N's Factory - CarModelStudio

web_logo

クリアー塗装

クリアー塗装RX-7は何事もなくクリアー塗装。あまり気にしていないのでかえって問題ないのか。そろそろデカールを貼ってしまわないと忘れてしまいそうだ。パテの影響か、若干不陸が出ているところもあったり。TAMIYAのポリパテ、ちょっと問題ありかな。

マフラー塗り分け

マフラー塗り分けちまちまとマフラーを塗り分け。それほど手間なことはないのですが、いつも通り黒下地にガイアカラーのブライトシルバーで塗装。ところどころTAMIYAのウェザリングマスターで焼き色をつけて見ました。うん、それらしい。本当にこういう色か分かりませんが、ちょっと雰囲気出ればよし。

ダッシュボード

ダッシュボード先日の金属色塗装に続いてダッシュボードの黒塗装。雰囲気を見るために仮で組んで見る。なかなかいい感じ。まだインパネの金属塗装は出来ていないが、ちょっとはやる気になる。オープンボディなのでこのあたりは直接目に触れる。なのでちょっとは細かいところにも気を配らねば。問題はセンターコンソール部分の塗り分け。結構細かいが、筆塗りには全く自信なし。さて、どうするか。

やっぱり溶ける

やっぱり溶ける下地塗りしたパーツの一つ、エンジンカバーですが、セミグロスブラックを塗った後に、マスキングしてガイアカラーのブライトシルバーで塗り分け。悪くない感じです。スリット部分にスミ入れをして、拭き取ってみたのですが、やはり溶けました。前はフィニッシュマスターが溶剤でも吸ったのかと思いましたが、どうも違う。で、調べてみるとガイアのブライトシルバーはエナメル溶剤に溶けるみたいです。いくつか事例があったので、ちょっとこのやり方はよろしくない。雰囲気いいだけに惜しいなぁ、という感想。もう一度やり直しです。

シルバーのパーツ

シルバーのパーツようやく赤茶の内装を塗ったので、次はチタンシルバーに指定されている塗り分け。といってもチタンシルバーを使うのではなく、ガイアカラーのシャンパンゴールドを使いました。なんかこの方が金属感が出るというか、ちょっとだけ色み的に向いているかと。マスキングをして吹いたのですが、センターコンソール部分はちょっと失敗。下の部分が細いので上手くマスキングできませんでした。これはもう一度やり直し。段差にならなければよいのですが。で、こうして塗り分けてみるとなんか色合いが初代のAudi TTみたい。いや、Audi TT、好きですよ。ただ、そっち方向だったかな?とちょっと疑問に思ったり。

まとめて下地

まとめて下地SL65関連、まとめて下地の黒を吹きます。この後いろいろと塗り分けるのですが、とりあえず下地は全部黒でいいや、と。特に考えがあるわけではありません。一部、違う車のパーツも入っていますが気にしない。

デカール

デカールクリアーもちょっとだけ進んで、本格的に吹く前にデカールを貼ってしまいます。でないとクリアーの段差でみっともないことになるので。市販車の場合、デカールはそれほど多くないのですが、それでもメーカーロゴやグレードのデカールはあります。あと、このタイプはナンバーが大きい。実際に使用されているようなタイプのナンバーと車名、もしくはメーカー名のタイプと、どちらのナンバープレートを使うか考えるのですが、今回はAMGのナンバーで。ちょっと現実離れした車なのでメーカー名の方がそれっぽいかと判断。ほとんどのデカールは後ろに集中しているのですが、フロントフェンダー後部にV12とBITURBO(ツインターボのことね)のロゴがあります。小さいロゴですが、これがバラバラに貼り付けるのでバランスにちょっとだけ苦労。マークセッターでシルバリング対策をしながらしっかり張付け。あとは数日かけて乾燥させます。

