N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフラー取り付け

マフラーシャシー廻りで残っていたマフラーを取り付けます。今回はTAMIYAのウェザリングマスターを使って焼色を付けてみました。過去にも焼色はやったことがあるのですが、エアブラシを使ってクリアブルー>クリアーレッド>クリアーオレンジと非常に手間のかかる処理をしていました。まあ、それなりに効果はあるのでやっていて楽しいのですが、ともかく面倒。もう一つの問題は(個人的なことではありますが)楽しいのでついついやりすぎて、めちゃくちゃ範囲が広がりすぎてしまう、ということ。時代は進んで、今やこんなものまででているのか、ということであっさりと道具に頼ることにします。このウェザリングマスター、いろいろと種類が出ているのですが今回はウェザリングマスターDという青焼け、赤焼け、オイルの3種セットを使います。このウェザリングマスター、それぞれの色が化粧品みたいになっているのですが、使い方も化粧品みたい?(使ったことがないので分かりませんが...)にスポンジの付いている筆で擦りつけていけばOK。意外と色は薄いので思い切って付けても大丈夫です。で、仕上がってみるとこんな感じ。Accordのマフラーはあまりうねってないので色を付けるところもあまりないのですが、まあそれなりにはなったかと。ただ、これ完成したら見えない部分なんですけどね。
スポンサーサイト

マフラー取り付け

マフラーAccoordと一緒にGT-Rもマフラー取り付け。ウェザリングマスターをつかって焼色表現です。GT-Rの方がAccordよりもうねっていて、それなりに焼色が映えそうな感じの取り回しなので多少強めに。正直、焼色の箇所はどこをどうすれば良いかよく分かりません。なんとなく、こんなもんかな?でやっていますが。バイクと違って車のマフラーはそんなに見えないので大勢に影響はないかと。このHKSのGT-RはGr.Aなのでマフラーは側面出し。市販型のGT-Rとは違って、さすが競技用車両という感じです。

エンジン搭載

エンジン搭載シャシー側も一通り塗装したのでエンジン、リアデフなどを配置します。前にも一応載せてみてバランスは確認していたのですが、今回はしっかり固定。他にもオイルクーラー?とか色々。で、エンジンを載せる際にフロントのサスをシャシー側に固定するのですが、これがイマイチしっかりとしません。シャシー側に固定したサスのU字になっている部分にブレーキパーツの軸を入れるのですが、これもグラグラ。なんでこういう形にしたんでしょう?同時期の他の模型にもこういう形は見られません。自由度があるのは良いのですが、絶対にブレーキパーツの軸が折れると思うのですが。他にターボのクーラーとラジエーターを取り付けてシャシー廻りはほぼ仕上がり。後はマフラーだけ。

シャシーとか

シャシーに置いてみたGT-Rバスタブエンジン廻りができてきたので、シャシーに付けるべく、シャシー側の加工に入ります。このシャシー、説明書にはX-2ホワイトでの塗装が指示されていますが、ボディが黒でシャシー下回りが白?ということで相当考えました。X-1の間違いじゃない?(TAMIYAの説明書ではよくある)とか。ただ、ボディの内側も白なので恐らくは白だろう、という結論でシャシーは白でいきます。下回りの資料が全然見当たらないので良く分からんです。で、白塗装ですが、単に白で塗装するとのっぺりとするので一度黒で塗装します。ガイアのサフェサーエヴォブラックで全体を塗装。その前に不要パーツを取り除きます。このシャシー、市販型のGT-Rと共通パーツなので、いらない突起が多数あります。主に排気系統廻りの突起ですが、これを切り飛ばし。飛ばし過ぎた部分はパテで埋めて成形。面倒なのでニッパーである程度切り飛ばしたら#320のペーパーでゴリゴリと削り、後は#1,000で均しました。裏側だから、あまり見ないだろうし。そういえば、そろそろ固定のための穴をどこに開けるか考えないと。で、黒く全体を吹いた後でガイアのサーフェイサーエヴォホワイトで塗装。多少粗めに吹いて窪んだ所の黒を残します。と言っても変に残しすぎるとおかしいので、それなりに。今回は多少吹きすぎて黒があまり残っていません。で、現状こんな感じ。一応エンジンとマフラー、リアデフを置いてみました。なんかマフラーがやけに綺麗過ぎます。どうするかなぁ。シャシー自体はこの後にホワイトを吹いて仕上げます。
で、もう一つバスタブも同じく白くなるのですが、同じように黒塗装。こっちはもう少し黒を残すように吹いて見る予定。まあ、意図的に影を出そう、という感じです。

ボディ下地カラー

Accrodと同じように、GT-Rも下地です。こっちのボディは黒なので、下地も黒。お気に入りのガイアのサフェサーエヴォブラックです。この色で下地を作るパーツは山ほどあるので、ともかく吹いて吹いて、吹きまくる。GT-Rのボディですが、やはり大柄な気はしますが意外とノーズは薄く平べったくて、その頃のクーペしています。実車見てるとGTS-tとかと違って厚ぼったく見えたのですが。画像のような角度から見るとかなり格好いい。いえ、GT-Rは格好良いですよ。ともかく、下地の黒を吹きまくって、これからボディカラーに移ります。

ボディ下地

Accordボディさて、最初に登場して以来音沙汰のなかったAccordのボディですが、下地の白を吹いてみました。...変わり映えしません。もともと白いボディなので何をしても...。ただ、フロントの裏側には黒を吹いています。で、裏側からマスク。ガイアのホワイトサーフェイサーを吹いて、#1,500で均して、また吹いて。つや消しの良い感じのボディになってきました。チェックした限りでは成形のラインも消えています。新たに彫り直したラインも適度に良い感じ。ボディカラー自体はガイアのアルティメットホワイトを使用する予定。間に作った時とは全然感じが違いますね。まあ、道具も違う、塗料も違う、時代の流れを感じます。

ボンネット埋めてみた

かなり放置していましたが、ボンネット埋めてみました。見辛いけれど、一応綺麗に埋まった感じ。凹み具合としてはごく僅かだったと思うのだけれど、RX-7のボディだと目立つだろうな、ということで。まだ端の部分とかが不満ではあるけれど、さてどうするか。綺麗に直せるだろうか?
ともかく、このAOSHIMAのキット、最初にかなり整形しないと上手く行かないということだろうなぁ。まだ他の部分は全然見ていないし。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。