N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロント周りの作成

フロント周り作成フロントのガラスを入れるときにボンネットを合わせてみましたが、La Ferrariのフロントはあれこれ組み合わせないとなりません。まずライトユニットですが、ベースになるパーツをスターブライトシルバーとセミグロスブラックで塗り分け。クリアーパーツにブラックで塗り分けが指定されているところはエナメルで流し込んでから拭き取ります。結果的にカバーされるのでこの辺りはあんまり精密でなくても大丈夫っぽい感じです。
メッシュはエッチングですが、キット付属のメッシュとエッチングのメッシュでは取り付け方が違うので注意が必要です。キット付属のメッシュの場合は黒い方のパーツに取り付けますが、エッチングパーツの場合はバンパー側に取り付けます。一応エッチングパーツの取説に書いてあるのですが、非常に分かりにくく書かれています。また、エッチングパーツは予め形を合わせておかないと後で泣きます。
バンパーとボンネットは接着しますが、うちの場合なぜかこれが上手く付いてくれません。すぐズレて元の木阿弥。なんか難しい。下側に付くカーボンのパーツですが若干カーボンデカールにしわがよっています。幸い、カーボンの上に付くパーツで隠れるのであまり目立たずに済みました。
スポンサーサイト

ウインドウを付けてみた

ウインドウ取り付けマスクシールで塗装したウインドウを早速ボディに取り付けてみました。ついでにボンネットもおいて合いもチェック。最近のTAMIYAのキットはまずズレるなんてことはないので大丈夫だとは思っていましたが、やはりパーツの合いは完璧です。ただし、ボンネットの取り付けはドアを取り付けてから。ドアを開閉できるキットなのでこの辺りはどこで軸を作って、どこで支えるか、それによって工程が変わります。とりあえず、今日のところはチェックのみ。フロントのバンパーもまだできていないし、ライトも取り付けないとならない。まだまだいろいろな工程があります。

ウインドウマスクシール

ウインドウマスクシール最近の模型の定番、ウインドウマスクシールです。このマスクシールですがどうにも苦手です。何が苦手かというと、ズレるのです。片側から合わせてゆくと反対側がズレる。左右対称になりません。微妙な差なのですが組み立ててみるとこのズレが気になる。とはいえこんな便利なものを使わない手はありません。ということでネットで見かけた方法が使えそうなのでやってみます。シールを上下左右、真ん中で分割して貼るという方法。確かにこれなら微妙な修正が効き、ズレも防げそうです。貼る時にポイントを決めて上手く重なるように貼ってみます。これ、結構行けます。少なくとも今までよりは遥かにマシに位置が合うようになりました。重ねた部分で滲んだり、はみ出たり、ということもありませんでした。これからはこの方法で行きます。

デカール貼り付け

デカール貼り付けクリアー塗装を一度入れて、デカールの貼り付けです。今回作成のAMEMIYAμ RX-8 ENKEI by GReedyはショップモデルなので競技用車両ほどではないですがデカールもそれなりにあります。普通ならデカールを貼ればそれでいいのですが、下手にドアを開閉したばかりにデカールがちょっと面倒なことに。ドアを内側からテープで押さえてデカール貼り付け。乾いてからカッターで切断します。下手に切るとデカールが割れそうで怖いですが、刃を新しいものに変えて、慎重に作業をします。一応、こんな感じ。これがしっかり乾いてくれないとクリアー塗装に移れないのでしっかり乾燥させます。あまり時間がないので、少し焦ってますが、ここでミスればすべてが水の泡。もう少しだけ我慢が必要です。

ラジエーターのメッシュ取り付け

ラジエーターのメッシュリアのラジエーターの前のメッシュを取り付けます。こういう部分がエッチングだと作るのが楽で良いです。エッチングパーツは基本的にプライマーを吹いてからセミグロスブラック。La Ferrariのエッチングパーツは昔のものと違って透明なシートに貼られているのでエッチングを切る必要がありません。エッチング用ヤスリやハサミの必要がなくなったのは良いですが、あれ、何に使おうか。まあ、ともかくやりやすくなったことは確か。でこれを瞬間接着剤で付けて終わり。さすがのTAMIYAクオリティで、ズレもありません。

とりあえず塗装順調

とりあえず塗装順調だんだん時間が減って来ているので作業は急ピッチですが、珍しくノートラブルで進んでいます。全体を黄色に仕上げてデカールが待っているのですが、とりあえずは失敗無し。一度クリアーを吹いてからデカールに移行します。ただ、好事魔多しというのでなにかの予兆でなければ良いのですが...。

ドア内張

ドア内張ドアを開講したので、内張を作らなければなりません。本来なら、キットのパーツを使えるはずですが、RX-8のパーツは全く使えないほど酷い造形なので切って早々に処分しました。なので一から自分で作ります。といっても自分が作っても上手く出来るわけではありません。単に同じ場所に同じ塗り分けがある、程度のことにしかならないと思います。それでもキットよりはマシですけどね。ということで、ドアの内側の形をマスキングテープでトレースします。これを元に1mmのプラ板を切り出し。このまま作ると実は隙間だらけなのですが、埋め方もよく分からないので今回はこれで良いや、と。加工精度の低さが相当に問題ですが、正直よく分からんです。実車通りに作れば開かないし、かといって誤摩化し方が分からない。1台目なのでまだまだ経験値が不足しています。
切り出したパーツに切った貼ったで内側を作って行くわけで、時間がないのに大丈夫かと。

塗装開始

塗装開始いい加減、ボディを塗らないと間に合わなさそうなので塗装開始です。AMEMIYAμ RX-8ということで、ボディカラーは黄色。よく考えてみると、黄色いボディカラーは本当に久しぶり。NSX-Rは山吹色っぽい色だったので、いわゆる黄色は記憶を辿る限りではFerrari 360 Modena以来?黄色い車は嫌いではないですが、なんでか作る機会が無かったんですね。今回はガイアカラーのサンシャインイエローを使用します。下地のサーフェサーはあまり満足のゆく状態ではないですが、一応隠蔽して平滑な状況は保っています。黄色は隠蔽力が弱いので考えながらの吹き付け。ドアの色がバラバラになるのを嫌って、一応ボディとくっつけて吹き付け>分解という感じで全体の色を合わせよとしてみました。が、果たしてどれだけ効果があるのやら...。どうも塗装を均一に、というのが苦手です。この辺りは練習ですね。

ドアインナーパーツ

ドアインナーパーツ塗装の終わったドアのインパネですが、ここにカーボンでカールを貼ります。それにしてもTAMIYAのカーボンデカールは良く出来ていて、殆ど加工なくきっちりと貼れます。マークセッター、マークソフターを使えばほぼ完璧。GSRの剛力軟化剤は使わなくても複雑な形状にフィットしてくれます。ただ、やり方がヘタクソなのできっちり見えないのが難点。もっと練習が必要です。内側にボディ同色のノブがつくのですが、これはまだ未加工。というか忘れてました。ボディカラーは塗っちゃったし、いつやろうか...。

リアシートヘッドレスト加工

リアシートヘッドレスト加工問題だらけのRX-8ですが、至る所に問題だらけ。フロント側のシートに相当苦戦しましたが、リアだって負けていません。座面の長さがおかしい問題はフロアごとぶった切って長さを調整しましたが、ヘッドレストもおかしいです。なんでか分からないけれどシート幅に合わない、片側に寄った形で造形されていて、こんな車見たこと無い。といっても放っておけないので盛ります。足りない部分は2mmの角棒をそれなりの長さに切って整形。どうせ削れるので多少大きくても、形が変でも問題ありません。一応小口は斜めに削ってそれなりに元のヘッドレストにくっつけられる形にはしました。で、それを芯材にしてパテ盛り。実物と比べるとかなり大きく、形も変ですが今更直している時間も無いのでそれなりに見える形で妥協します。これをガシガシと削ってそれなりの形に修正します。出来上がってみると普通の形。加工と言っても変な形を変でない形に戻す作業なので、取り立てて書くことも無いですが。

それでもイスと格闘

それでもイスと格闘イスと格闘するのは飽きた、といいながらまたイスと格闘です。といっても、かなり先が見えて来た状況です。角度が悪かったので2つに分割したシートですが、いよいよ組み合わせます。0.5mmの真鍮線を2ヶ所に差し込み、反対側にもホゾを開けて差し込みます。角度は真鍮線で調整して、瞬間接着剤で固定。当初のものに比べれば遥かにまともな形になった、といって良いでしょう。もちろん実車とは違うのは承知していますが、まあ、これができるげんかいということで、それらしくはなっていると思います。ちょっとひびが入ってしまったりしていますが、これは後から埋めるということで、これで終了。一応なりには形になった様です。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。