久々にちょっとだけ

久々にちょっとだけ長いこと放置していたHKS SKYLINEですが、忘れたわけではありません。単に姿を見ると憂鬱になっていただけです。デカール的にあちこち爆弾だらけのキットですが、一応クリアーを吹いて再開の準備。窓枠のブラックを吹きたいのですが、なにせデカールが弱い。剥がれた部分はリペアしてますが、凸凹なのでクリアを盛って平滑にするのが大変です。いつになったら完成するのやら…。

代わり映えはしない

代わり映えはしない360は放置していたのを再開してボディ塗装。ホワイトサーフェーサーの時から絵的には変化なし。徐々にではあるけれど、進んでます。

クリアーがけ

クリアーがけボディカラーのブラックを吹き終えて次はクリアーです。というか、結構時間が空いているうちに何回か塗装してました。ボディカラーのブラックを吹いた感じでどうもクリアーののりが悪そうだな、という気がしたので3倍希釈のクリアーを吹いてみます。思ったよりはのってくれたので#1500のペーパーを軽く当ててみたのですが、一部ホコリが付いていたのを発見。ペーパーで削り落としたのですが一緒に塗装も削ってしまい、ちょっとカドが…。もう一度塗装してクリアー。今回は4倍希釈で通常通り。思ったよりは良さげな感じ。これからデカール貼ります。浮かないようにしないと。

ボディ順調

ボディ順調大きな問題なくRX-7はクリアー。特に書くこともなく進行中。こういう時に限ってなんかあったりするんだよな、という予感。好事魔多し、というし。

塗り直し

塗り直しどうにも気に入っていなかった室内の茶色。もっとバシッとした色が欲しくて、茶色にオレンジを大量投入して作り直しました。かなり赤というかオレンジになりました。白いボディにビビットな室内色という感じにしたくて、の塗り直し。まあ悪くないか。ただ、どうしても前に作った360と違いが出しにくい感じになってしまっているのは止むを得ないかな。とりあえずこれで色はよし。続けて室内を作ります。

なんか剥げた

なんか剥げた下地塗装でまとめて作ったエンジンブロックにシルバーの塗装をしました。ここのところライトステンレスシルバーとダークステンレスシルバーばかりを使っていたのですが、今回は普通にブライトシルバーで塗装。下地を残しつつ、ザラッとした感じに吹いてからTAMIYAのスミ入れ塗料でウォッシング。で乾かしてから拭き取ったのですが、なぜかシルバーが剥げました。あれ?なんで?
拭き取りを中止して、シルバーを吹き直します。吹き直すのは塗料の順序から言うとあまり良くないのかもしれませんが、やむを得ません。あまりエンジンにこだわりないし、シルバーを吹いて止めにしようか。

ブレーキディスク

ブレーキディスク下地黒塗装したパーツの一つ、ブレーキディスクを作ります。SL65のブレーキディスクですが、なんか猛烈はハリボテ感があります。よく言うとディスクとサスペンションに分かれていてしっかり塗装できるのですが、ブレーキキャリパーのパーツがなんか表面だけの作り。どうせ見えなくなるのでそんなに気にしませんが。ディスクはドリルドロータータイプの穴が空いた表現がしてあるものの、穴自体は空いていないもの。前はピンバイスで一つ一つ開口してましたが、あまり効果がないし、面倒くさいので今回はこのまま。ディスクはガイアカラーのスターブライトシルバーで塗装しましたが、実際こんなにテカテカなんだろうか?という雰囲気。キャリパーは赤くしようかとも思ったのですが、金属管が欲しくてガイアカラーのシャンパンゴールド。こういう時に役立つ色です。

細かなパーツ類

細かなパーツ類ボディ以外、なんにも手を付けていないSL65ですが、そろそろ他のものも。TAMIYA以外のものは大体足回りパーツと室内パーツについては手が込んでいないというか、ちょっとやるとすぐ完成する感じのものが多い気がします。SL65は一応エンジンパーツが付いていますが、それほど手が込んでいるとは言い難い。なので足回りパーツとか、なにやら一式切り出してそれなりに形を直したらすべてサーフェイサーで黒に塗装。シルバーにするものも、セミグロスブラックにするものも、どうせ下地は全部黒。それほど手の込んだ作業はしません。
|

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる