N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HME2013

ようやく帰ってきました。多分、一番遅いHMEの報告です。
で、今年も何とかHMEに参加することが出来ました。勢い7台も出撃させると言ってしまった手前(だけど全体台数が多いのでこんなにイラナイというはなしも...)形だけのやつもありますが、なんとか持って行けた次第。

さて、我らがオフのHMEを...
スーパーセブン
まずはマチウリさんのスーパーセブン。数日後にこの2台と同じ色のスーパーセブン見ました。

ENZO
今年のお題は「スーパーカー」ということでわ〜くすさんのENZO。これは10年前のフェラーリ祭りからのキャリーオーバー。もうあれから10年も経つのか...というより、10年という月日を感じさせない出来のすごさ。会場でも随分シャッターを切る人が。

LFA
で、こっちがわ〜くすさんの新作LFAニュルブルクリンクエディション。さらっと見えますが、かなり手の込んだ一作。

348
個人的には塗装の大好きなマチウリさんの348。やはりハセガワ。実車アリだそうで、塗装もあれやこれや、正確には作り方不明の色だそうです。うちの348はどうしたものか...。

SLS
当日ほとんどお会いできなかったきよみさんのSLS。この塗装、素晴らしく綺麗です。

アヴェンタドール
うちのブースで最も目を引いた1台がマチウリさんのアヴェンタドール。まあ、スーパーカーだとこの1台がないと始まらないでしょ、というキットですが、オフミで依頼があり、かなりの短時間で制作したとのこと。そしてキットにはいろいろな問題が...でも素晴らしい出来です。

86
最後にTakuさんの86。多数の86/BRZを展示していましたが、この86はこだわりのホイール。最近、86の方が好きかも、と思い始めているところです。

で、来年のお題は「オープンカー」。ついに来たかと...でもS2000はやりたくない、というのが本音。さて、どうしたものか。
まずは...ちょっと休憩。最後があまりに急ぎ過ぎたので、工房は今めちゃくちゃな状態なので、掃除が必要です。
スポンサーサイト

HME直前で完成したことに...

童夢 零 仕上がり?7月から更新していなかったのですが、なにがなんだか分からないままに完成です。全然制作記にならない制作記ですが、一応報告ということで。結局、ボディーワークばかりになりましたが、実際モデルの方もボディしかまともにやっていません。シャシーを見ると作るのが馬鹿臭くなるほどの痛い模型。心病まないためにはボディをきっちり作ることに専念する方が良いです。下手に開口>メッシュなんて思ったのが運の尽き、非常に辛い割に見栄えのしない作業が続くことになりました。まあ、在りし日のFujimiですし、目くじら立てずに行きましょう。
くどくどと説明はしません。できあがったものをなりに見ていただければ幸いです。とはいえ、日本初(?)[要出典]のスーパーカーですのでお題は達成したかと。

いきなりですが、完成です。

VehiCROSS仕上がり急ですが、いろいろな工程を省いて完成です(オイ!。何せもう時間がないので記録どころではなく、ともかく形にすること最優先で。先日の内装完成で、主要なパーツはほぼ揃いました。これらを組み合わせて、細部の調整です。ウインカー部分はキットを生かして凸になっている部分にスターブライトシルバー>クリアー>クリアーオレンジ>クリアー>スモークという面倒な工程。これで少しか立体感のある仕上がりになると良いのですが、効果は?。ほかにワイパー、フェンダーミラー、ナンバープレートを取り付け。ホイールは定番のブラックサーフェサー>シルバーですが、シルバーを抑えめにして結構黒っぽくしてみました。一応、RVなので下回りに重さを出してみた感じ。どの程度効果があるのかは分かりません。
これでVehiCROSSは完成です。制作記としては非常に手抜き&短いものになりましたが、HMEに合わせて突貫工事の連続だったのでお許しを。今回のお題、スーパーカーにこれが入るのかどうか、まあ、会場でご覧ください。

内装

室内パーツありもしない「俺的VehiCROSSなので、室内も俺様仕様です。外見に合わせてシートカラーもピンク。一応塗り分けは実車に合わせて、それらしく塗り分けます。使用した色はガイアカラーのマイザーピンク。バーチャロンカラーの一つです。外見の蛍光ピンクに合わせてそれらしい色を、ということでのチョイス。蛍光だとさすがに室内には使えないのでフラットにしてもそれなりにらしくなる色を、ということで探しました。シートのグレーの部分は同じくガイアカラーのニュートラルグレーV。ジャーマングレーと迷ったのですが、ニュートラルグレーシリーズを使ってみたかった、というだけの理由でチョイス。失敗したのは内装の壁の部分を普通の塗り分けにしてしまったこと。ここもピンクを使えば良かった。全体にフラットクリアーを吹いて艶を押さえます。

ライトカバー

ライトカバー連日の作業で、自分でも恐るべき集中力です。これを仕事に活かしていればどれだけ作業が捗るか...止めましょう。さて先日に引き続きViheCROSSですが、今度はライトカバーです。先日の塗り分けと同様、ViheCROSSを特徴付ける工程です。メインとなるライトは奥まった部分を残してマスキング。奥行きのある場所なのでさすがにクリアパーツの裏側からシルバーを吹くわけにも行きません。ということでマスクしたところにスターブライトシルバーを吹き付け。奥側のライトカバーは軽くスモークグレーを吹きましたが、表側のクリアパーツはそのまま。せっかくのクリアパーツを曇らせるのももったいない、と思った次第。
他にフォグとウインカーは表からスモークグレー、裏側からスターブライトシルバーを吹いています。ウインカーはその間にクリアーオレンジ。この方が作業が楽で表現も良いので、ここのところこの塗装法に切り替えました。接着も楽だし。ほかにウインドウパーツも組み込みボディはそれらしく仕上がりました。

NSX-R完成

NSX-R仕上がりさあ、NSX-R完成です。前回の記事で懸案となっていたナンバーですが、エッチングパーツにあったナンバーを利用します。ロゴが掘り込みになっている利点を生かし、プライマーを吹いてから黒塗装。そしてエナメルの白でロゴを塗り拭き取り。さらにRの文字に赤を塗って拭き取り。しっかりと乾燥させると思ったよりも綺麗に拭き取りが出来ます。デカールよりも良いかも。これをナンバーステーのパーツに取り付けてなんとか体面を保ちました。一件落着。ほかにも不備はたくさんありますが、言っていたらキリがない!という強引な割り切りで完成としました。
出来上がってみると、やはりパールがキツい。思ったよりも粒子が荒くて、キラキラというよりギラギラ。ちょっとキツイなぁ、と思ってももう仕方ありません。ま、これが今の実力なんでしょ、ということでこれでHMEに持ち込みます。

下回り塗装

ボディ下回り塗装もうHME目前で記事をろくに更新している暇がありません。仕事も忙しく、本当に切羽詰まった状態。模型作っている場合ではない、という話もありますが、HMEだって大事な仕事です(え?)。
さてVehiCROSSですが、出発を目前にしてまだボディが形すらないという恐ろしい状況ですが、さっさと下回りを塗装します。今までさんざん傾向ピンクにクリアーを吹いてきましたがSUVらしく下回りはツヤのない黒。無骨な雰囲気が漂います。ここは今回楽しみにしてた塗り分けなので、こんなに切羽詰まった状態で作業するのが残念でなりません。蛍光ピンクのボディにさんざんマスキングを張り詰めてからジャーマングレーで塗装。ほんとうのブラックにすると重すぎるのでこのくらいでいいかと。TAMIYAの指定色ではほぼ黒(黒9:ジャーマングレー1)なので、こんな調合を守ると恐ろしいことになります。この辺りは自己判断で。で塗り分けたの感じがこれ。まあ予想通りの雰囲気にはなりました。まだまだ残りの工程はありますが、ともかくやっつけねば。

マフラー

NSX-Rマフラーもう時間が殆ど無いのでともかく形にすることが最大の目標です(をを、志が低いぞ)。幸いNSX-Rはほぼ完成。あとはマフラーとナンバーさえできれば、という状況です。で、このキットのマフラーですが、模型としては数少ないノーマルとの相違点。実車だと後期型はこのRと同じ形になった部分です。というか、この形のほうがどう見ても格好良いでしょ?初期型のマフラーカッターはどうかと。
このパーツ、いつも通りのメッキパーツなので、いつも通りに漂白剤につけて、いつも通り黒下地+スターブライトシルバーという塗装。細かいパーツですが、これがあるとやっぱり車らしい。キラキラした感じも思い通り。そしてここで衝撃の事実ですが、デカール無くしました。作業場がエラい散らかり様で、気をつけていたんですが見つかりません...諦めました。なのでリアのHONDAマークはナシです。あれれ...あとはナンバーですが、これもデカールがない、ということは...

牽引フック

牽引フック初音ミクBMWと同じネタですが、牽引フックです。ただしこっちはエッチングパーツ。なので、最初にプライマーを吹いてその後でサーフェサーを塗装。今回は黄色なのでホワイトのサフで下地作り。そこにガイアカラーのサンシャインイエローを塗装。明るめの黄色で塗装します。
これをフロント右側のグリルおよびリアの中央部、ディフューザー形状の真ん中にあるメッシュに取り付けます。これらは瞬着で。ついでに黄色い矢印のデカールも貼り付けます。細かな部分も含めてだいぶ車らしくなりました。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。