N's Factory - CarModelStudio

web_logo

車高調整

サスペンションの加工車高調整後RX-7の車高問題ですが、いよいよやっつけることにしました。前準備として、1.5mmの真鍮線、真鍮線をぶった切るためのペンチと切り口を綺麗にするためのダイヤモンドヤスリを買っておきます。この1.5mmというのはRX-7の車軸の受けがちょうど1.5mmだったから。ついでにピンバイスのドリルも1.5mmがあったので好都合。一応、1.5mmくらいを目標に車高を下げます。やり方としてはブレーキディスク下の軸を延長し、その分、上の軸を短くするという単純なもの。で、問題は曲がらずに付けられるかということくらい。
まずサスペンションの下辺りで軸をぶった切り、長さを考えてヤスリます。ここは元のプラを活かして、必要最低限削ってから接着。ただ接着しただけでは明らかに折れるor曲がるので、0.5mmの真鍮線で補強します。というつもりで作業をしていたら見事に軸が折れました。orz
仕方ないので1.5mm真鍮線に置き換えです。下側の軸はピンバイスのドリルで指を削った以外には大きな問題はなし。見ての通り、ブレーキディスクがちょっと上に移動します。これを取り付けてみるとこんな感じ。確かに車高は下がった。車輪との隙間もいい感じ。が、ちょっと車輪が前に出たかな?調整が必要みたいです。軸の受けになるロアーアームですが、ブレーキディスクが上に移動した分、ちょっとスカスカになってサスペンションが上下に動きます。これを止めるためにロアーアームに1.2mmのプラ板を接着してから軸受用に穴を開けます。これでスカスカ動くこともなくなりました。だた、工作が雑なのか、左右で若干車高が違ったり、キャンバーがずれていたり。
で、肝心の前から見たスタイルですが、まだ結構フロントスポイラーと地面の間に隙間が。これ、元々最低地上高が高いみたい。これ以上は下げられないし、仕方ないか。

燃料タンク取り付け

燃料タンク取り付け積層した燃料タンクは結局こういう風に取り付け。TAMIYAの前期型RX-7を見ていたら、この部分は帯みたいなものがついている部分ということで面倒な凸凹は付けずにプラ板を張付けてお終い。手抜きと言えば手抜き。3社のRX-7、それぞれに解釈が違って、それに合わせて表現も違う。面白いと言えば面白いが、結局どれが正解かは良く分からない。燃料タンクについては目立つ部分でもないからいいか、ということでこんな表現。合わせるなら反対側にある細い溝も帯をつけるべきなんだろうけれど、面倒なのでそのまま。まあ、ないよりマシでしょ、という程度の工作なのでこれで。

車高検討

車高検討前にも一度検討したのだけれど、時間が経って忘れてしまったRX-7の車高問題。明らかに車高高いです。よって車高を落とすのですが、どのくらい落としたら良かったんだっけ?ということで再度仮組み。横から見ると、無残なほどにフロントが高い。アンダースポイラーを切っていじったのでなおのこと高い。リアは意外とそのままでも大丈夫?な感じでフロントが上がって見えます。これはフロントを下げないとダメですね。1〜2mmくらい下げれば行きすぎずになんとかなるかな?フロント側のホゾに対応するためには真鍮線を埋め込むしかないかな。ちょっと切り方を検討します。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる