N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアコンビネーションランプ周り

リアコンビネーションランプ周りフロントバンパーあたりを修正しているRX-7ですが、実は後ろ側も結構問題。RX-7のリアというと、日本車でも屈指の格好良さを誇る造形ですが、これが上手く再現されていません。リアのパーツを組み合わせるとこの段差が...。これ、模型としてはやむを得ないこととはいえ、ここがツライチで合っていないと格好悪いです。ってことで修正を考えますが、どうやろうか...。上下方向、前後方向療法足りていないように見えます。プラ板スペーサーにして噛ませてやるのが正解かなぁ...。
スポンサーサイト

まずは削ってみた

フロントスポイラーパテも固まったので、早速削り出し。金属ヤスリと#320のペーパーを使ってゴリゴリと削ります。ポリパテはヒケない割に削りやすく、作業が楽。削ったカスの匂いさえ気にしなければとてもよい素材です。ま、匂いが気になるのでいつもマスク着用で。FUJIMIのフロントスポイラーは完全に造形がおかしいので、この辺りは元の形を気にせずに思い切って削ってゆきます。サイドに三角形が残るように、あとは抉れるように造形してやるのが良いかと。スポイラーの開口部は調色スティックにペーパーを貼って削ります。あとはガイアノーツのスティックヤスリ。ともかく削れそうなものを総動員して削って、こんな感じ。まだ細部は手を加える必要がありますが、大方形は出来ました。それにしても、なんか出っ歯だなぁ。元々のフロントスポイラーに足したので、若干前に出すぎているんですよ。かといって切り取ると位置が合わなそう。このまま行くか、切り取るか...。

もっとバンパーをなおす

バンパー修正同時進行でFUJIMIのRX-7もやることにしましたが、こっちのRX-7は結構止まったままでした。いろいろ考えていることがあり、見て満足して終わってました。が、そろそろやらないとダメですね。ということで、こっちも修正です。
AOSHIMAのRX-7で気になるのはバンパーの合いとポジションランプ。前の修正でバンパーの合いは直しましたが、隙間がまだイマイチな出来。ただ、その前にポジションランプを直します。バンパーの合いを直すためにはバンパーを接着しなければなりません。がバンパーを付けるとポジションランプの作業がしにくい。それでまずはポジションランプなのです。
後期型RX-7はポジションランプが片側丸2灯を埋め込んだ形になっています。FD型RX-7って、マイナーチェンジが成功した国産車としては稀有な例だと思うんてすけどね(あと他にはS2000くらいかなぁ…)。そんなで後期型ですが、模型では丸が2つ付いているものの中身はただの平ら。これはいかん、ということで開口します。内と外で若干径が違いますが、開口してから削って調整します。使用するのは2mmのドリル。実はバンパー内蔵のフォグも同じように平らなのでこっちも開口。裏から当てるものはまだ考えてませんか、凹ませて奥行きを出したいイメージです。

フロントスポイラー修正

フロントスポイラー修正型を作ったので、さっそくプラ板を切り出し、フロントスポイラーの下に貼り付け。厚さが増すのを嫌って0.5mmのブラ板を使います。これをしっかりとボディに接着。スポイラーの分割線がはっきりしなかったので先にテープで位置を出し、ラインチゼルで線を付けておきます。窪んだ位置なので比較的ラインは出しやすいかと。
ここをマスクして、ポリパテを盛ってみます。一応、仕上がりの形は気にしますが、どうせ削るのである程度適当に。ただしスポイラーに開いている穴だけは潰さないようにします。スポイラーはそれなりに厚みがあるのでパテはタイヤハウス側まで盛ります。これで固まるまで放置。すでに出っ歯気味なのですが、どうかな、これ。

フロントスポイラーの修正用型紙

フロントスポイラーの修正用型紙FUJIMIのFD型RX-7(後期型)でどうしても修正しなければならないのがフロントスポイラー。形がぜんぜん違うんですよ。ホント、ぜんぜん違う。RX-8といい、FUJIMIはMazda車に手を抜いてませんか?まあ、あるだけマシなんでしょうけど。ってことで、このフロントスポイラーを整形します。といってもこういうものの直しがものすごく苦手です。左右対称とかにならないし、型が上手く作れない。そこで思いついたのが同時進行中のAOSHIMAのFD型からフロントスポイラーの形を貰おう、というもの。ただし、FUJIMIとAOSHIMAではサイズが全然違います。ホントは同じFDなので同じになるはずなのですが...メーカーが違うから形が違うってのは模型の醍醐味ね。で、2つの模型をスキャナで直接読み取ります。フロントスポイラーは設置している部分なので特に工夫なしでスキャナにベタ置き。これで形を読み取ったら画像からアウトラインをパスで抽出。それをCADに持って行ってAOSHIMAの大きさを前後左右で詰めて広げてFUJIMIに合う形にします。ただし後ろ側はFUJIMIのボディ形状に合わせてカット。これでAOSHIMAのようなアウトラインを持ったFUJIMIバンパーのラインが出来ます。
確認のため印刷してボディに合わせてみると、まあいい感じ。やっぱりちょっと張り出しがあるのがFDのフロントスポイラーっぽい。で、これをベースにパテを盛って削って、それらしい形にします。それにしてもFUJIMIのスポイラー、ちょっと厚さもあるんだよな。

フロントバンパー修正

フロントバンパー修正さて、さっそく気になって仕方ないフロントバンパーの修正です。バンパーサイドのダクトは切り飛ばしました。最近、この辺りは躊躇なくぶっとばせるようになりました。が、切った跡はガタガタです。この部分、そもそも切ってくれと言わんばかりに薄い造形になってますのでFUJIMIの中の人もそのつもりなんでしょうね。メッセージは受け取りました。ただ、このままだと厚さが決定的に不足しているのでどうしたものか。ついでにこのRX-7の、というよりはFUJIMI全般に言えることなのですがプラが柔らかい。ちょっとでもペーパーを当てると余計に削れてしまいます。これも懸案。で、リトラクタブルライト周りですが、ペーパーを当てると明らかにライトカバーの部分が浮き上がっています。またボンネットとバンパーの間も段差あり。できるだけモールドを残しつつ盛りたいので一部マスクしてパテ盛り。大した厚さではないのでタミヤパテで対処します。それにしてもバンパー下のスポイラー部分が酷い。これは大幅に修正しなければなりません。ほか、ボディをまだつらつらと眺めながら修正箇所を検討中。

RX-7祭り

RX-7祭り模型の長期休暇終了。さて、HMEショックから立ち直って模型再開です。HMEに出るのは楽しいのですが、HMEに向けて全精力を注ぎこむのでその後の反動が大変です。1ヶ月くらいは模型に触る気が起きないですね。とはいえ季節は移ろうのでこれ以上引っ張ると冬に突入します。そうなると制作も厳しくなってくるのでこの辺りが限界。
さて、来年のカーオフのお題はMazda。今年はRX-8を出したのですが正直あれはもうお腹いっぱい。もうRX-8なんてやらないぞ。で、調度良くAOSHIMAのRX-7を進めていたので、あれをそのまま次年度に投入です。ついでにストックの中にあったRX-7をもう1台。FUJIMIのtypeRZです。これがまた、全然似てない。いやRX-8の100倍くらいは良く出来ていますが、対象が悪すぎる。見ての通りバンパーとか酷いものです。AOSHIMAのRX-7を横目に見ながらこれも作りましょう、ってことで全体的にモールドの彫り直しから。大体浅いんですよね。ボディ全体をつらつらと眺めていると、AOSHIMA同様フロントバンパーあたりの段差が気になりだしてこれも何とかしなければならんところでしょう。リトラクタブルライトの命はフラットなボンネット。これに段差があるのは致命的です。ほか、フロントバンパーのサイドにあるダクトも浅いのが気になります。TAMIYA、AOSHIMA、FUJIMIの3社並べになりそうなFD型RX-7ですが、ここでストックを吐き出す気でやってみましょう。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。