N's Factory - CarModelStudio

web_logo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジンカバーとハンドル

エンジンカバーとハンドル先日のシルバーが溶ける事故のおかげでエンジンカバーは塗り直し。ついでにハンドルの下の部分も塗ってしまいました。で、今度は失敗しないようにクレオスのシルバーを使用。同じシルバーでもこっちは大丈夫でしょう。前と同じようにマスキングをして、シルバーを吹き付け。その後、スミ入れ塗料でスミを刺しておきます。ハンドルは真ん中にエナメルのフラットブラックを塗って穴の雰囲気。本当は開口すべきなのですが、こっちは塗装で済ませます。同じようにエンジンカバーのメルセデスマークにもフラットブラック。乾燥させてから余計な部分を溶剤で拭き取って出来上がり。今度は溶け出さずにすみました。

クリアー塗装

クリアー塗装RX-7は何事もなくクリアー塗装。あまり気にしていないのでかえって問題ないのか。そろそろデカールを貼ってしまわないと忘れてしまいそうだ。パテの影響か、若干不陸が出ているところもあったり。TAMIYAのポリパテ、ちょっと問題ありかな。

マフラー塗り分け

マフラー塗り分けちまちまとマフラーを塗り分け。それほど手間なことはないのですが、いつも通り黒下地にガイアカラーのブライトシルバーで塗装。ところどころTAMIYAのウェザリングマスターで焼き色をつけて見ました。うん、それらしい。本当にこういう色か分かりませんが、ちょっと雰囲気出ればよし。

ダッシュボード

ダッシュボード先日の金属色塗装に続いてダッシュボードの黒塗装。雰囲気を見るために仮で組んで見る。なかなかいい感じ。まだインパネの金属塗装は出来ていないが、ちょっとはやる気になる。オープンボディなのでこのあたりは直接目に触れる。なのでちょっとは細かいところにも気を配らねば。問題はセンターコンソール部分の塗り分け。結構細かいが、筆塗りには全く自信なし。さて、どうするか。

やっぱり溶ける

やっぱり溶ける下地塗りしたパーツの一つ、エンジンカバーですが、セミグロスブラックを塗った後に、マスキングしてガイアカラーのブライトシルバーで塗り分け。悪くない感じです。スリット部分にスミ入れをして、拭き取ってみたのですが、やはり溶けました。前はフィニッシュマスターが溶剤でも吸ったのかと思いましたが、どうも違う。で、調べてみるとガイアのブライトシルバーはエナメル溶剤に溶けるみたいです。いくつか事例があったので、ちょっとこのやり方はよろしくない。雰囲気いいだけに惜しいなぁ、という感想。もう一度やり直しです。
前のページ | 次のページ

プロフィール

N Factory主宰

Author:N Factory主宰
あまり時間が取れない趣味人のページ。模型を作りたいけれど、作っている暇がありません。自動車模型専門です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。