N's Factory - CarModelStudio

web_logo

フロントリップスポイラー

フロントリップスポイラー前に造形したフロントリップスポイラーですが、多少削りこみながら表面の荒れた部分を直すためにサフを直接塗ってみました。これを均して仕上げにします。こっちは結構良い出来かな?出っ張り過ぎの感は否めませんが、まあそれらしくなったことはなった。少なくとも吊るしのFUJIMIキットよりははるかにマシなはずです。あとはすっ飛ばしたフォグランプをどうするか、で。これはこれで格好良いんだけどなぁ。まあ、AOSHIMAのに比べると全般的にのっぺりとした印象。バンパーのパーツが薄いんですね。どっちが実車に似ているかなぁ...。

ルーフの造形の追加

ルーフの造形の追加前回の記事で気がついたRX-7のルーフですが、早速修正です。もう一度盛る、ということでパテを盛って削りだし。今回もポリパテを塗ったくって#320>#400という順序で形を作ります。で、削り過ぎないようにしながら、でも欠けるのでそのあたりをTAMIYAパテで再度修正。どうもパテを使うのは苦手で、どうせ一度では上手くいかないので何度も繰り返します。それにしてもパテを使うとやたらと削りカスが出て周囲はホコリだらけ。掃除機も結構キツいことになってます。小さい空気清浄機が欲しい...だんだん常軌を逸したことになってきますね。いちおうこれで3つの山になりましたが、サフを吹いて状況を確認するまでは上手く行っているかどうか分からないです。

ルーフの造形

ルーフの造形フロントスポイラーの修正に注力していたRX-7 RZですが、FUJIMIのキットは他にも似ていない所多数。これはFUJIMIのいつものことなので焦りません。その似ていない部分の一つがルーフの造形。FD型RX-7はルーフが微妙にうねっているのが特徴です。が、FUJIMIのRX-7はまっ平ら。僅かな凸凹なのですが、これは直しておかないと気になります。ってことでパテを若干盛っておいて、削って成形。山の骨になる部分をポリパテで盛って、周囲との段差や穴の開いた部分はTAMIYAパテで処理。ごく僅かな凸凹ですが、あるとないとでは大違い。
と、ここまで作業をして気がついたのですが、RX-7の山って3つでした。真ん中は凹ではなく凸。間違えた...もう一度盛ります。

リアコンビネーションランプ周り

リアコンビネーションランプ周りAOSHIMAのRX-7もそうですが、FUJIMIのRX-7もリアのパーツが合っていません。やっぱりこれも修正しないと格好悪い。こっちのパーツは上下方向にずれがあります。前後方向はまあいいかな?これは下にプラ板を噛ませて高さ調整ですね。なにせぴったりと合わないと変です。TAMIYAのRX-7でもそうですが、RX-7キットの泣き所ですね。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる