている部分の厚みがありすぎるようで、はめ込もうとするとフック部分を入れる幅が足りないみたい。...こんなの初めてです。どんな設計だよ、仮組みしなかったの?ま、原因は分かっているのでヤスリます。やっぱり、仮組み必須。慌てて組んでみると上下のサスアームも干渉することが分かりました。こっちもヤスって厚さを減らします。かなり良くなったとはいえ、やはりこういう部分はFUJIMIだよなぁ、と感じる部分。ブレーキなんてキャリパーを分けてくれたり、TAMIYAよりも良いところもあるんですけどね。で、これでなんとかはめ込み。組んでみたらフロントがなんかトーインになっていました。あれれ...。

ボディカラーとクリアー

NSX-Rボディカラーさて、絵的に地味なNSX-Rですが現在イエローの後にパールをかけて、クリアーに入っています。画像だと分かりにくいですがクリアーもそれなりにかかっていてイメージには結構近い色になっています。屋根は前のNSXと同じく黒で。実車だと結構ボディ同色にしている個体が多いのですが、やはりオリジナルのイメージである戦闘機のコクピットという雰囲気は黒いほうがありです。というのでルーフは黒。ここは余っているModeler'sのリアルブラックを使用しました。特に色的に何かあるわけではありません。で、まだクリアーは足りていませんね。もう少ししっかりとクリアー層を作ってから磨きにかかろうかと思っています。その前に赤いHONDAバッジが必要ですね。勘違いしていたのですが、NSX-Rにはドアの後ろにType-Rというロゴはないんです。探してしまいました。

クリアー途中

クリアー塗装中絵的に地味すぎてアップできない初音ミクBMWです。クリアーから磨きにかけての工程って本当に地味すぎてネタにならないんですよね。クリアー厚吹き>#2,000での表面処理、という工程を繰り返しています。初音ミクBMWはご覧のとおりのデカールなので、デカールだけでも相当な厚さを稼いでしまいます。そうすると何も貼っていない部分との高さの差が相当なものになります。これをクリアーで埋めるわけですが、なかなかその厚さまで辿り着かない。乾燥させ、均しながら対処してゆくしかありません。ウレタンクリアーを導入すれば早いのかもしれませんが、なんかね...という感じでウレタンに抵抗あり。ぼちぼちとクリアーは進めます。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる